弱気相場での取引

追証が発生する仕組みと対策を解説

追証が発生する仕組みと対策を解説

<計算式>

auカブコム FX 取引ルール

【テクニカル指標】
単純移動平均、指数平滑移動平均、多重移動平均、加重移動平均、一目均衡表、回帰トレンド、フィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・タイムゾーン、ボリンジャーバンド、パラボリック、移動平均エンベロープ、ピボット、ピークボトム、HLバンド、ケルトナーチャンネル、二重指数移動平均、カオスアリゲーター、MACD、モメンタム、ACオシレーター、オーサムオシレーター、ブルパワー、ベアパワー、RSI、ストキャスティクス、サイコロジカルライン、ADX、DMI、強弱レシオ、移動平均乖離率、RCI、ROC、CCI、Aroon、バランスオブパワー、デマーカー、RVI、ATR、ウィリアムズ%R、Ultimate Oscillator、標準偏差、ボラティリティレシオ、Detrended Price Oscillator、陰陽サイコロジカル

2. auカブコム FX取引口座の開設基準

  • (1) すでに当社に証券口座を開設していること
  • (2) インターネットを利用できる環境にあること
  • (3) 電子メールアドレスをお持ちであること
  • (4) 常時連絡が取れる連絡先を登録されていること
  • (5) 十分な年収があること、かつ十分な金融資産を保有していること
  • (6) お客さま基本情報のご投資目的(方針)が「収益性重視」または「安定性・収益性重視」であること
  • (7) 株式(現物・信用)・先物・オプション・CFD・外国為替証拠金取引のいずれかのご経験があり、かつ本取引に関する知識があること
  • (8) 18歳以上であること
  • ※ 年齢80歳以上または勤務先が金融機関の場合、申込を制限させていただく場合がございます。制限対象となった方が、口座開設を希望される場合は当社へコールセンターへご連絡いただいた後に個別審査をおこなわせていただきます。
  • (1) インターネットを利用できる環境を有していること
  • (2) 電子メールアドレスをお持ちであること
  • (3) 常時連絡が取れる連絡先を登録されていること
  • (4) 当社に証券口座を開設していること
  • (5) 法人番号の登録が完了していること
  • (6) 電磁的方法を利用した取引口座開設手続き、契約締結前交付書面の交付、発注および取引報告書等の交付にご同意いただけること
  • (7) 追証が発生する仕組みと対策を解説 ご登録のご投資目的(方針)が収益性重視または安定性・収益性重視であること
  • (8) 店頭外国為替証拠金取引の運用資金として十分な資力を有すること
  • (9) 取引担当者の方が株式(現物・信用)・先物・オプション・CFD・外国為替証拠金取引のいずれかのご経験があり、かつ本取引に関する知識があること

3. 取引手数料

4. 取引通貨ペア

5. 取引単位、上限

種別 取引単位 新規注文1回あたりの上限
ミニ 1,000通貨(南アフリカランド/円は1万) 9,000通貨(南アフリカランド/円は9万)
通常 1万通貨(南アフリカランド/円は10万) 100万通貨(南アフリカランド/円は300万)
大口 10万通貨 300万通貨

6. 取引時間

  • ※ ログイン不可(システムメンテナンス)時間や、注文の種類によっては注文の受付時間に制限があります。
  • ※ 米国夏時間(サマータイム)の適用期間は、原則として3月第2日曜日から11月第1日曜日までとなります。
  • ※ クリスマスおよび年末年始の取引時間は、当社が別途定めるものとします。

7. 取引価格の決定方法

8. 為替リスクの管理

9. 注文の種類

    無制限
  • スリッページについて詳しくは別紙「スリッページについて」をご確認ください。

10. 注文の有効期限

追証が発生する仕組みと対策を解説
取消するまでお客さまが取消されるまで有効な注文です。
期日指定 お客様が指定された日のニューヨーク時間午後5時(日本時間翌朝)まで有効な注文となります。
当日限り 注文を出した日のニューヨーク時間午後5時(日本時間翌朝)まで有効な注文です。

11. 証拠金

auカブコム FXのお取引にあたり、あらかじめ証拠金を差し入れる必要があります。
個人のお客様の必要証拠金額は、新規建玉の建値の4%です。 法人口座のお客様の必要証拠金額は、新規建玉の建値に、金融先物取引業協会が公表する通貨ペア毎の法人用証拠金率 (※1) をかけた金額です。
但し非対円取引の場合には最新の米ドル/円レートで円転し必要額を算出します。
必要証拠金額のうち両建ての場合には、同一通貨の組合せで売建玉と買建玉の証拠金額をそれぞれ計算し、金額が多い方の建玉の証拠金額を証拠金必要額とします(取引単位の異なる通貨ペア(通常、大口、ミニ)はそれぞれ別通貨ペアとして計算します)。
証拠金は、円貨または有価証券での差し入れとなり、外貨による差し入れはできません。

暗号資産(仮想通貨)を始める前に知っておくべきレバレッジ取引のデメリット

暗号資産レバレッジ

証拠金維持率の計算式


<計算式>

証拠金維持率(%)= 有効証拠金(純資産)÷ 設定中レバレッジコースの必要証拠金 × 100

よって証拠金維持率を計算すると有効証拠金300(万円) ÷必要証拠金100(万円) × 追証が発生する仕組みと対策を解説 100 = 300(%)になります。

レバレッジ取引と現物取引の違い

レバレッジ取引と現物取引の違い

レバレッジ取引と先物取引・信用取引・暗号資産FXは同じ

レバレッジ取引と信用取引と先物取引と暗号資産FXの違い


先物取引、信用取引、暗号資産FXはどれもレバレッジ取引が可能です。元手よりも大きな金額で取引ができるところが共通点でしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる