ストラテジーの探し方

為替相場制度の選択

為替相場制度の選択
※時間は日本時間での表示になります。
※「注目の経済指標」「注目のイベント」は注目度が高い順に「◎」「○」「無印」で表示しております。
※発表時刻は予告なく変更される場合があります。また、予定一覧は信憑性の高いと思われる情報を元にまとめておりますが、内容の正確性を保証するものではございませんので、事前にご留意くださいますようお願いいたします。

固定為替相場制度 vs. 変動為替相場制度 マクロ金融論2010.

Presentation on theme: "固定為替相場制度 vs. 変動為替相場制度 マクロ金融論2010."— 為替相場制度の選択 Presentation transcript:

1 固定為替相場制度 vs. 変動為替相場制度 マクロ金融論2010

2 世界各国の為替相場制度 ブレトンウッズ体制 1971年8月、ニクソン・ショック(金ドル交換停止) 1973年、主要国が変動為替相場制度へ移行
1978年、キングストン合意(自由に為替相場制度を選択) マクロ金融論2010

3 トリレンマの三角形 自由な 資本移動 通貨統合 カンレシー・ボード 変動相場制 金融政策の 自律性 為替相場の安定 資本管理・為替管理
マクロ金融論2010

4 為替相場制度の分類 自由変動 ソフト・ペッグ 為替相場制度の選択 為替相場制度の選択 ハード・ペッグ 固定為替制度 管理フロート制度 BBCルール カレンシー・ボード 通貨同盟
ドル化 変動為替制度 バスケット・ペッグ ドル・ペッグ マクロ金融論2010

5 両極の解 と 中間的為替制度 両極の解(two corner solutions):自由変動為替相場制度(free float)または厳格な固定為替相場制度(hard peg) 中間的為替制度(soft peg) :伝統的な固定為替相場制度、管理フロート制度 WilliamsonのBBC(Basket, Band, Crawling)ルール マクロ金融論2010

7 中間的制度は消え行く? IMFの分類で中間的為替制度は消え行く。(Fischer(2001), Mussa et al. (2000))
通貨当局は為替相場変動を恐れる。(←外貨建て債務、名目アンカーとして為替相場) アジアはドル本位制(McKinnon(2000)) 。 アジア通貨危機以降、ドルとの連動性が高まっている。 マクロ金融論2010

8 両極の為替制度は通貨危機に耐えられる? 為替相場制度の選択 変動相場制度は、定義上、通貨危機に陥らない。
通貨同盟内において、通貨危機に陥らない。但し、外部の通貨に対し通貨危機の可能性がある。 ドル化経済国と米国と間では、通貨危機に陥らない。但し、「最後の貸し手」としての中央銀行が存在しないので、金融危機が深刻化。 カレンシー・ボードでは、外貨準備でバックアップされている部分については問題ないが、それを超える部分については投機攻撃の対象となる。香港ではダブル・マーケット・プレイによる投機攻撃。 マクロ金融論2010

9 為替相場制度の選択 為替相場制度の選択 両極の為替制度 vs. 中間的為替制度 為替相場の変動性・固定性には、様々なメリット・デメリットによるトレード・オフ関係がある。最適な為替制度が両極(corner solution)にあるとは一概には言えない。 どの為替制度が良いかは、ケース・バイ・ケース。 中間的為替制度より両極の為替制度の方が望ましいという理論的根拠はない。 マクロ金融論2010

10 固定為替相場制度のメリット 為替相場の安定性 インフレ的金融政策の抑制 為替相場制度の選択 金融政策に対する信認 マクロ金融論2010

11 為替相場の安定性(1) 企業が為替リスクに直面している。 企業の利潤 マクロ金融論2010

12 為替相場の安定性(2) 利潤の期待効用( ) マクロ金融論2010

13 為替相場の安定性(3) 利潤の期待効用最大化
⇒生産の限界費用に企業の危険負担費用が上乗せされたものと価格が等しい生産水準で最適化される。生産量が減少する。 マクロ金融論2010

14 インフレ的金融政策の抑制 政府にインフレを発生させる誘引(通貨発行利益、インフレ税)がある。
固定相場制度下において、金融政策の自由度を失うことによってその誘引を抑制する。 為替相場制度の選択 インフレ抑制的な金融政策を行う外国の通貨に自国通貨を固定することによって、自国でインフレ抑制。 マクロ金融論2010

16 金融政策に対する信認 インフレ抑制的な金融政策スタンスをもつ外国の通貨に自国通貨を固定することによって、金融政策の自由度に縛りをかけ、民間経済主体による金融政策に対する信認を高める。(インフレ抑制の名声の輸入) マクロ金融論2010 為替相場制度の選択

17 変動為替相場制度のメリット 国際収支調整の費用 金融政策の自由度 安定的投機 マクロ金融論2010

18 国際収支調整の費用 固定為替相場制度下における国際収支調整の費用=赤字の場合には失業の増大
変動為替相場制度下における国際収支調整の費用=為替相場の調整 マクロ金融論2010

19 金融政策の自由度 変動相場制度下においては、金融政策の自由度が高まる。
外国の金融引締めによって外国利子率が上昇すると、資本が自国から外国へ流出する。自国通貨に対して減価圧力が作用する。 変動相場制度下では、貨幣供給を管理可能。 固定相場制度下では、為替介入によって貨幣供給が減少。自国でも金融引締め。 マクロ金融論2010

23 安定的投機 Friedman:投機の自然淘汰説 ファンダメンタルズを知らない投機家は市場から排除される。
ファンダメンタルズを知らない投機家は市場から排除される。 結果として、ファンダメンタルズを知っている投機家のみが市場に残る。 投機は為替相場をファンダメンタルズに向かって安定化させるように作用する。 マクロ金融論2010

24 投機は本当に安定的か? バブルの発生 情報の不完全性⇒群衆行動 ①美人投票モデル ②名声モデル ③情報の段階的伝達(カスケード)モデル
合理的予想を持つ投機家vs.ノイズ・トレーダ マクロ金融論2010

25 固定為替相場制、カレンシー・ボード、ドル化、通貨同盟
より厳格な固定制のメリット ①制度の信認 ②金利のリスク・プレミアムの軽減 より厳格な固定制のデメリット ①為替相場以外による調整 ②国内の中央銀行(最後の貸し手)の不在 マクロ金融論2010

26 固定為替相場と最適通貨圏 供給ショックの非対称性 生産要素の移動 経済の開放度 財政移転 マクロ金融論2010

27 固定相場制vs.管理フロート制 制度の透明性とアカウンタビリティ 信認⇒ハネムーン効果 介入の効果や制度の維持のための裁量と曖昧さ
マクロ金融論2010

「外国為替相場」を英語に翻訳する

We agree that it remains essential for each country to strengthen the financial system, choose an appropriate foreign exchange rate regime, and liberalise the capital account in a well-sequenced manner.

When a reporter reports a foreign-currency denominated transaction in yen terms When 為替相場制度の選択 a reporter is reporting a foreign-currency denominated transaction in yen terms, the exchange rate used in conversion is stipulated under Article 35 of the Ministerial Ordinance Concerning Reporting of Foreign Exchange Transactions (Reporting Ordinance).Article 35 basically provides two options.First, "transactions shall be converted at the foreign exchange rate that is prevailing on the day of the transaction to be 為替相場制度の選択 reported, or the day or the final business day of the month in which the transaction is executed or settled."

However, the amount of capital subscription to an international financial institution is converted into Japanese yen at the foreign exchange rate prevailing at the time of each subscription.

特集 特集

かんたんにわかる!月刊 経済・為替ダイジェスト8月号

中国ではこれまで米国の利上げに合わせて政策金利を引き上げ、人民元安が進み過ぎないようコントロールしてきました。しかし、6月13日に米国が利上げを行っても、中国人民銀行はこれに追随しませんでした。むしろ中国は、預金準備率を段階的に引き下げるなど、金融緩和バイアスを強めています。 米国が金融引き締めを行うなかで中国が金融緩和を進めれば、米中金利差は縮小し、元安圧力が強まる ことになります( 図表 )。

図表

貿易摩擦の帰趨によって180度変わる中国の通貨政策

現在の中国の金融緩和は、国内景気の減速に歯止めをかけるためのものであり、積極的な元安誘導の意図はないと思われます。ただ、今後の中国の通貨戦略は米中貿易摩擦の帰趨に大きく左右されることでしょう。もし、米中摩擦が中国の対米輸入拡大による貿易黒字の削減という形で 平和的解決に向かうのであれば、中国にとっては元高が国益 となります。しかし、米中摩擦が報復関税の応酬となり、 貿易戦争の様相を強める場合には、中国は元安政策によってその痛みを和らげる ことになるかも知れません。

貿易戦争+通貨戦争=?

トランプ大統領は中国の知的財産権侵害を問題視し、中国からの輸入品に高関税を掛けることを決めました。中国の出方次第では、トランプ大統領は中国からの輸入品の全額に10%~25%の関税を掛けると表明しています。その場合の痛みを為替レートだけで打ち消そうとすれば、11.5%の人民元安が必要になります。その水準は1ドル=7元程度であり、2015年のチャイナ・ショック後の最安値をも下回る元安水準となります。しかし、人民元安は中国にとっては副作用が大きいものです。人民元の先安観から海外への資本流出が加速すれば、元安が進みやすくなるばかりか、中国は金融緩和を続けることができなくなり、国内景気を守ることもままならなくなるでしょう。筆者は、 為替相場制度の選択 為替相場制度の選択 米中貿易摩擦は、輸出依存度が高い中国が譲歩し、貿易拡大の方向で平和的解決に向かう と予想します。また、保護主義は米国に悪性インフレをもたらたし、トランプ大統領の支持率を押し下げる可能性が高いため、政治的な理由からもいずれ落としどころが見つかると考えています。ただ、最悪のケースとして、中国が元安政策をとり、それに対抗して米国もドル安政策をとるようなことがあり得ます。 貿易戦争と通貨戦争が同時に進むような事態となれば、その傍らで強烈な円高が進行 するようなこともないとは言えないでしょう。

相場が急落したらどうする?3つの対処法とは

■ 株式売買および株式売買手数料(国内株)についてのご注意 注文期限は、その他の理由で注文が失効とならない限り、年に関係なく引き継がれます。
NISA口座およびジュニアNISA口座における国内株式(単元未満株除く)の株式売買手数料(NISA・ジュニアNISA)は、2016年受渡分以降、無料です(インターネット売買手数料。単元未満株については有料となりますので上記ページにてご確認ください)。課税未成年者口座における国内株式の株式売買手数料は、証券総合取引口座における手数料コース選択に関係なく、「インターネット株式売買手数料」の「取引毎手数料コース」となります。また、「ウェブサイト」売買手数料が適用されます。

■ 配当金・分配金に関するご注意 NISA口座およびジュニアNISA口座の上場株式の配当金等が非課税扱いとなるのは、証券会社で配当金等を受取る「株式数比例配分方式」を選択されている場合のみです。なお、他の証券会社における配当金受取方式のご選択状況によって、マネックス証券において「株式数比例配分方式」を選択できない場合や、「株式数比例配分方式」以外の方式に変更となる場合があります。この場合、非課税扱いとなりませんので、ご注意ください。

■ 投資信託の分配金が再投資できず分配金受取になる場合があります 分配金の再投資買付は非課税投資枠を使用するため、非課税投資枠非課税投資枠の残りが少ない場合、再投資買付によって非課税投資枠を超過する場合があります。
この場合、当社では分配金再投資コースであっても再投資買付はできず、その勘定年は分配金受取となります(この分配金は非課税扱いです)。課税口座(特定口座・一般口座)で再投資買付されることもありません。勘定年が翌年扱いとなった時点で再投資買付を再開します。
また、投資信託の分配金は、当年に設定されている勘定(NISA/つみたてNISA)と同じ勘定で保有する投資信託の分配金のみ再投資買付が行われます。このため、つみたてNISAを選択した年にはNISA勘定の投資信託の分配金は受取となり、NISAを選択した年には、つみたてNISA勘定の投資信託の分配金は受取となります(この分配金は非課税扱いです)。

  • 外国株の非課税取引は、外国株取引口座画面(および米国株取引口座画面)にてお取引いただけます。
  • 外国株の非課税取引の際は、残り非課税投資枠を充分にご確認の上、ご注文ください。外国株取引にかかる非課税投資枠の更新は国内営業日1日1回のため、所定の優先順位により他商品の非課税取引が発注・約定され、外国株の非課税取引が課税扱いに変更されたり、注文中の注文が失効したりする場合があります。

■ 非課税投資枠の利用についてのご注意 年間の非課税投資枠は、NISAは120万円、つみたてNISAは40万円、ジュニアNISAは80万円までとなります。NISA口座またはジュニアNISA口座にて新規にお買付いただく分が対象となります。他口座や他金融機関から移管することはできません。また、売却しても非課税投資枠は再利用できません。非課税投資枠の残額(未使用分)は翌年以降に繰り越せません。

■ NISA口座およびジュニアNISA口座の損失は損益通算不可・繰越控除不可 NISA口座およびジュニアNISA口座で発生した損失は、特定口座・一般口座で保有する商品の譲渡益や配当金等と損益通算できず、また繰越控除もできません。ただし、ジュニアNISAにおける課税未成年者口座で発生した損失については、損益通算が可能です。

  • 非課税口座(未成年者口座)内上場株式等払出通知書
  • つみたてNISA信託報酬等実額通知書
    為替相場制度の選択
  • <ロールオーバー(翌年の非課税投資枠に移すこと)を行う場合のご注意>
    ・当社が定める日(ウェブサイト等で告知)までに所定の手続書類を提出する必要があります。当該書類の提出がない場合は、課税口座(特定口座。特定口座の開設がない場合は一般口座)へ払い出されます。
    ・翌年の非課税管理勘定に移管される際の時価で非課税投資枠を使用します。移管時の時価がNISAの非課税投資枠(120万円)を超える場合でも、ロールオーバーは可能です。
  • <課税口座へ払出しを行う場合(ロールオーバーしない場合)のご注意>
    ・原則、特定口座(特定口座を開設していない場合は一般口座)へ払い出されます。特定口座を開設しているお客様が一般口座への移管を希望される場合は、所定の手続きが必要です。
  • ロールオーバー不可
    つみたてNISAは、NISAと異なり非課税期間終了後に次の非課税期間の非課税投資枠を使用すること(ロールオーバー)はできません。つみたてNISAの非課税期間である20年を経過した後はNISA口座から特定口座もしくは一般口座に払い出され、以降は課税扱いとなります。
  • 信託報酬等の概算値の通知について
    つみたてNISAに係る積立契約(累積投資契約)により買付けた投資信託については、原則として年1回、信託報酬等の概算値が通知されます。
  • 基準経過日における氏名・住所の確認について
    基準経過日(つみたてNISAにかかる積立契約(累積投資契約)により初めて投資信託を買付けた日から10年を経過した日および同日の翌日以後5年を経過した日ごとの日をいいます)において、つみたてNISA利用者の氏名・住所を確認いたします。なお、基準経過日から1年を経過する日までに当該確認ができない場合には、つみたてNISAにかかる新たな買付(再投資含む)はできません。
  • 18歳までの払出し制限
    その年の3月31日において18歳である年の前年12月31日までは原則としてジュニアNISA口座および課税未成年者口座からの払出しはできません。契約不履行等事由による払出しがあった場合は、ジュニアNISA口座および課税未成年者口座が廃止され、また過去分についても非課税の取扱いがなかったものとみなされ、さかのぼって課税されます。なお、2024年1 月1 日以降は、口座開設者が18歳に達していない年であっても、課税なしで払出すことができます。ただしその場合は、ジュニアNISA口座、課税未成年者口座で保有する商品すべてを払出す必要があり、払出し後、これらの口座は廃止されます。
  • 払出しの権限を有する者、成人になるまでの払出しの手続き
    ジュニアNISA口座および課税未成年者口座内の資産は口座開設者本人に帰属します。そのため、払出しは口座開設者本人またはその法定代理人に限り行うことができます。
    また、口座開設者本人が成人になるまでの払出しは、原則として口座開設者本人の同意が必要となります。そのため、口座開設者本人の同意、または口座開設者本人のために使われることを確認いたします。なお、払出しを行った資金を口座開設者本人以外の者が費消等した場合は、贈与税等の課税上の問題が生じる可能性があります。
  • ご資金の帰属について
    ジュニアNISA口座および課税未成年者口座にてお預りする資金は、他の口座同様、口座開設者本人に帰属する資金に限ります。口座開設者本人以外が資金を拠出する場合、当該資金は口座開設者本人に贈与済みの資金であり、口座開設者本人に帰属します。資金の帰属が異なる場合、所得税・贈与税等の課税上の問題が生じる可能性があります。
  • 課税未成年者口座における特定口座の取扱いについて
    課税未成年者口座は、「特定口座」または「一般口座」のお取引となります。ただし、ジュニアNISA基準年(3月31日時点で18歳となる年)以降は、当社では、「一般口座」のお取引に限らせていただきます。証券総合取引口座では、「特定口座」でお取引いただけます。

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

マネックス証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

当サイトは、株式会社新生銀行が同行の金融商品仲介をご利用のお客様へ勧誘する際に使用されることがあります。
株式会社新生銀行 登録金融機関:関東財務局長(登金)第10号 加入協会:日本証券業協会・一般社団法人 金融先物取引業協会

FX/為替「ドル円、上値余地拡大」 外為トゥデイ 2022年6月1日号

外為トゥデイ

期間:5月31日(火)午前6時10分~6月1日(水)午前5時55分 ※チャートは30分足(日本時間表示) 出所:外為どっとコム

(1):中国PMI 景況改善・悪化の分岐点下回る

(2):ユーロ圏消費者物価 過去最高の伸び率

(3):米経済指標 まちまちな結果

(4):米消費者信頼感 予想ほど低下せず

(5):異例の会合 米インフレ情勢について協議

31日(火)の株・債券・商品市場

外為注文情報

【情報提供:外為どっとコム】

  • ※ 「外為注文情報」とは、外為どっとコムの『外貨ネクストネオ』でお取引をされているお客さまの指値やストップ注文の状況を確認できるツールのことを指します。
  • ※また、高機能チャート(無料)では「取引分析」 を選択することで、チャート上に注文情報の表示が可能です。
  • ※ 為替相場制度の選択 尚、この外為注文情報は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

本日の見通し

ドル/円の見通し:2週間ぶりの129円台回復となるか

注目の経済指標

注目のイベント

※時間は日本時間での表示になります。
※「注目の経済指標」「注目のイベント」は注目度が高い順に「◎」「○」「無印」で表示しております。
※発表時刻は予告なく変更される場合があります。また、予定一覧は信憑性の高いと思われる情報を元にまとめておりますが、内容の正確性を保証するものではございませんので、事前にご留意くださいますようお願いいたします。

f:id:gaitamesk:20191106165135p:plain

株式会社外為どっとコム総合研究所 取締役 調査部長 上席研究員

為替ニュース/コラム

通貨オプション ボラティリティー ドル円1週間物10%前後

三菱UFJ銀 ドル円 公表仲値 129.83

要人発言 06/03(金) 07:21

要人発言 06/03(金) 02:37

要人発言 06/02(木) 23:39

要人発言 06/02(木) 16:26

要人発言 06/02(木) 15:28

要人発言 06/02(木) 14:59

要人発言 06/02(木) 07:21

要人発言 06/02(木) 02:45

要人発言 06/02(木) 00:57

経済指標 06/03(金) 08:10

経済指標 06/03(金) 07:為替相場制度の選択 50

経済指標 06/03(金) 07:20

経済指標 06/02(木) 23:11

経済指標 06/02(木) 23:10

経済指標 06/02(木) 21:41

経済指標 06/02(木) 21:40

経済指標 06/02(木) 21:40

経済指標 06/02(木) 21:40

アジア株 中国香港は休場 豪州韓国は上昇、米株高や中国景気回復期待で

米株価指数先物 時間外取引 小動き、ダウは25ドル高

NY原油 時間外取引 やや調整売り

FX/為替「米賃金上昇加速ならドル高再開へ」 外為トゥデイ 2022年6月3日号

マネ育チャンネル 06/03(金) 09:00

FX/為替「ドル/円、20年ぶり高値が射程圏に」 外為トゥデイ 2022年6月2日号

マネ育チャンネル 06/02(木) 09:19

FX/為替「ドル円、上値余地拡大」 外為トゥデイ 2022年6月1日号

マネ育チャンネル 06/01(水) 09:17

FX/為替「128円台回復の目 中国と米国の景況感がカギに」 外為トゥデイ 2022年5月31日号

マネ育チャンネル 05/31(火) 09:16

マネ育チャンネル 05/30(月) 15:38

FX/為替「ドル/円、米祝日で動意欠く展開に」 外為トゥデイ 2022年5月30日号

マネ育チャンネル 05/30(月) 09:31

FX/為替「月末接近、米3連休前でレンジ継続」 外為トゥデイ 2022年5月27日号

マネ育チャンネル 05/27(金) 09:為替相場制度の選択 10

FX/為替「ドル/円 126円台に下値支持、128円台に上値抵抗」 外為トゥデイ 2022年5月26日号

マネ育チャンネル 05/26(木) 09:46

FX/為替「ドル/円、126円台で底値を探る」 外為トゥデイ 2022年5月25日号

マネ育チャンネル 05/25(水) 09:49

ドル円は129円台後半 株高・円安がサポート 明日は米雇用統計=NY為替概況

今日の為替 06/03(金) 05:57

今日の為替 06/02(木) 20:25

今日の為替 06/02(木) 15:07

今日の為替 06/02(木) 05:58

今日の為替 06/01(水) 20:39

今日の為替 06/01(水) 15:22

今日の為替 06/01(水) 05:57

今日の為替 05/31(火) 20:20

今日の為替 為替相場制度の選択 05/31(火) 15:11

注目ニュース

要人発言 06/03(金) 07:為替相場制度の選択 21

経済指標 06/03(金) 07:20

ドル円は129円台後半 株高・円安がサポート 明日は米雇用統計=NY為替概況

今日の為替 06/03(金) 05:57

今日の為替 06/02(木) 20:25

新着ニュース

通貨オプション ボラティリティー ドル円1週間物10%前後

アジア株 中国香港は休場 豪州韓国は上昇、米株高や中国景気回復期待で

NY原油 時間外取引 やや調整売り

外貨ex byGMO
取引アプリが使いやすい

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow 為替相場制度の選択 Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる