FXニュース

分析方法や分析ツールについて解説

分析方法や分析ツールについて解説
Googleアナリティクスは、Googleがフリーで提供しているアクセス解析ツールです。無料であるにも関わらず、トップクラスの機能性を誇り、日本の上場企業の75%が導入しているとも言われます。
これを活用することで、記事ごと・ユーザー層別・時期別など、セグメントに分けたアクセス状況を細かく分析することが可能になります。

分析方法や分析ツールについて解説

特徴の異なるアプリマーケティングツールが存在する事をご理解いただけたかと思いますが、実際にどの様にツールの選定と導入をしていけば良いのでしょうか?
それでは、導入までの流れについても考えていきましょう。

1.ツール導入、運用における目的の確認

まずは、ツール導入によってどんな事業課題を解決したいのか、どんな状態を達成したいのかを明確にしましょう。「なんとなく良さそうだから導入してみよう」「とりあえず、データを見れるようにしよう」という考えではアプリの課題や現状にマッチしたツールを選定できず、せっかく導入しても活用できなくなってしまうケースが多々あります。この段階で目的を明確化することで、次フェーズのツール選定が効率的に進むため、事前にチーム内で目的を整理しておくことが最も重要です。

2-1.開発環境に合うツールの選定

SDK選定時の注意

SDKとはSoftware Development Kitの略で、アプリに特定の機能を追加する際に使うソフトウェア開発キットのことを指します。SDKの中身には、少ない工数でアプリに機能を実装することができるようにするためのプログラム、API、サンプルコードなどがパッケージ化されており、専門的なコードを書くことなく必要な機能を取り入れることができます。
ここでは、そのSDKを選定する際に気を付けるべきことについてご紹介します。

①自社アプリの開発環境に検討ツールの開発環境が対応しているか
まずはツールがWeb計測用SDK(Web SDK)ではなく、アプリ計測用SDKであるかを確認する必要があります。また、アプリに対応している場合でも、アプリ計測用SDKが自社アプリの開発環境に動作対応していないと導入ができないケースがあるため注意が必要です。

②自社で抱えるアプリ運営の課題に対してのソリューションになり得るのか
前述の通り、各ツールによって解決をできる課題が異なります。自社の課題に沿ったソリューションではない事を導入後に気づいた場合に、他SDKへの切り替えを検討するかと思います。しかし、SDKの切り替えには数営業日の開発工数がかかるだけでなく、切り替え前のSDKのデータを新たなSDKに引き継ぐことができない場合もあります。また、SDKによってインストール数などのデータ定義が異なるため、事前に確認しておきましょう。

2-2.社内状況の確認

3.取得するデータ(KPI/アプリ内イベント)を決める

KPI(重要業績評価指標)とは

イベントとは

4.他ツールとの連携やS2S連携について

他ツールとの連携
他ツールとの連携においては、導入予定の広告計測ツールが利用中のアプリ内マーケティングツールと連携しているのか、または、導入予定のアプリ内マーケティングツールが利用中の広告計測ツールと連携しているかは確認しておきましょう。

S2S連携
S2SはServer to Serverの略で、アプリの外で発生する各種イベント情報をクライアント側のサーバーとアプリマーケティングツール側のサーバー間で直接データの送信をする方法です。
例えば、アプリ内課金ではなくクレジットカード決済をする場合は、その情報をアプリに送ったり、SDKから情報を送ることもできません。なぜなら、SDKはアプリに組み込まれるため、アプリ外で発生するイベントデータを取得できないためです。
そういった場合においてS2S連携の機能があるツールを利用することで、SDKの使用やアプリのコード変更は不要で、アプリ外課金等のイベントデータをツール管理画面に反映することが可能となります。

5.SDKの実装、ツール導入完了

導入前には、自社のサービスや課題感を踏まえ、注目したいKPIやイベント、他ツールでの連携も考えることが大切です。上記の1〜5を整理した上で、SDKの実装に取り掛かりましょう。実装工数は選定したSDKや取得したいイベントのデータ量によって様々ですが、Metaps Analytics SDKの場合は平均して2〜3営業日ほどで完了することが多いです。

導入におけるチェックポイント

・導入の目的と取得したいデータを予め明確にする
・運用体制に必要な内部環境が整っているか確認する
・内部環境や目的に合わせたツール選定をする

Metaps Analyticsについて

Metaps Analyticsはユーザーの行動分析からデータ資産化を実施し、その後のマーケティング施策や収益化、内部施策などをワンストップで提供する総合管理ツールです。
国内外で200社以上に導入され、20億以上のオープンIDを保有しており、 ユーザーの行動分析からデータ資産化を実施し、その後のマーケティング施策や収益化、内部施策などをワンストップでご提供いたします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる