FXの練習方法は

一目均衡表の見方と使い方

一目均衡表の見方と使い方

あわせて読みたい:
ピラミッティング(増し玉)のやり方3つ、投資で巨万の富を築く最強の手法

一目均衡表の 好転・逆転

転換線・基準線(一目均衡表

逆に転換線や基準線が下を向いていれば、 高値か安値が切り下がっている ことを意味します。 転換線、基準線が動く場合、 「新高値更新」「新安値更新」を表している場面もあるのです。 また、転換線が横ばいの場合は、 高値も安値も変化がないことを示し、これは、もみ合い相場であることを意味しています。 そして、もみ合い相場の時の転換線や基準線は、 そのもみ合いのレンジの中心を意味しています。 このことから、よく転換線、基準線の方向によって、以下のような分析がされます。

転換線・基準線と株価の位置関係

転換線基準線の支持抵抗線の機能

転換線と株価の位置関係をみることで、 以下のような分析をすることができます。 転換線・基準線ともに、 一目均衡表の見方と使い方 『支持抵抗線』の機能 を果たすと考えることができます。

株価が上にあれば、 転換線や基準線は支持線の機能を持ちます。 逆に株価がしたにあれば、 抵抗線の機能を果たすと考えることができます。

均衡表の好転・逆転(転換線・基準線のクロス)

◎均衡表の好転

均衡表の好転の図解

好転とは、 転換線が基準線を下から上に突き抜けること を言います。 転換線が上に抜けるということは、 短期的に上昇トレンドと考えることができます。 さらに、転換線よりも中長期的なものを示す基準線を 上抜けることがから、 一般的に「好転」が起きたときは、 「買いサイン」と言われます。

また、この転換線が基準線の上にあるという、
➀『均衡表の好転』、、
②ローソク足が雲の上にある
③ローソク足が遅行スパンの下にある
という、3つの条件が揃う状態のことを、 『三役好転』 と言い、強い上昇トレンドと言われます。

◆もっと詳しく

◎均衡表の逆転

逆転の図解

逆転とは、 転換線が基準線を上から下に突き抜けること を言います。 好転と逆の理論ということになり、 一般的に逆転となった場合、 『売りサイン』と考えることができます。

また、この転換線が基準線の下にあるという、
➀均衡表の逆転
②ローソク足が雲の下にある
②ローソク足が遅行スパンの上にある
という3つの条件がそろうことを、
『三役逆転』と言い、弱いトレンドの証明と言われます。

◆もっと詳しく

転換線と基準線は一目均衡表の基礎

転換線と基準線は、 一定期間内の、高値と安値の中心を示し、 様々な分析方法があります。 右上に傾いているということは、 「高値か安値を切り上げている」ことを意味してます。

一目均衡表の見方をわかりやすく、3分で覚えるテクニカル分析の基本

一目均衡表

一目均衡表のチャート

楽天証券のマーケットスピードで見ると、このように表示されます。

一目均衡表では、先行スパン1と先行スパン2によって形成されている部分を「 雲 」と呼びます。(上記の図で網掛けの部分です)

一目均衡表は最強のトレンドを教えてくれる

最強のトレンド

まず最初に、 簡単かつ最強の一目均衡表の見方を紹介 します。

それは、「基準線」「転換線」「先行スパン1」「先行スパン2」「遅行スパン」の 5本の線すべてが、重なり合わずに並行に上昇している状態に売ってはいけない ということです。

一目均衡表の売買ポイント

遅行スパンが雲を抜ける

一目均衡表のチャート

一目均衡表の中でも、 最も遅れて動き、信頼度の高い線となるのが「遅行スパン」 です。

基準線と転換線のゴールデンクロス

ゴールデンクロス

雲抜けと雲入り

雲抜けと雲入り

一目均衡表のもう一つの見方として、「 ローソク足が雲入りすると売りシグナル、雲抜けすると買いシグナル 」という見方があります。

雲の切れ目

雲の切れ目

また、 先行スパンは現在の株価に先行して動く ため、チャート画像のとおり、すでに未来の「雲」も形成されています。

初心者でも使いこなせる指標

1億人の投資術 管理人の評価

中でも、 すべての線が上昇している時に売ってはいけない というのは、「ギャンの価値ある28のルール」で示した通り、投資で勝つための鉄則「損小利大」には必要不可欠な考え方です。


あわせて読みたい:
ピラミッティング(増し玉)のやり方3つ、投資で巨万の富を築く最強の手法


あわせて読みたい:
グランビルの法則とは?基礎にして最強のチャート分析売買シグナル

テクニカルに関する記事

一目均衡表の見方をわかりやすく、3分で覚えるテクニカル分析の基本

一目均衡表の見方をわかりやすく、3分で覚えるテクニカル分析の基本

一目均衡表の見方をわかりやすく、3分で覚えるテクニカル分析の基本

この記事の執筆者

川原裕也 執筆者の詳細プロフィール 一目均衡表の見方と使い方 右も左もわからない状態で株式投資をはじめ、10年以上が経ちました。その間に、引きこもりになったり、会社を設立したり、いろいろなことがありました。「いい人」がたくさんいる世界の実現が目標です。「人の価値とはその人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる」 - アインシュタイン 姉妹サイト「今日の経営」でも記事を書いています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる