日本語で徹底解説

運用者が知っておきたい仮想通貨

運用者が知っておきたい仮想通貨

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略で、日本語にすると 『非代替性トークン』 となります。

人生100年時代。いまこそ、投資を味方に。「マネユニ・アカデミー」ゼロから学べる「暗号資産」 運用者が知っておきたい仮想通貨 人生100年時代。いまこそ、投資を味方に。「マネユニ・アカデミー」ゼロから学べる「暗号資産」

いま話題の暗号資産、ビットコインを学び、 いま話題の暗号資産、 ビットコインを学び、 日々変化する社会を知ろう。

近年、「暗号資産」・「ビットコイン」という言葉をニュースで目にすることが 増えてきたのではないでしょうか。
暗号資産は、法定通貨、電子マネー、株式と具体的になにがどのように違うのでしょうか。

このたびマネユニ・アカデミーでは、ビットコインがこれほどに話題になっている理由や 暗号資産の歴史から、仕組み、取引所の選び方、取引方法、リスク、最新の動向など、
投資を始める前に知っておきたい内容から投資のポイントまで、
体系的に学べる学習コースをご用意しました。

卒業テストに回答した方には、ビットコイン(1000円相当)をお渡しします! 卒業テストに回答した方には、ビットコイン(1000円相当)をお渡しします!

マネユニ・アカデミーで
「投資」を学ぶメリット

暗号資産について学ぶメリット

魅力1:急速に成長し、デジタル化する暗号資産に関する知識を身に付けることができる

デジタル通貨や、DeFi(decentralized finance:分散型金融)、NFT(Non-Fungible Token:ノンファンジブルトークン)について、ニュースで見覚えがあるかもしれませんが、これらの知識を身に付け、これからの未来を想像してみませんか?

ビットコインの価格チャート
(2020年から2021年7月末)

ビットコインの価格チャート

魅力2:暗号資産の基本や取引手法まで網羅的に学ぶことにより、実践に結び付けることができる

暗号資産の特徴

暗号資産はECサイトや店舗にて決済手段として利用することもできます。
日本で入手した暗号資産はそのまま世界中で利用することができるため、
海外で買い物するときでも、両替は不要で、為替手数料は発生しません。

まずは
無料の体験講座(動画)を

体験講座の内容

イメージ

イメージ

イメージ

体験講座のご紹介

STEP 01

STEP 02

  • 体験講座は、マネユニ・アカデミーで提供しているすべてのコースについてご覧いただけます。
  • 無料の体験講座をご用意しております。本講座のお申込みの前に、無料の体験講座にて本講座の内容や雰囲気を体験していただけます。
  • また、収録動画形式のため、インターネット接続環境下で、いつでも・どこでもご視聴いただけます。
  • お名前、メールアドレスのご登録のみでお申込みできます。
  • 個人情報の取り扱いは当社の 「個人情報のお取扱いについて」 に準じます。

ゼロから学べる「米国株コース」はこちらから

本講座
ゼロから学べる
「暗号資産コース」概要

こんな方におすすめ

  • ビットコイン等の暗号資産に興味はあるが、
    まだ投資経験があまりない方
  • ビットコイン等の暗号資産の取引手法や
    税制等について、基本的なことを学びたい方
  • 暗号資産について網羅的、体系的に
    しっかり学びたい方

ゼロから学べる「暗号資産コース」概要

教科書構成

動画掲載ページイメージ

  • 教科書5冊
  • 動画5回(ご都合のよいときにご覧いただけます)
  • 雑誌「月刊暗号資産」(教科書発送時に発刊されている最新刊をお届けします。)
  • ビットコイン1,000円相当(卒業テスト回答者のみ)

雑誌『月刊暗号資産』のご紹介

国内唯一の暗号資産専門雑誌です。(奇数月の隔月発刊) 出版社:J-CAM
暗号資産の「今、注目しておきたいテーマ」について詳しく解説しています。

卒業テストを回答した方には、ビットコイン1,000円相当をプレゼントします

卒業テストを回答した翌月の中旬頃に1,000円相当(注1)のビットコインをプレゼントします。
お渡しするビットコインはスマートフォンアプリの「Cheeese」でお受け取りいただけます。

ビットコインがもらえるニュースアプリ「Cheeese」とは?

講師プロフィール

松嶋 真倫

マネックス証券 マネックス・ユニバーシティ 暗号資産アナリスト

松嶋 真倫

大阪大学経済学部卒業。都市銀行退職後に調査会社BaroqueStreetのメンバーとして暗号資産・ブロックチェーン業界の業界調査や相場分析に従事。マネックスクリプトバンク株式会社では業界調査レポート「中国におけるブロックチェーン動向(2020)」、「国内外のサプライチェーン領域におけるブロックチェーン活用事例と課題」「Blockchain Data Book 2020」などを執筆。国内メディアへの寄稿も行なう。2021年3月より現職。

企業による仮想通貨の採用--二の足を踏む要因と考えられる利点

「Raspberry Pi」に代わるボード5選

The Japanese edition of 'ZDNet' is published under license 運用者が知っておきたい仮想通貨 from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'ZDNet Japan' that were originally published in the US Edition of 'ZDNet', 'CNET', and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All 運用者が知っておきたい仮想通貨 Rights Reserved. 'ZDNet', 'CNET' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company.

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]

「NFT」とは?いま話題のNFTを超初心者向けにわかりやすく解説!

Non-Fungible Token


NFTという言葉を頻繁に耳にするようになりました。2021年9月には、日本の 小学3年生の男の子が自由研究で制作したNFTアートが約240万円 で購入されて話題となりました。

NFTとは

NFTとは


NFTとは、「Non-Fungible 運用者が知っておきたい仮想通貨 Token」の略で、日本語にすると 『非代替性トークン』 となります。

コインチェックテクノロジーズ代表の天羽氏によると、「デジタルコンテンツに保有している情報を紐付ける はんこ のようなもの」と表現しています。

なぜNFTが必要なのか

NFTによって守られる価値とは?

NFTの事例:NBA Top Shot

アメリカのプロバスケットリーグであるNBAでは、『NBA Top Shot』というNFTを利用したサービスを開始しました。

NBA Top Shotは、立ち上げから数カ月で2億ドル(約210億円)を超える売り上げを記録しています。

NFTは、『唯一無二であることの証明ができる技術』によって、 新しいビジネスチャンスを創造することができる のです。

NFTについて知っておきたいこと

音楽や映像などの 『著作権』がNFTによって移転されるわけではありません。 著作権の侵害にならないようにデジタル資産を扱わなければいけません。

代替性と非代替性について

非代替性とは、例えば人気タレントのサイン入り写真集です。定価が3500円であったとしても、 本人のサインをもらったことによって、唯一無二の価値がついています。 このサイン入りの写真集は、ファンにとっては数万円以上の価値として取引されることでしょう。

NFTの事例

NFTの事例


NFTの大枠を理解していただいたところで、NFTの事例をご紹介していきます。

NFTの事例①|デジタルアート

NFTの事例②|ツイート

2021年3月22日、ツイッター創業者ジャック・ドーシー氏の15年前のツイッター初投稿がオークションにかけられ、 3億円超の高値をつけました。 NFTによってツイートのようなデジタル資産も競売できるという事例となりました。

NFTの事例③|スニーカー

2021年12月13日、 ナイキがNFTスニーカー企業を買収 しました。世界的な大手ブランドがNFTを活用しながらメタバースへの進出を加速させています。

NFTの事例④|デジタルアート

2021年12月18日まで行われたオークションにおいて、 モザイクアートNFT「鉄腕アトム」が約5600万円で落札 されました。日本発NFTの最高落札額となっています。

NFTの事例⑤|デジタルアート

2021年11月10日、日本財団は子ども第三の居場所 新さいたま市拠点の子どもたちと一緒にワークショップ形式でアート作品を制作。 子どもたちの作品をNFTとして販売。 新しい寄付のカタチをメタバースではじめました。

NFTの事例⑥|トレーディングカード

2021年12月17日よりアサヒ飲料が期間限定で NFTトレカのプレゼントキャンペーンを実施 しました。LINEブロックチェーン活用した取り組みで、NFTトレカには固有のナンバーが付与されています。

NFTにできること・特徴

NFTにできること・特徴


すでにさまざまな活用がされ始めているNFTですが、NFTにできること・特徴を整理しておおきましょう。ここでは主に以下の3つについて解説します。

安全な取引ができるようになる

不正に改ざんされる心配がなくなる

市場の取引で価値が高まる

実物の絵画のような芸術作品では、今までの所有者の履歴が、その作品の価値を決める要因のひとつとなっています。NFTによって、デジタル資産も 所有者の履歴が残せる ようになりました。

また、従来は転売されても著作権者にはメリットがないために転売禁止であることも多かったです。しかし、NFTなら 転売されるごとに著作者に報酬が支払われる ような設定をすることが可能。 NFTの登場により今後は積極的な転売がビジネスとなっていくでしょう。

いままでのデジタル作品 デジタル資産
ネットの取引 証明書がないため、取引に不安がともなう NFTが証明書となり、安心して取引できる
唯一性や希少性 本物かどうかが区別できない NFTによって唯一性や希少性が証明される
所有者 データの所有者が不明確 データの所有者が明確になる
所有の履歴 これまでどのような履歴を持っていたのかがわからない これまでに取引された履歴がすべて記録されている
著作者 著作者がわからなくなる。転売されても報酬が入らない 著作者を登録できる。転売のたびに報酬をもらうこともできる

NFTマーケットプレイスの一覧

NFTマーケットプレイスの一覧


NFTを売買するには、NFTマーケットプレイスを利用します。 アートや音楽、映像、ゲームのキャラクターやアイテムなどの売買ができるさまざまなNFTマーケットプレイスがあります。

海外 国内
OpenSea Coincheck NFT(β版)
Rarible Adam byGMO
SuperRare nanakusa
Nifty Gateway NFTStudio

NFTを理解するために知っておきたいキーワード

NFTを理解するために知っておきたいキーワード


NFTを理解するために知っておきたいキーワードを解説します。

「NFT」とは?いま話題のNFTを超初心者向けにわかりやすく解説!

運用者が知っておきたい仮想通貨

Non-Fungible Token


NFTという言葉を頻繁に耳にするようになりました。2021年9月には、日本の 小学3年生の男の子が自由研究で制作したNFTアートが約240万円 で購入されて話題となりました。

NFTとは

NFTとは


NFTとは、「Non-Fungible Token」の略で、日本語にすると 『非代替性トークン』 となります。

コインチェックテクノロジーズ代表の天羽氏によると、「デジタルコンテンツに保有している情報を紐付ける はんこ のようなもの」と表現しています。

なぜNFTが必要なのか

NFTによって守られる価値とは?

NFTの事例:NBA Top Shot

アメリカのプロバスケットリーグであるNBAでは、『NBA Top Shot』というNFTを利用したサービスを開始しました。

NBA Top Shotは、立ち上げから数カ月で2億ドル(約210億円)を超える売り上げを記録しています。

NFTは、『唯一無二であることの証明ができる技術』によって、 新しいビジネスチャンスを創造することができる のです。

NFTについて知っておきたいこと

音楽や映像などの 『著作権』がNFTによって移転されるわけではありません。 著作権の侵害にならないようにデジタル資産を扱わなければいけません。

代替性と非代替性について

非代替性とは、例えば人気タレントのサイン入り写真集です。定価が3500円であったとしても、 本人のサインをもらったことによって、唯一無二の価値がついています。 このサイン入りの写真集は、ファンにとっては数万円以上の価値として取引されることでしょう。

NFTの事例

NFTの事例


NFTの大枠を理解していただいたところで、NFTの事例をご紹介していきます。

NFTの事例①|デジタルアート

NFTの事例②|ツイート

2021年3月22日、ツイッター創業者ジャック・ドーシー氏の15年前のツイッター初投稿がオークションにかけられ、 3億円超の高値をつけました。 運用者が知っておきたい仮想通貨 NFTによってツイートのようなデジタル資産も競売できるという事例となりました。

NFTの事例③|スニーカー

2021年12月13日、 ナイキがNFTスニーカー企業を買収 しました。世界的な大手ブランドがNFTを活用しながらメタバースへの進出を加速させています。

NFTの事例④|デジタルアート

2021年12月18日まで行われたオークションにおいて、 モザイクアートNFT「鉄腕アトム」が約5600万円で落札 されました。日本発NFTの最高落札額となっています。

NFTの事例⑤|デジタルアート

2021年11月10日、日本財団は子ども第三の居場所 新さいたま市拠点の子どもたちと一緒にワークショップ形式でアート作品を制作。 子どもたちの作品をNFTとして販売。 新しい寄付のカタチをメタバースではじめました。

NFTの事例⑥|トレーディングカード

2021年12月17日よりアサヒ飲料が期間限定で NFTトレカのプレゼントキャンペーンを実施 しました。LINEブロックチェーン活用した取り組みで、NFTトレカには固有のナンバーが付与されています。

NFTにできること・特徴

NFTにできること・特徴


すでにさまざまな活用がされ始めているNFTですが、NFTにできること・特徴を整理しておおきましょう。ここでは主に以下の3つについて解説します。

安全な取引ができるようになる

不正に改ざんされる心配がなくなる

市場の取引で価値が高まる

実物の絵画のような芸術作品では、今までの所有者の履歴が、その作品の価値を決める要因のひとつとなっています。NFTによって、デジタル資産も 所有者の履歴が残せる ようになりました。

また、従来は転売されても著作権者にはメリットがないために転売禁止であることも多かったです。しかし、NFTなら 転売されるごとに著作者に報酬が支払われる ような設定をすることが可能。 NFTの登場により今後は積極的な転売がビジネスとなっていくでしょう。

運用者が知っておきたい仮想通貨
いままでのデジタル作品 デジタル資産
ネットの取引 証明書がないため、取引に不安がともなう NFTが証明書となり、安心して取引できる
唯一性や希少性 本物かどうかが区別できない NFTによって唯一性や希少性が証明される
所有者 データの所有者が不明確 データの所有者が明確になる
所有の履歴 これまでどのような履歴を持っていたのかがわからない これまでに取引された履歴がすべて記録されている
著作者 著作者がわからなくなる。転売されても報酬が入らない 著作者を登録できる。転売のたびに報酬をもらうこともできる
運用者が知っておきたい仮想通貨

NFTマーケットプレイスの一覧

NFTマーケットプレイスの一覧


NFTを売買するには、NFTマーケットプレイスを利用します。 アートや音楽、映像、ゲームのキャラクターやアイテムなどの売買ができるさまざまなNFTマーケットプレイスがあります。

運用者が知っておきたい仮想通貨 運用者が知っておきたい仮想通貨
海外 国内
OpenSea Coincheck NFT(β版)
Rarible Adam byGMO
SuperRare nanakusa
Nifty Gateway NFTStudio

NFTを理解するために知っておきたいキーワード

NFTを理解するために知っておきたいキーワード


NFTを理解するために知っておきたいキーワードを解説します。

ブロックチェーンとは?金融分野に限らない活用の可能性

3_wor_005_01.png

従来のデータベースや情報管理システムは、中央管理者を置いてその仕組みを一元管理しています。したがって、中央管理者に不具合が生じると、システム全体が停止する可能性があります。一方、ブロックチェーンは中央管理者を置かず、すべての取引記録について同一のデータを参加者に共有し、常に同期する仕組みのため、ネットワークの一部に不具合が生じても、システムを維持することができます(図1)。 なお、同一のデータを参加者が分散して保持することから、ブロックチェーンは「分散型台帳」とも呼ばれています。

なりすましやデータ改ざんが困難

3_wor_005_02.png

ブロックチェーンでは、取引の記録を「ブロック」と呼ばれる塊ごとに記録し、ブロックを時系列順に鎖のように連結して保管します。「ブロックチェーン」という呼称はこの仕組みからきてきます。 新しいブロックを作る際には、一つ前のブロックのデータから生成された「ハッシュ値」と呼ばれる情報をブロック内に記録します。そうして一つひとつのブロックが前後のブロックと連鎖して保存されているため、改ざんを試みても、変更したブロックから生成されるハッシュ値は変更前と異なるものになり、続くブロックのハッシュ値との整合性が失われます。 こうして、後続するブロックのハッシュ値をすべて変更するのは事実上困難なこと、また、ハッシュ値自体がデータのIDとして機能しデータの改ざんや破損があれば瞬時に検出できることなどから、改ざんはほぼ不可能とされています。

低コストで取引ができる

ブロックチェーンの課題

ブロックチェーンの活用事例

事例1:電子印鑑システム「NFT印鑑」(シヤチハタ)

シヤチハタ株式会社は、株式会社ケンタウロスワークス、早稲田リーガルコモンズ法律事務所とブロックチェーンを利用した電子印鑑システム「NFT印鑑」の共同開発を進めています。 NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)とは、「偽造不可な鑑定書・所有証明書付きのデジタルデータ」のこと。ブロックチェーン上に所有者情報などを記録することによってデータ改ざんを防ぎ、真贋や所有権を証明することができるとされ、デジタルアートやゲーム内のアイテム・キャラクターの売買などでの活用が広がっています。 ほかにも、さまざまな企業がブロックチェーンを用いた電子署名や電子契約サービスなどの開発を進めており、ビジネスにおける「脱ハンコ」の方法が模索されています。 「NFT印鑑」プレスリリース

事例2:食品のトレーサビリティシステム(ウォルマート)

ウォルマート(アメリカ)は、IBM(アメリカ)が提供する食品サプライチェーンの追跡ネットワーク「IBM Food Trust」を用いて食の生産地から小売店舗の棚に並ぶまでの仕入れルートを追跡するシステムを構築しています。 生産・加工業者から卸売・流通業者まで、サプライチェーンに関わる関係者がウォルマートのトレーサビリティーシステムに原産地や取引明細、検査証明などの情報を提供すると、ブロックチェーン上に記録され、関係者に共有されます。そして、PCやモバイル端末から追跡コードを入力すれば取引を迅速に追跡できる仕組みにより、従来、数日かかっていた流通経路の特定が数秒で可能となり、食品の汚染や中毒が発生した際に迅速に拡散防止に動けるようになりました。また、サプライチェーン全体で情報を共有・管理することで、サプライチェーンを最適化してフードロスを最小限に留めることもできるとされています。 なお、「IBM Food Trust」は、カルフール、ネスレ、伊藤忠商事など食品にかかわるさまざまな企業で活用されています。 IBMとウォルマートの取り組み

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる