トレードがうまくなるためのコツ

米国株投資

米国株投資
著書「本気でFIREをめざす人のための資産形成入門」は8.5万部を突破した=筆者提供

米国株投資

特定の金融機関に所属せず顧客の資産形成の助言をするIFA(Independent Financial 米国株投資 Advisor)は、個人向け金融サービスとして、米国で急成長している。証券会社や銀行などの金融機関に所属しないIFAは、専門知識を背景にした中立的な立場からの投資アドバイスを売り物にしており、いまや米国の個人金融資産の3分の1をIFAが担っているとも言われている。富裕層を含む個人投資家を対象に長期ベースでの資産運用をアドバイスすることで、リテール関連の金融市場を着実に開拓している。

米国は広大な国土を持ちトレッキングや登山、釣り、キャンプ、ハイキングなどのアウトドア活動が活発であり、その市場も大きい。移動に伴う旅行や飲食などを含めると市場規模は莫大で日本の100倍近くに達するとの見方もある。米国アウトドア産業は、雇用増加や消費の喚起など経済成長に対して貢献している。米国のアウトドア製品は、日本を含む海外でも高い人気を誇っている。関連銘柄は「The North Face(ザ・ノース・フェイス)」ブランドなどを擁するVF、アウトドア用品メーカーのコロンビア・スポーツウエア(COLM)、高級ダウンウェアのカナダ・グース(GOOS)、シューズ・アクセサリーを手掛けるカジュアルウェアのデッカーズ・アウトドア(DECK)米国株投資 など。

亜鉛は原子番号30の金属元素で、元素記号は Zn。主に、さび止め用のめっき鋼板として自動車向けや建設などのインフラ向けに使用されている。世界最大の消費国、鉱石生産国はともに中国だ。 近年では、中国の環境規制を背景に生産の伸びが鈍化しているほか、世界各地で鉱山閉鎖も相次ぎ需給がひっ迫している。非鉄金属は金や銀、銅が注目されがちだが、需給ひっ迫に伴い亜鉛に対する関心も高まっている。 カナダの資源大手テック・リソーシズや豪英資源大手のBHPビリトンなどが亜鉛の生産を手掛けている。

米アップル社は、米IT関連の大手企業。スマートフォンの「iPhone」を筆頭に、パソコンの「Mac(マック)」、携帯音楽プレーヤーの「iPod」、タブレット端末の「iPad」、ウェアラブル端末の「Apple Watch」などを次々とヒットさせIT業界の寵児となった。特に、iPhoneは世界中に多くのユーザーを抱え、その販売動向は同社と取引関係を持つ電子部品会社やハイテク関連企業などの株価に多大な影響を与えている。また、「Apple Music」や「App Store」といったサービス事業が収益の柱として育ち、強力なハードウェア製品との連携により築かれた強固なエコシステムが同社のビジネスモデルの特徴となっている。

「BNPL(Buy Now Pay Later:バイ・ナウ・ペイ・レイター)」と称される「後払い決済」サービスが急速な成長を遂げている」。BNPLは主にECサイトでの決済に利用される。決済する際にカード番号などをユーザーが入力する必要がなく、商品を受け取った後に請求書を使いコンビニエンスストアや銀行などで支払いを行うことができる。クレジットカード番号をウェブサイトで入力することに不安を抱いたり、クレジットカードを保有しないユーザー層からの支持を得て急成長している。事業者が小売店に立て替え払いをするため、短中期の分割払いなら利用者に手数料や金利負担は発生しない。EC決済でクレジットカードを使うユーザー層の市場を奪取していくことへの期待が高まっている。急速に伸びるBNPLだが、消費者が過剰債務を抱えることへの懸念も出ている。

アンモニアは常温では鼻を突く強い臭いを持つ無色の気体で、硝酸や肥料などの原料として用いられているほか、ナイロンなどの合成繊維、ABS樹脂などの製造に利用されている。また、加圧・冷却により液化した液体アンモニアは冷凍・製氷用冷媒のほか、発電所や工場で発生するNox(窒素酸化物)米国株投資 を処理する排煙脱硝装置、鉄鋼製品の表面処理などに使われている。 肥料からさまざまな工業用途まで幅広く利用されているアンモニアだが、株式市場で関連株が注目されている背景には、世界的な環境意識の高まりに伴い、各国で脱炭素化に向けた動きが加速化していることがある。米国はバイデン政権の誕生を機にパリ協定への復帰を表明し、気候変動問題への危機感を背景に2050年にカーボンニュートラル(二酸化炭素排出実質ゼロ)を掲げる欧州とも足並みを揃えている。脱炭素化への取り組みで遅れが指摘されていた日本も50年までに、また中国は遅くとも60年までにカーボンニュートラルを実現すると表明している。 こうしたなか、アンモニアはクリーンエネルギーとして期待されている水素を効率よく運ぶことができる媒体(キャリア)のひとつであるほか、燃焼しても二酸化炭素(CO2)を排出しないことから温室効果ガスの排出量削減に大きく寄与する可能性があり、将来のカーボンフリー燃料としての活用が期待されている。

【初心者必見】今からでも間に合う米国株投資のススメ

【初心者必見】今からでも間に合う米国株投資のススメ(2021年11月) 【初心者必見】今からでも間に合う米国株投資のススメ(2021年11月)

<リスク>
米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。
<手数料等>
米国株式等の委託取引では、約定金額に対し0.45%(税込:0.495%)(ただし、手数料上限20米ドル(税込:22米ドル))の国内取引手数料がかかります。IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引の取引手数料は、1注文の約定金額により異なり、最大14,000米ドル(税込:15,400米ドル)かかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。店頭取引では取引手数料はかかりませんが、取引価格は当社が直近の米国金融商品取引所の終値等をベースとして合理的に算出した基準となる価格に、概ね1.5%(最大5.米国株投資 0%)の値幅を加減して決定いたします。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。
<その他>
お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。

本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。
マネックス証券株式会社および説明者は、セミナーおよび関連資料等の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、保証するものではございません。情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時または提供時現在のものであり、今後予告なしに変更・削除されることがございます。当社および説明者はセミナーおよび関連資料等の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。
銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、セミナーおよび関連資料等は当社および情報提供元の事前の書面による了解なしに複製・配布することはできません。記載内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

マネックス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、
一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、
一般社団法人 日本投資顧問業協会

米国株投資

米国会社四季報 2022年春夏号 米国会社四季報 2022年春夏号

米国会社四季報, S&P500銘柄 新興・有望258銘柄 主要ETF150銘柄 米国会社四季報, S&P500銘柄 新興・有望258銘柄 主要ETF150銘柄

米国株がよくわかる 5つのポイント

社名・ティッカー 社名・ティッカー

企業概況 企業概況

株価チャート 株価チャート

業績・指標 業績・指標

テーマ・ブランド テーマ・ブランド

01. 社名・ティッカー

02. 企業概況

03. 株価チャート

04. 業績・指標

05. テーマ・ブランド

アメリカ企業がよくわかる 最強の米国株ガイド

米国会社四季報 2022年春夏号 米国会社四季報 2022年春夏号

ランキングから探せる 有望米国株

「旬の成長」銘柄はこれだ! 増収率編
米国の高成長株トップ100

米国の高成長株トップ100 米国の高成長株トップ100

他にも米国株の相場観が身に付く 銘柄ランキングを掲載!

  • 「不人気」銘柄はこれだ! 低PER編
    米国の割安株トップ100 業績回復編 米国の反転株トップ100 「V字回復」 銘柄はこれだ! -->
  • 「お買い得」銘柄はこれだ! 配当利回り編
    米国の高配当株トップ100 「不人気」銘柄はこれだ! PER編
    米国の割安株トップ100 -->
  • 時価総額トップ50
  • 連続増配年数トップ50
  • 年間報酬トップ50
  • など

アメリカ企業がよくわかる 最強の米国株ガイド

米国会社四季報 2022年春夏号 米国会社四季報 2022年春夏号

厳選した 注目・新興銘柄

充実の索引で 米国銘柄が探しやすい

ブランド索引

初心者のための 米国株の基礎知識

米国株はどの証券会社でも扱っていますか?

証券会社に口座があれば、すぐに米国株取引を始められますか?

大事なことは、外国株取引には為替スプレッド(両替手数料)が必要になるということです。ネット証券では現在1米ドルにつき片道25銭ですから、2022年2月末のレートだと100万円の投資金額に対して約2174円でしょうか。米国株購入の際にはこの分も含めて口座に入金しておく必要があります。

取引時間や上場市場はどうなっていますか?

537ページのキャプチャ

売買単位(購入最低金額)が書かれていません。

米国には日本のような単元株制度はありません。どの株でも1株から買えます。株価がその株の購入最低金額となります。

信用取引はできますか?

外国株の信用取引ができる国内証券会社はありませんでしたが、2022年7月からネット証券大手3社がサービスを始める予定です。ただ、米国株には値幅制限(ストップ高、ストップ安)がないこともあり、初心者はまずは現物取引から始めるのが無難です。どうしても国内証券会社で信用取引を行いたい場合は、CFDという、FX(外国為替証拠品取引)のような証拠金取引であれば、売りから入ることが可能です。

You must read the following information before proceeding. When you have read the information set out below, please click on the "I confirm that I have read and understand the above information" link at the bottom of the page to acknowledge that you have read the information and to 米国株投資 continue.

This website is directed 米国株投資 only at residents of Japan and the information provided is not for distribution outside Japan. Shares of the NEXT FUNDS are not 米国株投資 offered for sale or distribution outside of Japan.

Not all securities, products or services described in the website are available everywhere. The information contained in this website is for information purposes only and does not constitute a distribution, an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any securities or provide any services in any jurisdiction 米国株投資 in which such distribution or offer is not authorized. Although the information provided on this site is obtained or compiled from sources that Nomura Asset Management 米国株投資 Co., Ltd. believes to be reliable, Nomura Asset Management Co., Ltd. cannot and does not guarantee 米国株投資 the accuracy, certainty or completeness of the information and materials contained in this website.

The information on this website is for reference purposes only and does not 米国株投資 constitute an offer to sell or the solicitation of an offer to buy securities by Nomura Asset Management Co., Ltd. to any person in Japan.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any 米国株投資 person in the United Kingdom 米国株投資 and under no circumstance shall the provision of the information on 米国株投資 this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any 米国株投資 services to any person in the United Kingdom.

Furthermore, the information on this website is not 米国株投資 made or directed to any person in the United States or to any U.S. Person. Under 米国株投資 no circumstances shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or 米国株投資 an offer to provide any services to any person in the United States or to any U.S. Person as defined under the Securities Act of 1933, as amended. Residents of the 米国株投資 United States are specifically prohibited from investing in the NEXT FUNDS 米国株投資 米国株投資 and no person may offer investment in these funds to residents of the United States.

私をFIREに導いた米国株投資。妄信せず「不都合な真実」も知っておこう

クリスマスシーズンにライトアップされたニューヨーク証券取引所=2020年12月、朝日新聞社

クリスマスシーズンにライトアップされたニューヨーク証券取引所=2020年12月、朝日新聞社

著書「本気でFIREをめざす人のための資産形成入門」は8.5万部を突破した=筆者提供

著書「本気でFIREをめざす人のための資産形成入門」は8.5万部を突破した=筆者提供

ウォール街にあるニューヨーク証券取引所=2021年4月、朝日新聞社

ウォール街にあるニューヨーク証券取引所=2021年4月、朝日新聞社

私たちの暮らしにあふれる米国の商品・サービス

S&P500の推移(出所=<a href=

https://www.multpl.com/)" /> S&P500の推移(出所=https://www.multpl.com/)

ロッキード・マーチン社の格納庫内のF35戦闘機。2019年11月22日付朝日新聞朝刊によると、F35は計3359機が製造される予定で、日本を含め13カ国が導入する。日本は米国に次いで多い147機を導入し、総額6.7兆円かかる見通し=2019年10月、米テキサス州、朝日新聞社

ロッキード・マーチン社の格納庫内のF35戦闘機。2019年11月22日付朝日新聞朝刊によると、F35は計3359機が製造される予定で、日本を含め13カ国が導入する。日本は米国に次いで多い147機を導入し、総額6.7兆円かかる見通し=2019年10月、米テキサス州、朝日新聞社

iPhone13シリーズの発売当日、アップル丸の内店の様子。iPhoneの国内シェアは約5割と、世界的に見ても高い=2021年9月、朝日新聞社

iPhone13シリーズの発売当日、アップル丸の内店の様子。iPhoneの国内シェアは約5割と、世界的に見ても高い=2021年9月、朝日新聞社

コストコ守山倉庫店の店内を紹介するケン・テリオ日本支社長(右)。2021年7月にオープンした=2021年、名古屋市守山区、朝日新聞社

コストコ守山倉庫店の店内を紹介するケン・テリオ日本支社長(右)。2021年7月にオープンした=2021年、名古屋市守山区、朝日新聞社

経済成長と軌を一にして起きている負の変化

S&P500の推移(出所=<a href=

https://www.multpl.com/)" /> S&P500の推移(出所=https://www.multpl.com/)

カンボジアの縫製工場での仕事を終えてトラックで帰宅する労働者の女性たち。人件費の安さもあり、ZARA(スペイン)やH&M(スウェーデン)など、世界の有名ブランドが生産委託を増やしてきた=2020年2月、プノンペン、朝日新聞社

カンボジアの縫製工場での仕事を終えてトラックで帰宅する労働者の女性たち。人件費の安さもあり、ZARA(スペイン)やH&M(スウェーデン)など、世界の有名ブランドが生産委託を増やしてきた=2020年2月、プノンペン、朝日新聞社

絶好調の米国株「期待はしても過信はせず」

ニューヨークのウォール街の一角に置かれた巨大なブル(雄牛)の像。金融市場の用語で「ブル」は強気相場を意味する=2017年、朝日新聞社

ニューヨークのウォール街の一角に置かれた巨大なブル(雄牛)の像。金融市場の用語で「ブル」は強気相場を意味する=2017年、朝日新聞社

FIRE論

穂高 唯希

穂高 唯希 HOTAKA YUIKI

東京→水戸に移住しました。bizble編集部員が東京を離れて働く3つの理由

ワクワクする企画をつくるために、やってはいけないこと #12

【ポカリスエット】目指したのは「飲む点滴」 新ジャンル切り開いた科学の力

「空箱」のまま上場? アメリカで進む「SPAC」とは 日本でも検討が始まる

「空箱」のまま上場? アメリカで進む「SPAC」とは 日本でも検討が始まる

読まれています

ライフ・マネー

まず疑うことから始めよう。FIRE達成の極意とは【後編】

まず疑うことから始めよう。FIRE達成の極意とは【後編】

iDeCo(イデコ)って何? つみたてNISAと迷ったら? 人気YouTuberが解説

iDeCo(イデコ)って何? つみたてNISAと迷ったら? 人気YouTuberが解説

進化するZ世代の地元愛 「地元にいたい=内向き志向」がもう古い理由

進化するZ世代の地元愛 「地元にいたい=内向き志向」がもう古い理由

リーダーの若手時代

リーダーの若手時代

FIRE論

FIRE論

三菱系の大手企業に勤めながら徹底した倹約と資産運用を続け、30歳でFIRE(Financial Independence, Retire Early=経済的自立と早期退職)を実現した穂高唯希さん。FIREという生き方の魅力やFIREがいま注目される理由、FIREと従来の早期退職の違い、FIREの目指し方などについて、実体験を元にお伝えします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる