FX基本用語

FXで教育費を作る

FXで教育費を作る

ジュニアNISAと未成年証券口座の違いとは?子どもの将来に役立つ資金づくり!

2020年に会社Aの株価が1株100円とすると、80万円で8,000株買うことができます。購入した年から5年目の2024年に、会社Aの株価が1株200円になった時点ですべての株を売ると、200円×8,FXで教育費を作る 000株=160万円で売ることができます。元々80万円で買った株なので、得られた利益は160万円-80万円=80万円となり、これを譲渡益と言います。本来であればこの譲渡益80万円に20.315%である16万2,520円の税金が課せられ、実際に受け取れる金額は63万7,480円なのですが、ジュニアNISAでは 5年間非課税で売買できる ので、5年目に売ったこの場合では 80万円をそのまま受け取ることができます。

ジュニアNISAの非課税枠メリット2:配当金

また、株というのは会社に出資することなので、会社は出た利益を株主に分配します。これが「配当金」です。譲渡益が実際に売買しないと利益が確定しないのに比べ、この配当金は株を 保有しているだけで利益が発生する のが特徴です。例えば、先ほどの会社Aの株を5年間保有し続け、その間毎年10万円の配当を受け取ったとします。本来であればこの配当金にも20.315%、つまり2万3150円の税金がかかりますが、ジュニアNISAではこの 配当金にかかる税金も非課税 になるので、毎年10万円そのまま自分の利益になるのです。

このように、ジュニアNISAでは株をはじめ投資によって出た譲渡益と分配金・配当金の利益がそのまま受け取れるので、一般の証券口座で取引するよりも 効率的に資産を形成 することができます。

ジュニアNISAはどのように利用できるか

ジュニアNISAも口座開設者は未成年者です。ですので、運用を行うのは親または祖父母の二親等以内の親族です。また、ジュニアNISAは中長期にわたる投資のための制度で、子どもや孫の将来に向けた資産形成が主な目的であるため、原則として子どもが18歳になるまで払い出しができません。つまり、教育資金の中でも特に 大学進学のためのお金を貯める のに適した制度といえるでしょう。

教育資金を増やす手段としての未成年口座

子どもの教育費はいくら必要か

・表1.学校種別・公立私立別の1年間の学習費総額

FXで教育費を作る
幼稚園 公立 22万3,647円
私立 52万7,916円
小学校 公立 32万1,281円
私立 159万8,691円
中学校 公立 48万8,397円
私立 140万6,433円
高校(全日制) 公立 45万7,380円
私立 96万9,911円
大学 国立 64万2,500円
公立 66万1,300円
私立 136万9,000円

教育資金をどのように準備するか

教育資金を準備する手段としての未成年口座

未成年口座とは、「未成年の未婚者」を対象とした証券口座です。 0歳から口座開設ができるので、子どもが生まれた時から口座を開設し、その口座で子どものための資産形成を行うのにぴったりですし、2人以上子どもができた時も、子どもごとにお金を管理することができます。 口座の名義は子どもですが、あくまでも未成年の財産を親が管理するための口座なので、資産の運用は一定の年齢になるまでは親が行います。

未成年者における口座開設の条件

未成年者が口座を開設するにはいくつかの条件があります。 FXで教育費を作る まず、未成年口座を開設できるのは「満20歳未満の未婚者」です。 20歳未満でも結婚していれば成人として扱われますし、口座開設時点で結婚していなくても結婚歴があれば未婚とはみなされません。もし条件を満たさない場合は一般の証券口座に口座を開設したり資産を移したりすることになります。

ジュニアNISAの注意点

ジュニアNISAの注意点1:口座開設

ジュニアNISAの注意点2:非課税投資枠

ジュニアNISAの注意点3:払い出し

ジュニアNISAの注意点4:損益通算

ジュニアNISAの非課税期間である5年が終わるとどうなるのか

・ケース1.子どもが18歳を超えたら非課税期間内に売却する
最もわかりやすいのが、非課税期間5年間の間に子どもが18歳を超えたら、その時点で売却してしまうパターンです。利益に対して税金はかかりませんし、18歳まで引き出せないという制限もなくなっているので、すぐ受け取ることができます。

・ケース2.制限期間中に非課税期間で売却する
まだ子どもが18歳になっていない段階で、非課税期間のうちに売ることもできます。例えば2020年に80万円で買った金融商品が2021年に100万円になった場合、2021年時点で売却すれば利益20万円を非課税で受け取れます。ただし、この売却した100万円のお金は「払い出し制限付き課税口座」に移されます。

・ケース3.ジュニアNISA制度期間内に子どもが20歳になる場合
5年間の非課税期間で売るタイミングがなかった場合はどうなるでしょうか。必ず5年以内に売らないと税金がかかるわけではありません。まず、子どもが20歳になると自動的にNISA口座が開設されます。よって、もし2020年に買った金融商品を2024年まで売らずに持っており、まだ売りたくない場合、NISA口座にその資産を移すことができます。この移し替え可能な金額に上限はありません。

・ケース4.子どもが20歳になる前にジュニアNISA制度が終了してしまう場合
2020年にジュニアNISAに投資した時点で子どもが0歳の場合はどうでしょうか。5年目の2024年にはジュニアNISA制度は終わっているので新たに投資ができませんし、20歳になっていないのでNISA口座も開設されていません。このように移し替え先がなくなった場合にお金を管理するのが「継続管理勘定」です。この継続管理勘定では、子どもが20歳になるまで非課税のまま継続して保有できます。また、好きなタイミングで売却することもできますが、この売却したお金は「払出し制限付き課税口座」に移されます。

“教育費ってどうつくる?どう考えたらいい?”tsumiki証券×コモンズ投信 セミナー開催!!

早期教育熱の高まりや少子化によって、お子さま一人当たりの教育費は上昇傾向が続いています。そのため、教育費の準備は、早くから計画的に備えることが大切です。
今回のセミナーでは、教育資金づくりについて具体的な内容や、トークセッションを通じて実際に子育て中の講師がどのように運用しているかについて、また、コモンズ投信がお子さまにどんな金融教育を行っていくことが望ましいと考えているのかをお話しします。
当日はお子さま連れでのご参加も可能です。
親御さんと離れることができるお子さま向けには、工作やお金について楽しく学べるセミナーなどのコンテンツをご用意しております(セミナー同会場内となります)。
ぜひ、お気軽にご参加ください!

■イベントの概要
開催日 : 2019年11月2日(土)
開催場所 : 丸井グループ本社 2F WORK LOUNGE「tamaru」
東京都中野区中野4-3-2(中野駅北口徒歩5分)
時間 : FXで教育費を作る 13:30~15:30(受付開始13:00)
参加費 : 無料
備考 : お子さま連れでのご参加も可能です

■当日のタイムスケジュール
13:00 受付開始
13:30 今からはじめたい、教育資金づくりと金融教育
14:20 休憩
14:30 トークセッション
~子育てに係るお金、教育費、実際どうしてる?!~
15:00 tsumiki証券のサービス説明
15:10 質問/個別相談も可
15:30 終了
※本セミナーでは当社サービスおよび取扱商品を紹介させていただきます

■講師
・「今からはじめたい、教育資金づくりと金融教育」
福本美帆(みぽりん)
大手証券会社にて営業や投資情報部などを経験し、2014年7月よりコモンズ投信。2019年より取締役。お客さま向けレポートの作成や、初心者向け、パパママ向けセミナーの講師などを担当。結婚歴14年。12歳、9歳、6歳の男子の母。

・トークセッション「~子育てに係るお金、教育費、実際どうしてる?!~」
馬越裕子(ゆーこさん)
テレビ番組制作出身。海外での環境問題の番組取材に多く携わる。2005年より専業主婦。2008年よりコモンズ投信コールセンターに勤務(パートタイム)後、現在寄付のしくみSEEDCap&POINTやこどもトラストセミナーをプロデュース。結婚歴21年。21歳、17歳の男子の母。

■ 資産づくりがはじめての方でもあんしんなtsumiki証券
tsumiki証券は、資産づくりがはじめての方でもあんしんな“つみたて投資”専門の証券会社です。
エポスカードで、投資信託を毎月3,000円から自動でつみたてられるサービスを提供し、お客さまの長期の資産づくりを応援しています。
シンプルで分かりやすいWebサービスを軸に、マルイ店頭での投資はじめてさん向けセミナーやご相談窓口(有楽町マルイ「tsumikiのサポート」)などを通じて、Webだけでは完結しない、お客さまのお困りの解決や学びの場をご提供しています。
2018年8月のサービス開始以降、お申込みの約7割が「資産形成がはじめて」のお客さまとなっており(2019年3月末時点)、資産形成はじめてさんからもご支持をいただいています。

お金に関するお悩みなら教えて! お金の先生 専門家に無料で相談

子供の貯金、子供が3人いたら3人分の口座を作った方がいいでしょうか?長男名義で一つだけにしようかと思いましたが、もし自分が死んだらとか、兄弟仲が悪かったら…等何があるか分からないので

ベストアンサーに選ばれた回答

小遣いやお年玉など、本当に子供に使わせるための貯金で親が手を付けないなら子供名義で、将来の教育費なら親名義がいいと思います。 FXで教育費を作る

前の回答にあるように、教育費はきっちり等分にかかるとは限らないので、親が判断して振り分けなければならないこともあるでしょう。
たとえば長女は公立校、長男は私立なら長女の学費が安くなった分長女に現金で渡しますか?そうはしないでしょう。これが子供名義なら学費が安い子供の貯金だけ多く残ってしまいますね。

家系にゆとりがあって余った分を使う必要が全くないなら子供名義の貯金を子供に渡すことも考えられますが、普通は家計全体でやりくりするものです。その場合は名義を別にしてもあまり意味がないと思いますが。

財産分与のためならきっちり別名義にした方がいいです。ただし、生活費ではない高額の預貯金を渡すと贈与税や相続税の対象になりますから気を付けて。

特典やキャンペーンがあるカードローン

借入最短ランキングTOP3

お金に関する悩みや疑問をキーワードから探す

その他の回答

小さい間は一つでいいんじゃないかなあ。
うちは小学生になるぐらいで適当に
作りはじめました。
(ちょうどお祝いで子供のはんこをもらったので)
一番下はまだ幼稚園なのでお祝いなどは封筒に入れて
保管しています。

大学費用は別です。
通帳はそれぞれ2冊作り1冊は子供の使える貯金。
もう一冊は教育関係で使っています。

知恵ついたらもめるかも~
それは悲しいので別々が無難かな。
でも一番下はお祝いとか減るのよね
(親戚などがお年寄りになったりで)

うちは子供の名義で作ってあります。
そもそも、その口座の目的が各家庭によって違うと思うので
そのへんによって回答が変わってくると思いますよ。
我が家は
『必要最低限の教育資金は家計で毎月管理、 FXで教育費を作る
お祝いを兼ねた、金額を気にさせたくない出費に備えが「子供名義の口座」で管理』です。

うちの場合は、
子供に向けた臨時収入を管理するのが、子供名義の口座です。
あげる分のお年玉は家計から出しますが、
もらう分のお年玉は子供の口座に入れるようにしています。
また、お祝いのお金なんかも子供の口座にです。
で、子供が大学生になるタイミングで
そのまま渡そうと思っています。
それで入学準備(洋服や、場合によっては家具家電など)を
金額を気にせず
自分の好みをしっかり反映させて買ってあげられるかなと。


教育資金は別途で準備しています。
学資保険でベースを整えて、
プラスアルファで別途「家族の将来の貯蓄」的なもので貯蓄してます。
これは毎月家計から管理しているものなので、
子供の口座は関係ないです。
少し前まで家計から子供の口座に1万程
毎月入れていた時期もありましたが、 FXで教育費を作る
金銭的に余裕がなくなってきたので、
「家族の将来の貯蓄」と合算して管理するようにしました。
余裕が出てくればまた定額で子供名義の口座に入金するだろうけど…
なかなか。

〇子供の貯金、子供が3人いたら3人分の口座を作った方がいいでしょうか?
→我が家は子供の分は個人ごとに作成して管理していました。
高校生くらいでそのまま通帳をバトンタッチしてあげました。
今もそのまま使っているようでした。

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

しています。子供2人が生まれてすぐに子供名義で口座を作り、いただいたお祝いを入れ、月に1万円ずつ貯金を始めました。 夫の給料が上がり、家計に余裕ができた時に2万円にし、今は月に3万円ずつ貯金しています。大学用の学費にと考えています。 学資保険200万と合わせて、大学入学時に750万位貯まる予定ですが、子供が行きたい学部はとても学費が高く、足りないようなので、なんとかしなくてはと思っていますが、今はすでに学費や塾代が膨大にかかり、なかなか難しい状況です。

子供(もう大学生ですが…)名義は生まれてから今までお年玉でもらった分と出産、入学、成人式などでもらったお祝い金で二人とも200万円ぐらいです。 教育費はボーナスで、一人暮らしの生活費は毎月の給料から出しています。 その為今は毎月赤字ですが、ボーナスで補填できてますので…。 子供二人が大学に行くまでは毎月主人名義で貯金出来てましたし、来春一人卒業なので貯金再開できそうです。 大学までは親の務めだと思い、卒業したら自分で生活してもらいます。 子供にお金残すつもりもないので(先の通帳以外)、これからは夫婦二人の老後の為に貯めます。

子供名義の貯蓄はしていません。 学資保険も掛けていません。 教育費は家の貯蓄と一緒です。 FXで教育費を作る 家計の考え方はいろいろだと思いますが、 我が家は、家に借金があるのに、 10年以上先に使うであろう教育費を貯めるのは損だと考えています。 FXで教育費を作る 例えば、住宅ローンに年間100万円かかっているのに、 教育費を年間50万円貯めている場合、 ウチだったら、その50万円を住宅ローンの繰り上げ返済に充て、 金利を少しでも減らして将来の貯蓄を増やす。という意味です。 あと、お金に名前を付けない方が、臨機応変に色んな出費に対応できるので、 あえて子供名義や学資保険として教育費を貯めていません。 我が家には子供が2人(小2、年長)いますが、 子供たちが中学生になる前に大学資金を2,000万円(1,000万円×2人分)貯めて、 夫名義の定期預金にする計画です。 昨年、住宅ローンを完済したので、現在は大学資金となる貯蓄を着々と進行中です。 また、高校卒業までの教育費は、その時の生活費でまかなう予定です。

子供の分として、自分名義の通帳に預金しています。 学費などは出しますが、そこまでです。 子供にお金を残す考えはありません。

ここの回答見てても、二通りありません? 「子ども名義の預金」の使い道。 一つは、子どもに将来かかる教育費として、貯めてるっていう人。つまり、それって確かに子どものためのお金だけど、子どもは自由に使えない、親が使うためのものじゃないのかな? もう一つは、将来子どもにあげる=子どもが自分で使えるお金で、学費とかは別に考えるケース。親が貯めていくというより、いただいたものを預かってる感じですね。 うちは後者で、お年玉やお祝い金などを貯めていて、将来一人暮らしをするときにそのまま子にあげるお金です。 ですので、質問に答えるならば、教育費は家の預金と一緒、「親が管理して親が子のために使うもの」だからです。 うーん、非難してる人がいるけど、子のためとはいえ、どうせ親が使うんだから家の預金と一緒でもいいんじゃないの?むしろ、子にはあげない(使わせない)のに、子の名義にするってそれもよくわかりません。

子供名義で貯金しています。 FXで教育費を作る お祝いやお年玉でいただいたお金と毎月のお小遣い、ボーナス時の分け前など・・・ 今、1歳9ヶ月ですが、結構持っていますよ、うちの娘さんは、 まあ、管理は親がしていますんで、用途は未定です。 娘が、進学するにあたり、わたしたちが持っている別のお金で賄えるのならば、そのお金には手をつけずに済ませたいと思いますし、ダメならそのお金で賄います。 理想としては、娘が独立(結婚かな?)するときにポンっと全額渡してあげたいです。

FXで教育費を作る

人生にはどのくらいのお金が必要?

ひとつの目安として将来、結婚し、子育てや住宅購入も行い、そして夫婦で老後を迎えるというライフプランを想定した場合、 その費用は2億円ほど必要 FXで教育費を作る だと考えられています。

「共働きで収入に不安もないから」と考えていても、人生で必要な額は人それぞれですし、人生にはまとまった金額が必要となる時期があります。
人生の3大資金」といわれる 住宅・教育・老後の資金を中心としてライフプラン を立ててみてはいかがでしょうか。

ライフプランを作ろう

(1)ライフイベントの予算

(2)年ごとに予算の合計額を書き込む

(3)貯蓄計画のためにコントロールすべきこと

ライフイベントや3大資金はどのくらい必要なのか

人生に必要な資金には、明確に必要な時期があります。
そして、とくに「 人生の3大資金 」と言われる「 住宅資金 」「 教育資金 」「 老後資金 」は資金づくりプランを描き、早い時期から長期間かけて計画的に資金を準備しておくことが重要です。

● マイホーム購入費用(平均値)

住宅種別購入費用自己資金
(購入費用×自己資金比率)
住宅種別購入費用自己資金
(購入費用×自己資金比率)
注文住宅(土地購入)4,606万円1,197万円
建て替え3,055万円960万円
分譲戸建住宅3,826万円971万円
中古戸建住宅2,894万円1,140万円
分譲マンション4,639万円1,591万円
中古マンション2,263万円977万円
※注文住宅の調査地域は全国、その他住宅は三大都市圏での調査

上記表のように 自己資金として1,000万円前後の準備が一つの目安 だといえるでしょう。
また賃貸物件への居住のみで計画している場合は老後を含めて住宅費が必要となります。
老後生活における住宅費を見積もる必要があります。

(2)子供の教育資金

● 入学先別初年度納付金(平均額)

FXで教育費を作る
国公立大学私立大(文系)私立大(理系)
入学費用77.0万円95.1万円94.2万円
初年度在学費用115.0万円152.1万円192.2万円
合計192.0万円247.2万円286.4万円

上表を見ると、 子どもが18歳になるまでには200万円から300万円の資金が必要 になることが分かります。
大学入試では複数の合格先に入学金を支払い、一人暮らしをするなら物件費用や生活用品も必要となるため、純粋な学費だけでは不足してしまいます。

しかも子育て中は幼小中高の学費や通塾費、部活費用、通信費なども必要です。
教育費は子ども1人当たり1,000万円 といわれています。
高校、大学で留学するケースもあるでしょう。
子育て時期と住宅ローン返済時期が重なると毎月の貯蓄が非常に難しくなります。
できるだけ早くから貯め続けることが重要だといえます。

(3)老後資金

● 老後の生活費の平均値

高齢単身無職世帯の実収入単身世帯の生活費(平均値)収入-生活費(不足)
126,500円月平均額:150,533円

・税/社会保険料等 11,910円
・食費 35,477円
・住居費 13,110円
・水道光熱費 12,973円
・保険医療 8,469円
毎月 ▲24,000円

年金額や退職金の額について

老後の主な収入源となる年金額については、現役時代の給与や勤続年数により年金加入状況が異なるため個人差が大きくなります。
とくに 自営業で国民年金中心の加入だった場合、年金額は満額でも月6万5千円(年額78万円) となります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる