安定した取引システム

オルタナティブ投資とは

オルタナティブ投資とは
オルタナティブ投資は、 オルタナティブ投資とは 長期的運営 ができ、資産の分散を希望する人にこそ最も向いています。分散投資を行なえる資産を有していれば、リスクヘッジ、リターン向上を狙うためにオルタナティブ投資は 非常に有効 です。

オルタナティブ投資

「カタカナ言葉の使いすぎは要注意なんだ」と言うのは、広告代理店に勤める友人だ。「新開発のハイブリッドエンジンを搭載」、「最新のクラウド技術を採用」といった具合に、新商品の宣伝にはカタカナ言葉が踊ることになる。聞き慣れないカタカナ言葉が並べられることで「すごい!」と購買意欲を高める一方で、「よく分からない…」と、高齢者などからは敬遠されるという。
同じことがオルタナティブ投資にも当てはまるだろう。オルタナティブ(alternative)は、「代替」「もうひとつの」という意味で、新しい可能性を求めて、既成の概念を超えたものに付けられる言葉。太陽光発電などを示す「オルタナティブエネルギー」、現行の教育制度の欠点を補う「オルタナティブ教育」など様々な分野に登場するが、「オルタナティブ投資」もその一つだ。
既存の投資手法に代わって、最先端の投資手法を積極的に取り入れ、より大きな利益を上げようとするのがオルタナティブ投資。株式や債券などを購入して、値上がり益や配当、利息などを得ようとする一般的な投資方法は、市場全体が下降局面にある場合などでは十分な利益を得られない。
そこで、オルタナティブ投資の出番となる。オルタナティブ投資は、既存の投資の「代替手段」として、その欠点を補おうとする先端的な投資の総称である。先物取引やデリバティブなどの高度な金融取引、不動産や商品(コモディティー)、さらには企業買収やベンチャー企業への投資など、多種多様な投資によって利益を上げようと狙っている。
オルタナティブ投資を活用しているのが ヘッジファンド だ。顧客から巨額のお金を預かって運用しているヘッジファンドは、厳しい顧客の要求に応えられるように、オルタナティブ投資に力を入れている。一部の証券会社や投資銀行、企業の年金資金などを預かって運用する投資顧問会社などでも、オルタナティブ投資を強調することで、顧客を集めている。どんな市場環境でも利益を生み出す「魔法のつえ」が、オルタナティブ投資というわけだ。
しかし、オルタナティブ投資は、元手の数十倍、数百倍の取引が可能となるレバレッジ取引が含まれるなど、「ハイリスク・ハイリターン」の投資だ。したがって、大きな利益が期待できる一方で、裏目に出れば通常では考えられない巨額の損失を出すことになる。
その一例が AIJ投資顧問 だ。オルタナティブ投資によって、下げ相場でも利益を出しているなどと言って顧客を勧誘してきたAIJだが、実際には、2000億円以上の損失をする事態となった。既成の投資では考えられない損失は、リスクの高いオルタナティブ投資にのめり込んで行った結果なのである。
こうしたことから、オルタナティブ投資と聞くと、「よく分からないけどすごいらしい…」とうのみにする人がいる一方で、「カタカナ言葉は信用できない。悪魔の道具だ!」といった拒否反応を生み出すことにもなっているのだ。
オルタナティブ投資は、利益を生み出す「魔法のつえ」でもなければ、巨額損失をもたらす「悪魔の道具」でもない。カタカナ言葉に惑わされることなく、冷静にその実態を把握することが大切なのである。

いまさら聞けない!株・債券に代わる「オルタナティブ投資」とは? 個人投資家の新しい投資オプションとして注目

Copyright © 2016 投信1 [トウシンワン] 1からはじめる初心者にやさしい投資信託入門サイト All rights reserved.

最近のブログ

ソーシャルレンディングとは?メリット・デメリットと具体的な投資方法をご紹介

分散投資のマジックナンバーは「30」

「Not fall in love」でファンドの全張りをお願い致します

投資管理部長ブログ:【円建て】マイクロローン事業者ファンドについて

新興国通貨も分散投資をお願い致します

まずは無料で登録して
世界への投資を始めてみませんか?

お客様専用お問い合わせ窓口

03-6268-9203

ファンドの手数料およびリスクについて

ご出資いただく際の販売手数料はいただいておりません。 なお、出資金に対して、年率換算で最大4.0%の運用手数料を運用開始時に(又は運用開始時及び2年度目以降毎年度に)いただきます 。また、為替手数料その他の費用をご負担いただく場合があります。

ドキュメント

クラウドクレジット公式メディア

東京都中央区日本橋茅場町1-8-1 茅場町一丁目平和ビル802
お問い合わせ窓口:03-6268-9203(土日、祝祭日を除く平日11:00 ~ 15:00)

当社が加入する(社)第二種金融商品取引業協会を通じて契約する金融商品取引業務にかかる指定紛争解決機関:
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館 / 電話番号:0120-64-5005

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる