FX初心者

レバレッジ取引

レバレッジ取引
現物取引

レバレッジ取引でおすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所3選!メリット・デメリットも紹介

FV

GMOコインでは最大2倍までのレバレッジ取引が可能。通常の現物取引でレバレッジを掛けた取引ができるレバレッジ取引や、「IFD「や「OCO」など特殊な注文が出せる暗号資産FXで、レバレッジを掛けた取引ができます。なお、GMOコインではマイナス手数料を導入しており、Maker注文に対して発生します。Maker注文とは取引板に注文を乗せる注文でPost-Onlyを使うことで発注が可能で、レバレッジ手数料を報酬として受け取れます

GMOコインが向いている人

GMOコインが向いている人はすぐに取引を始めたい人だ。口座開設には時間がかかる取引所も多いが、GMOコインでは最短10分で取引を開始することができる。

GMOコインが向いていない人

GMOコインが向いていない人は主に販売所形式で取引したい人だ。取引手数料は無料となっているが、実際にはレバレッジとして手数料が発生しており、広めに設定されている。

GMOコインの評価ポイント

①販売所で18通貨を扱っている
②積み立てが可能
③大手GMOグループの高いセキュリティ

3位「DMMビットコイン」

GMOコイン

実際に投資家の資金における95%以上は、ハッキング対策としてコールドウォレットで保管されており、出庫時には2人態勢で厳重な作業により出庫が実行されます。レバレッジ取引では、ビットコインやイーサリアム、リップルなど14種類の暗号資産(仮想通貨)で取引が可能で、最大2倍のレバレッジを掛けられます

dmmbitcoin

特にDMMビットコインでは、BitMatch注文と呼ばれる独自の注文方法を採用しており、売値と買値の差額であるスプレッドを気にせず取引することが可能です。取引回数を重ねるごとにスプレッドによる手数料は増えていくため、BitMatch注文を活用することで有利に暗号資産(仮想通貨)を売買できます。

DMM Bitcoinが向いている人

DMM Bicoinが向いている人はアルトコインでレバレッジ取引をしたい人だ。14種類の銘柄を取扱い、通貨ペアは全21種類と豊富に用意されている。

DMM Bitcoinが向いていない人

DMM Bitcoinが向いていない人は取引所形式で取引したい人だ。DMM Bitcoinは販売所形式の取引所なので、自分が指定した価格で取引をするなど購入方法を選択することはできない。

DMM Bitcoinの評価ポイント

①各種手数料が無料
②豊富なレバレッジ可能通貨数
③LINEでの問い合わせが可能

レバレッジ取引で気を付けるべきポイント

しかし、レバレッジ取引の場合、レバレッジを掛けて資金を増やしている状態なので、当初の資金以上の損失が発生してしまう恐れもあります。100万円の資金でレバレッジにより資金を200万円に増やした状態になるので、同様に暗号資産(仮想通貨)の価格が0になると、「-100万円分」の損失が発生します。

さらに、気を付けるべきポイントとしてレバレッジ手数料が挙げられます。レバレッジ手数料はレバレッジ取引で持ったポジション(建玉)に対して発生する手数料であり、1日ごとに発生する手数料です。なお、取引所によってスワップポイントや、スワップ費用と呼ばれることがあり、手数料も異なります。

暗号資産(仮想通貨)の取引は365日24時間できますが、1日の単位として日が変わるタイミングをロールオーバーとして指定されています。このロールオーバーを迎えてもポジションを保有していると、レバレッジ手数料が発生します

レバレッジ取引のメリット・デメリット

レバレッジ取引のメリット

レバレッジ取引のメリットとしては、レバレッジを掛けることによって通常の取引よりも多くの利益を得られることです。

レバレッジ2倍の取引では、通常の取引と同じ値幅の利益を得た時と比べて2倍の利益になり、レバレッジ4倍であれば4倍の利益、レバレッジ10倍であれば10倍の利益を得ることが可能です。特に他の投資と比べて、暗号資産(仮想通貨)はボラティリティ(値動き)が大きいため、うまく取引できれば、レバレッジ取引でしっかりと利益を得られるでしょう。もちろん少額の資金でも資金効率を上げると、しっかりと利益を狙えます。

ビットコイン,チャート

dmmbitcoin

さらにレバレッジ取引では、通常の取引では不可能な、新規の売り注文から取引ができます。売り注文からの取引は、暗号資産(仮想通貨)を売った時点から暗号資産の価格が下がった分が利益となり、価格が下落しているタイミングでも利益を狙える取引方法です。

レバレッジ取引のデメリット

レバレッジ取引のデメリットは、資金以上の損失が発生してしまう可能性があることです。先ほどのレバレッジ取引で気を付けるべきポイントでも挙げましたが、暗号資産(仮想通貨)取引所から資金を借りて資金を増やした状態で取引しているため、通常の取引と比べてレバレッジ倍率分だけ損失が発生します。

dmmbitcoin

さらにレバレッジ取引のメリットである、売りから取引が始められることもデメリットとなる場合があります。買いからはじめる取引の場合は、損失の最大は暗号資産(仮想通貨)の価値が0になる場合ですが、売りからはじめる取引の場合は、損失の最大は青空天上になります。つまり、暗号資産の価格はどこまでも上昇する可能性があるため、上限がなく損失額が膨れ上がってしまう恐れがあるということです。

レバレッジ取引の条件に注意して取引を進めよう

この記事では、暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引について紹介しました。レバレッジ取引はうまく活用することでしっかりと利益を得られるため、少額からの投資でも運用次第で大きな利益を得られることが魅力です。

ビットコイン,チャート

特に、価格の上昇に関しては青空天上となるリスクがあるため、レバレッジ取引で売り注文を出す際には気を付けなければなりません。

もちろん、暗号資産(仮想通貨)の投資に対して自信がある場合には、レバレッジ取引を活用してしっかりと利益を狙っても問題ありません。投資はリスクをきちんと把握した上であれば、リスクある取引でも結果的に利益が出ていれば問題ないはずです。

レバレッジ取引
取引所 レバレッジ倍率 詳細
レバレッジ取引 bitFlyer 2倍 申し込み
GMOcoin 2倍 申し込み
DMM Bitcoin 2倍 申し込み

暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引きに関するQ&A

Q. 暗号資産(仮想通貨)取引における、レバレッジ取引とは何か?

A:元手の数倍規模の取引ができる方法のこと。
手元の資産を担保にすることでレバレッジ取引ができるようになる。
例えばレバレッジが2倍の場合、手元に10万円あれば、20万円分の取引ができる。

Q. 暗号資産(レバレッジ取引 仮想通貨)取引において、レバレッジ手数料はいつ発生するか?

A:レバレッジ手数料は取引営業日を跨いだ時点で発生する。
レバレッジ手数料は1回のみ発生するのではなく、ポジションを保有している限り発生する。
ポジションとは、”暗号資産を保持している状態”のことだ。

Q. 暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引は、どこの取引所でもできるか?

A:暗号資産(仮想通貨)取引所により異なる。
レバレッジ取引ができる取引所には「bitFlyer (ビットフライヤー)」「GMOコイン」「DMM Bitcoin」などがある。

Q. 暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引は、どの取引通貨でもできるか?

A:暗号資産(仮想通貨)により異なる場合があるため、確認が必要だ。
例えば「DMM Bitcoin」では14種類の暗号資産がレバレッジ取引に対応しており、ビットコインやイーサリアム、リップルなどが対象だ。

仮想通貨(ビットコイン)のレバレッジ取引とは?特徴を解説

仮想通貨のレバレッジ取引とは、証拠金を口座に預け入れ、それを担保にすることで証拠金の何倍もの金額を取引できる仕組みのことです。
現物取引のように実際に仮想通貨を交換する取引とは異なります。
また、レバレッジ取引の場合、将来的に値下がりすることを期待し、まず仮想通貨を売却し、値下がりした時点で買い戻す取引が可能であるため、価格が下落した際にも収益を得られる可能性があります。こちらの点も現物取引とは異なります。

現物取引とレバレッジ取引の違い

g_11_02_01.png

現物取引

g_11_02_03.png

レバレッジ取引

レバレッジ取引の特徴

  1. 下落相場でも利益を狙える
    レバレッジ取引では「将来、価格が下落すると判断して価格が高いときに仮想通貨を売って、価格が下がったタイミングで買い戻す」といったことで、現物取引ではできない、下落相場でも収益を狙える取引ができます。
    ビットコインなどの仮想通貨の価格は、上昇相場の場合もあれば、下落相場の場合もあります。レバレッジ取引であれば、どちらの相場状況であっても収益を狙える取引が可能です。
    • 予想に反して相場が上昇した場合は損失を被る可能性があります。
    レバレッジ取引現物取引
    上昇相場価格が低い時に仮想通貨を買って、価格が上がったタイミングで売却することで利益を狙うことが可能。価格が低い時に仮想通貨を買って、価格が上がったタイミングで売却することで利益を狙うことが可能。
    下落相場価格が高い時に仮想通貨を売って、価格が下がったタイミングで買い戻すことで利益を狙うことが可能。

g_11_03_01.png

上昇相場

g_11_03_02.png

下落相場

注意事項
こちらのページは、情報提供のみを目的としており、仮想通貨取引等の勧誘を目的としたものではございません。 レバレッジ取引
売買はご自身の判断にて行ってください。
また、お客さまがこの情報をご利用されたことによる行動の一切について責任を負うものではありません。
当社は情報提供のためコンテンツを掲載しておりますが、この情報の正確性・完全性を保証するものではありません。

あしたを、もっと、あたらしく

【暗号資産取引に関するリスク説明】

暗号資産に関する留意事項

  • 当社が取り扱う暗号資産は、当社自身が資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
  • 金融庁・財務局が、これらの暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではありません。
  • 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    暗号資産交換業者登録一覧
  • 暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

《暗号資産を利用する際の一般的な注意点》

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。
  • 暗号資産は移転記録の仕組みの破綻等により、その価値が失われる場合があります。
  • 秘密鍵やパスワードを失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値が失われる可能性があります。
  • 当社が倒産した場合には、預託された金銭及び暗号資産を返還することができない可能性があります。
  • 暗号資産は対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使⽤することができます。
  • 当社の提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)があり、その差額がお客様の取引コストとなります。
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。

詳しくはこちらを御覧ください。
その他の重要事項及び取引内容、手数料等につきましては、「取引約款」「暗号資産現物取引に関する説明書」をご確認ください。
お問い合わせ・よくあるご質問はこちら

株式会社ビットポイントジャパン 〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-3-9 暗号資産交換業者 関東財務局長 第00009号 加入協会: 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 公益社団法人 日本監査役協会

レバレッジ取引

  • レバレッジ取引には満期日はなく、お客様が、保有ポジションの転売もしくは買戻しによる取引を行わない限り、日締め処理時(毎取引日の午前 6:59)に、保有ポジションを自動的にロールオーバーして翌営業日へ繰り越します。
  • ロールオーバー時には、建玉管理料が発生します。
  • レバレッジ取引の受渡日は約定日当日となります。1日の区切り(計算区域)となる午前 7:00~翌午前 6:59 において約定した取引は同日の約定として受渡が行われます。

レバレッジ取引における注意事項

  • 取引にあたっては、各種約款、取引説明書やお客さま向けの規約等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。
  • 証拠金取引は少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な暗号資産の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金額等を超える損失が発生する場合があります。
  • お客様が現物の暗号資産を保有しており、かつレバレッジ取引を行うのに必要な日本円の証拠金を保有していない場合、その暗号資産は証拠金として扱います。
    そのため、現物の暗号資産を保有しており、その暗号資産を証拠金として差し入れてレバレッジ取引で買いポジションを保有し、暗号資産の急激な下落があった場合は、相当にリスクが発生します。
  • 定期メンテナンス中は、お客様の保有しているポジションの値洗いを行いません。そのため、そのメンテナンス中に、急激な暗号資産の価格変動があった場合、メンテナンス明けに値洗いを行った結果、すぐにロスカットとなる場合があるのでご注意ください。
    また、定期メンテナンス明けの指値のみ、当社が初めて配信する価格が、指定した価格より有利な価格の場合には、指定した価格ではなく、メンテナンス明けに当社が初めて配信する価格で約定します。

暗号資産を利用する際の主な注意点 暗号資産は、日本円、ドルなどの「法定通貨」とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
暗号資産は、価格変動により損失が生じる可能性があります。
暗号資産は、移転記録の仕組みの破綻によりその価値が失われる可能性があります。
当社が倒産した場合には、預託された金銭及び暗号資産を返還することができない可能性があります。
暗号資産は支払いを受ける者の同意がある場合に限り、代価の支払いのために使用することができます。
当社の取り扱う暗号資産のお取引にあたっては、その他にも注意を要する点があります。
お取引を始めるに際してはサービスごとの「取引約款」(旧VCTRADE)「サービス総合約款」(旧TAOTAO)、「契約締結前交付書面」(旧VCTRADE)、「取引説明書」(契約締結前交付書面)(旧TAOTAO)等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み(旧VCTRADE)、取引内容や仕組み(旧TAOTAO)、リスク等(旧VCTRADE)、リスク等(旧TAOTAO)を十分にご理解いただきご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。
秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失う可能性があります。 手数料について 口座管理費、年会費、日本円の入金手数料、暗号資産の受取・送付(入出庫)手数料はかかりません。ただし、旧VCTRADEに関しては日本円の出金に対しては手数料がかかります。詳しくはサービス概要(旧VCTRADE)及び「手数料について」 (旧TAOTAO)をご確認ください。 商号等 SBI VCトレード株式会社(暗号資産交換業者) 登録番号 レバレッジ取引 関東財務局長 第00011号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 上記に加え、暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行う場合の主な注意点 暗号資産関連店頭デリバティブ取引に関して顧客が支払うべき手数料、報酬その他の対価の種類ごとの金額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要及び当該金額の合計額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要は、「レバレッジ手数料」(旧TAOTAO)に定める通りです。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行うためには、あらかじめ日本円又は暗号資産(BTC、ETH、XRP)で証拠金を預託頂く必要があります。預託する額又はその計算方法は、「証拠金について」(旧TAOTAO)をご確認ください。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方急激な暗号資産の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金等の額を上回る損失が発生する場合があります。当該取引の額の当該証拠金等の額に対する比率は、個人のお客様の場合で最大2倍、法人のお客様の場合は、一般社団法人日本暗号資産取引業協会が別に定める倍率です。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、元本を保証するものではなく、暗号資産の価格変動により損失が生じる場合があります。取引説明書(契約締結前書面)(旧TAOTAO)等をよくお読みのうえ、リスク、仕組み、特徴について十分に理解いただき、ご納得されたうえでご自身の判断にて取引を行って頂きますようお願いいたします。 商号等 SBI VCトレード株式会社(金融商品取引業者) 登録番号 関東財務局長(金商) 第3247号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
一般社団法人 日本STO協会 免責事項 当社ウェブページ遷移前に表示された情報は、当社が作成・管理しているものではありません。

商号:SBI VCトレード株式会社
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第3247号
暗号資産交換業 関東財務局長 第00011号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 一般社団法人 日本STO協会

レバレッジ取引

(※画像はイメージです/PIXTA)

レバレッジ取引とは、元手よりも高い金額で仮想通貨を売買する方法です。レバレッジは本来、 「てこの原理」 を意味します。小さい力で重い物体を持ち上げるように、少額の証拠金 ※ で多額の利益を上げる方法です。

1.1. レバレッジ取引の特徴

レバレッジ取引の特徴は、仮想通貨の投資がより ハイリスク・ハイリターン になることです。上図のように、証拠金に対して3.3倍の倍率をかければ、より高額な取引を行えます。価格が高騰すれば、多大な利益を手に入れられるスタイルです。

1.2. レバレッジ取引の種類

レバレッジ取引は、大きく以下の 3つ に分けられます。

1.3. レバレッジ取引における日本と海外の規制比較

そもそも、日本の仮想通貨取引所は基本的に2倍までしか設定できません。 金融商品取引法によって規制がかけられている からです。

2. レバレッジ取引のメリット

(※画像はイメージです/PIXTA)

レバレッジ取引のメリットは、現物の取引よりも大きな利益が得やすいことです。値動きによっては、1億円以上を稼ぐ 「億り人 ※ 」 を狙えるチャンスもゼロではありません。

2.1. 保有資産以上の取引が可能

レバレッジ取引の最大のメリットは、 「保有資産」以上の取引が可能 なことです。無論、低い金額で購入できる取引所もありますが、なるべく保有する通貨を増やしたいと思うはずです。

2.2.「空売り注文」ができる

レバレッジ取引が現物取引と異なるポイントは、 「空売り注文」 ができることです。通常、仮想通貨の現物取引は価格が下落したところで購入します。値上がりしたあとに売れば、差額分が儲かる取引です。しかし、なかにはすでに価格が上がりきっている通貨も少なくありません。

3. レバレッジ取引のデメリットは?危険性は高い?

(※画像はイメージです/PIXTA)

レバレッジ取引のデメリットは、利益と合わせて リスクも高くなってしまう ことです。仮想通貨は通常の取引でも、資産を一気に失う危険があります。倍率をかけると暴落したときのダメージも大きくなります。

3.1. 損失が大きくなるリスクを伴う

レバレッジ取引で最も危険な行為が、 「レバレッジのかけすぎ」 です。

3.2. ロスカットが間に合わず資金がゼロになる可能性がある

レバレッジ取引で懸念しなければならない最悪な事態が、 「ロスカットが間に合わないこと」 です。

4. レバレッジ取引を行うことができる仮想通貨取引所4選

(※画像はイメージです/PIXTA)

レバレッジ取引は、日本の多くの取引所で行えます。基本的に金融庁が倍率を 「2倍」 に設定しているため、各取引所で差はほとんどありません。

4.1. bitFlyer(ビットフライヤー)

(引用:bitFlyer)

ビットフライヤーは 「ビットコイン」の取引量が多い 仮想通貨取引所です。日常生活で使っている人の多い「Tポイント」をビットコインと交換できるため、仮想通貨の投資がより身近な存在となります。

4.2. DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

(引用:DMM Bitcoin)

DMMビットコインは手数料が最も安く、 キャンペーンも多い 取引所です。入出金手数料や送金手数料も無料に設定されています。2022年8月1日6時59分まで口座を新規開設すると、2,000円がもらえる特典も魅力的です。

4.3. GMOコイン

(引用:GMOコイン)

GMOコインは国内取引所のなかでも、 取扱銘柄数が21種類と国内で最も多く用意されている レバレッジ取引 取引所です。口座開設にも時間がほとんどかからず、最短約10分で手続きがすべて完了する場合もあります。

4.4. BITPOINT(ビットポイント)

(引用:BITPoint)

ビットポイントは、 スマホアプリの使いやすさやセキュリティの強さに定評のある 国内取引所です。これから仮想通貨を始める人でも簡単に操作ができるようプラットフォームが作られています。

5. レバレッジ取引の際に注意すべきポイント一覧

(※画像はイメージです/PIXTA)

5.1. 現物取引から始めるがおすすめ

仮想通貨に投資する際には、できる限り 「現物取引」から始めることをおすすめします レバレッジ取引 。基本的に値動きが激しいため、経験値が足りないと一気に資産を失う危険性もあります。通貨が暴落した場合、より被害を防げるほうが現物取引です。

5.2. 証拠金維持率は常に意識する

レバレッジ取引では、 「証拠金維持率」 を常に意識しなければなりません。上述したとおり、当該数値が一定の基準を下回ったときに「ロスカット」が行われるからです。仮想通貨は価格の変動が激しいため、1日の間でも定期的に確認しましょう。

5.レバレッジ取引 3. 通常の取引とは別に手数料がかかる

一方で、レバレッジ取引になると 「レバレッジ手数料」や「ロスカット手数料」 など追加で手数料を支払う必要があります。無論、レバレッジ手数料の金額設定は取引所によって異なるものの、「約定金額×0.04%」が平均的な数値です。

5.4. 借金はNG!余剰資金で取引する

レバレッジ取引で運用するのであれば、必ず余剰資金で取引することを心がけましょう。特に、銀行や消費者金融機関などから借金をして仮想通貨を取引してはいけません。さらに損失を招いてしまうと、最悪の場合、 「自己破産」 に繋がる危険もあります。

5.5. 必ず「損切りライン」を決めておく

レバレッジ取引で多額の損失を防ぐために、定めておくべき目安が 「損切りライン」 です。価格がどんどん下がっているときは、売りに出すラインをあらかじめ決めましょう。

仮想通貨のレバレッジ取引のやり方&おすすめ取引所を紹介【初心者向け】

仮想通貨のレバレッジ取引のやり方&おすすめ取引所を紹介【初心者向け】

z取引所選びのポイント2つ目は、ロスカットレベルです。ロスカットレベルは取引所によって異なります。 ロスカットレベルの高い取引所を選んでしまうと、すぐにロスカットされて資金を失ってしまいます。

レバレッジ取引レバレッジ取引
取引所 ロスカットレベル
Coincheck なし
bitFlyer 50%
DMM Bitcoin 80%
GMOコイン 75%

(3)最大レバレッジ

レバレッジ取引
取引所 ロスカットレベル
Coincheck なし
bitFlyer 2倍
DMM Bitcoin 4倍
GMOコイン 4倍

レバレッジ取引以外の取引方法

筆記試験

(1)現物取引

最もメジャーな取引方法と言っても良い でしょう。レバレッジは掛けられませんが、ロスカットの概念もないため、まずは現物取引で仮想通貨に慣れることをおすすめします。

(2)積立投資

一定間隔で投資を行う方法で、 タイミングをズラすことでリスク分散にも繋がります。 いわゆる「ドルコスト平均法」とも呼ばれていますね。

おすすめ仮想通貨取引所

Coincheck(コインチェック)

コインチェック

  • 親会社が東証一部上場企業で信頼できる
  • シンプルで使いやすい公式アプリ
  • 取扱銘柄数は国内最大級の17種類
  • NFTなど取引以外のサービスも豊富

Coincheckは、親会社が 東証一部上場企業のマネックスグループ。 セキュリティ技術が高く、安心安全に取引を行えるでしょう。

特におすすめなのが 「Coincheckアプリ」 です。 シンプルな設計で見た目の使いやすさに優れている のが特徴で一目で使い方が分かるので、投資初心者の方でもすぐに使いこなせるでしょう。

さらにコインチェックでは仮想通貨取引初心者におすすめな Coincheckつみたて と呼ばれる自動積立サービスがあります。

Coincheck(コインチェック)の基本情報

Coincheckキャンペーン情報

  • 【口座開設&入金で全員もらえる!】ビットコインあげちゃうキャンペーン ※1

※1 ※2022年4月22日 14:00〜2022年6月30日 23:59 ・期間中にCoincheckアプリにてかんたん本人確認で口座開設 ・口座開設してから72時間以内に入金完了 対象の方全員に2,500円相当のBTCをプレゼント

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

    取引可能な仮想通貨の数国内No.1 レバレッジ取引 レバレッジ取引 レバレッジ取引 ※1
  • 各種取引手数料無料
  • 手数料を抑えられる独自の取引方法がある
  • 取引開始まで最短1時間 ※2
  • 365日土日祝日含めLINEでサポート対応

DMM Bitcoinは、 DMMグループ が運営する仮想通貨取引所です。DMM.レバレッジ取引 comグループ全体では年間に2,000億円以上の売上を超える大企業です。

DMM Bitcoinの独自の注文方法に 『Bitmatch注文』 という仕組みがあります。

DMM Bitcoinの基本情報

DMM Bitcoinキャンペーン情報

  • 新規口座開設完了で、全員にもれなく"即時"2,000円をプレゼントキャンペーン ※1
  • 400名に当たる!最大1万円プレゼント!入金&取引キャンペーン ※2
  • マーケットレポート連動企画!スプレッド縮小キャンペーン(第10弾) ※3

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT

  • 大手にないが魅力的でマイナーなアルトコインを多く取り扱う
  • 各種手数料が無料
  • 新規口座開設でお得なキャンペーンを実施中

BITPOINT(ビットポイント)は、2017年9月に金融庁の認可を受けた 東証2部上場の株式会社リミックスポイントの子会社 が運営する取引所です。

BITPOINTでは、コインチェックやbitFlyerなどの 大手にはないアルトコイン が取引できるのが最大の特徴です。

BITPOINTの基本情報

BITPOINTキャンペーン

  • 期間中に口座開設で1,000円相当のDEPをプレゼント
  • 口座開設後、期間中に20,000円相当のDEP購入した方に2,000円相当のDEPをプレゼント
  • 合計最大で3,000円相当をプレゼント

bitFlyer

bitFlyer

  • ビットコイン取引量国内6年連続No.1 レバレッジ取引 ※1
  • 15種類のアルトコインを取引可能
  • 各種取引手数料が無料
  • 1円から仮想通貨を購入できる
  • レバレッジ取引
  • 7年以上ハッキング0

bitFlyerは 「 株式会社bitFlyer」 によって2014年にサービスが開始された仮想通貨取引所です。ビットコインの取り扱い量は仮想通貨業界でトップをひた走っており、 「ビットコイン取引量国内6年連続No.レバレッジ取引 1」 ※1 となっています。

bitFlyerでは 1円から仮想通貨を購入することが可能 です。少額取引可能な仮想通貨取引所でも最低取引金額は500〜1,000円というところが多いので、これは破格の数字と言えるでしょう。

またbitFlyerはセキュリティ対策も万全で、 7年間1度もハッキング被害に遭っていません。 利用者が安心して取引できるようなサポート体制も充実しています。

bitFlyerの基本情報

bitFlyerキャンペーン情報

  • 毎日最大 10 名様に 1,000 円が当たる!アプリ限定ログインボーナスプログラム ※1

※1 2020 年 7 月 1 日(水)午前 00 時 00 分~ 終了期間未定

GMOコイン

GMOコイン

  • 取扱銘柄数国内No.1 ※1
  • 500円から積立投資を行える「つみたて仮想通貨」
  • 現物の売買からレバレッジ取引まで、1つのアプリでできる
  • 信頼と実績の「GMOインターネットグループ」が運営
  • 各種手数料が無料

GMOコインは 「GMOインターネットグループ」 によって運営されている仮想通貨取引所です。

GMOコインの特徴は取り扱い通貨の豊富さ。現在20種類の仮想通貨を取り扱っており、 取扱銘柄数は国内No.1 ※1 となっています。

また、GMOコインでは仮想通貨取引初心者でも手軽に投資できる 「 つみたて仮想通貨」 を提供しています。

つみたて仮想通貨は 毎月自動的に一定額を仮想通貨に投資してくれる ので、普段忙しくてチャートを気にしていられない人や、仮想通貨の知識があまりない人でも安心です。

GMOコインの基本情報

GMOコイン キャンペーン情報

  • 暗号資産(仮想通貨)の購入で毎日10人に1,000円が当たる!※1
  • 暗号資産FXで毎日1人に1万円が当たる※1

※1 JVCEA 「取扱仮想通貨及び仮想通貨概要説明書」をもとに算出

仮想通貨のレバレッジ取引に関するよくある質問

DMM BitcoinかGMOコインがおすすめです。
上記の取引所は、国内最大の4倍レバレッジで取引できるのが強みです。海外取引所であれば、よりハイレバレッジで取引できますが、安全面でおすすめできません。

レバレッジ取引は、証拠金を用いた取引方法です。証拠金を用いることで 自分の資産にレバレッジを掛けることができ、少額からでも大きな利益を狙える というメリットがあります。

  • 取り扱い銘柄
  • ロスカットレベル
  • 最大レバレッジ

なお、最もおすすめな取引所はレバレッジ取引可能な銘柄数が国内No.1の DMM Bitcoin です。これを機に口座の開設をしてみてはいかがでしょうか。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる