オプション取引活用術

外国為替証拠金取引(FX取引)

外国為替証拠金取引(FX取引)

※サービス画面より筆者作成

外国為替証拠金取引(FX取引)


本セミナーは1日4回開催します。いずれの回も内容は同じです。

(講師は曜日・時間帯によって変わります)

(1)から(4)の中で、ご希望の時間帯を

申込フォーム内の「セミナー情報お問合わせ内容」にご記入ください。

(1)本セミナーは途中退室が自由です。
(2)本セミナーは取引の契約を締結させる目的を含んでいます。
(3)講演者・講演内容などは、都合により予告なく変更する場合がございますので、予めご了承ください。
(4)本案内に記載のセミナーでは、セミナーで紹介する商品等の勧誘を行う場合があります。

2級 ファイナンシャル・プランニング技能士(AFP 日本FP協会認定)

会場ご案内

アクセス方法

・東京メトロ半蔵門線「水天宮前」8番出口 徒歩約2分 ・東京メトロ日比谷線「人形町」A2出口 徒歩約3分 ・都営地下鉄浅草線「人形町」A5出口 徒歩約5分

RSSフィード

各種お知らせ

「くりっく365」「くりっく株365」におけるリスクについて

・「くりっく365」「くりっく株365」は、元本及び収益が保証された取引ではありません。取引の額が預託された証拠金に対して非常に大きく、相場急変動等により建玉を維持するため追加証拠金の預託が必要となる場合や、お客様が預託された証拠金を上回る損失が生じる恐れがある取引です。
・ご契約・お取引に際しましては、当該商品等の「契約締結前交付書面」「取引説明書」等をよくお読みいただき、取引の仕組み・内容・リスク等を十分ご理解の上、ご自身の判断と責任においておこなってください。
・くりっく株365・くりっく365ではマーケットメイク方式を採用しており、表示する売付価格と買付価格に差があります。くりっく365の証拠金額は、レバレッジ25倍上限付きHV方式で計算されており、くりっく株365の証拠金額はリスクに応じて算定される方式を採用しているためレバレッジ比率は一定ではありません。最新の証拠金額は「証拠金基準額(くりっく365・くりっく株365)」よりご確認ください。
・くりっく株365・くりっく365では注文が成立した際に手数料が掛かります。手数料の額はお取引口座の内容や銘柄により異なり、くりっく株365では1枚あたり最大で4,400円(税込)、くりっく365の通常銘柄では1枚あたり最大1,100円(税込)、くりっく365のラージ銘柄では1枚あたり最大で11,000円(税込)です。詳しくは「サービス内容と手数料(くりっく365・くりっく株365)」をご確認ください。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1614号
商品先物取引業者 農林水産省指令28食産第3988号
経済産業省20161108商第10号

加入協会:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

※「くりっく365」「取引所為替証拠金取引 くりっく365」「取引所FX くりっく365」は、株式会社東京金融取引所の登録商標であり、同取引所が上場している取引所為替証拠金取引の愛称です。

LINE CFDの評判は?手数料やスプレッドについても解説

種情報の通知


※サービス画面より筆者作成

4.LINE CFDのデメリット

4-1.レバレッジをかける分、損失額が大きい

4-2.取り扱い商品数は多くはない

LINE CFDは楽天証券(取り扱い商品数:10銘柄)やDMM CFD(取り扱い商品数:7銘柄)などと比べると充実しているものの、上記IG証券やサクソバンク証券と比べると少ないです。

4-3.電話問い合わせができない

5.LINE CFDの評判

  • さまざまな株価指数の値動きがリアルタイムで見られるから便利。取引しなくてもアプリをダウンロードするだけでも役に立つ
  • 口座を3分で簡単に作れて良かった
  • キャンペーンで、アンケートに答えて1,500円をゲットした
  • スプレッドが広いと感じた
  • さまざまな株価指数やコモディティを売買できて良い
  • CFDは気軽に空売りできるので、下落局面でも利益を出せる
  • LINE証券の口座を開設していれば、申し込みは1分で終えられた

5-1.LINE証券の口座を持っていれば口座開設が簡単

5-2.LINE CFDのキャンペーンについて

2022年1月にリリースされたLINE CFDは、CFDとしては新しいサービスです。少額での取引や、LINEポイントでのCFDと、LINE CFDにはさまざまなメリットがあります。またLINEを活用して取引もできるのもポイントです。この記事でLINE CFDに興味が出た方は一度LINE 外国為替証拠金取引(FX取引) CFDの取引サイトを覗いてみてはいかがでしょうか。

「VALORANT Champions Tour Challengers」協賛記念キャンペーン開催!

松井証券(以下「当社」)は、2022年6月3日(金)より、「2022 VALORANT Champions Tour Challengers」への協賛*1を記念し、「MATSUI FX」新規口座開設で大会オリジナル商品をプレゼントするキャンペーンを開催いたします。キャンペーン期間中に、松井証券口座とFX口座を新規開設頂いた方全員に、「VALORANT Champions Tour Challengers」オリジナルサコッシュをプレゼントいたします。

■「VALORANT Champions Tour Challengers」協賛記念キャンペーン概要
キャンペーン期間中に松井証券口座とFX口座を新規開設し、エントリーフォームよりエントリーされた方に、「VALORANT Champions Tour Challengers」オリジナルサコッシュをプレゼント!

キャンペーン期間:2022年6月3日(金)~2022年6月27日(月)
対象者:キャンペーン期間中に松井証券口座とFX口座を新規開設 し、エントリーフォーム(https://fx.matsui.co.jp/campaign/detail/15.html
)よりエントリーされた方
※口座開設とエントリーの順番は問いません。
※FX口座は20歳以上の方のみ開設可能です。20歳未満の方はお申込いただけませんので、ご注意ください。
内容:対象者に該当する方、全員に「VALORANT Champions Tour Challengers」とコラボしたオリジナルサコッシュをプレゼント
※サコッシュは8月中旬に発送予定です。発送が前後する可能性がありますので、ご了承ください。

■「MATSUI FX」について
夜間までご利用いただける無料の電話相談窓口「MATSUI FX あんしんサポート」をはじめ、業界最狭水準のスプレッド*2や、1通貨単位からできる取引体系など、「初めての方でも少額から簡単に始められる“あんしんFX”」をコンセプトに、お客様が安心して取引できるサービスを取り揃えております。

■2022 VALORANT Champions Tourとは
VALORANT ChampionsTourには、「Challengers」、「Masters」、そして「Champions」の3段階で構成されます。地域大会である「Challengers」(年2回)はオープン予選と本戦からなり、勝ち上がったチームは各地域を代表するチームが集結する国際大会「Masters」(年2回)に出場します。そして、シーズンのフィナーレを飾る「Champions」は世界最高峰のトーナメント戦で、これを制覇したチームがVALORANT世界王者となります。

約20年ぶりの円安


2022年3月以降、円安が急激に進行し、米ドル/円をはじめとした為替相場全体が大きく動きました。日米金利差の広がりにより、3月1日に1ドル=114円台だったドル円相場は129円台に到達しました。
その後、4月27~28日に開催された日銀の金融政策決定会合では大規模金融緩和の維持が決定され、利上げを行う米国との金融政策の方向性の違いが色濃く浮き彫りになり、4月末から5月頭には、一時1ドル=131円を超える水準まで円安が進み、2002年4月以来およそ20年ぶりの円安・ドル高水準となりました。
5月のFOMC(連邦公開市場委員会)後、米金利上昇が一段落し円安も調整局面に入って反発の兆しも見えてきましたが、ここまでの期間、為替が大きく動いた際のお客様の取引動向や求められている情報をまとめました。

1. マネックス証券におけるFX(外国為替証拠金取引)の取引状況
1-1 約定金額(全通貨ペア)

1-2 約定金額(米ドル/円)

1-3 米ドル/円の為替相場とマネックス証券でのFXの相関(月次)

2. 為替レポートの閲覧状況
マネックス証券のオウンドメディア「マネクリ」に掲載されたレポートの、4月、5月のPVランキングを公表いたします。

2-1 マネクリレポート人気ランキング(4、5月)
※ 2022年5月25日(水)現在のレポートPVの総計順
(参考)配信記事数合計:398本

2-2 マネクリレポート人気ランキング(吉田恒4、5月)
※2022年5月25日(水)現在のレポートPVの総計順


<吉田恒プロフィール>
マネックス証券 チーフ・FXコンサルタント兼マネックス・ユニバーシティ FX学長

大手の投資情報ベンダーの編集長、社長などを歴任するとともに、著名な国際金融アナリストとしても活躍。2000年ITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年円安バブル崩壊、2016年トランプ・ラリーなどマーケットの大相場予測をことごとく的中させ、話題となる。 外国為替証拠金取引(FX取引)
機関投資家に対するアナリストレポートを通じた情報発信はもとより、近年は一般投資家および金融機関行員向けに、金融リテラシーの向上を図るべく、「解りやすく役に立つ」事をコンセプトに精力的に講演、教育活動を行なう。2011年からマネースクエアが主催する投資教育プロジェクト「マネースクエア アカデミア」の学長を務める。2019年11月より現職。
書籍執筆、テレビ出演、講演等の実績も多数。

【マネックス証券株式会社について】
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、
一般社団法人 日本投資顧問業協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる