投資徹底攻略

外国為替特別会計

外国為替特別会計

相場展望6月6日 米インフレ退治で『景気後退のハードランディング』懸念 中国・習体制3期目の行方に注目、李首相の評価上昇

1)6/2、NYダウ+435ドル高、33,248ドル(日経新聞より抜粋)
・米雇用統計6/2発表が市場予想を下回り、米連邦制度理事会(FRB)が積極的に引締めるとの懸念がやや和らぎ、マイクロソフトが上昇に転じたのも投資家心理を改善した。
・米民間雇用サービス会社ADPの5月非農業部門雇用者数が12.8万人増にとどまり、FRBのタカ派姿勢の後退を見込んだ買いが入った、という。
・米長期金利の上昇が頭打ちになったことと相まってハイテク株の買いを誘い、セールスフォース+7%高、アップルも高い。
・利上げが景気を冷やすとの見方が弱まり、景気敏感株も買われ、ボーイング・ハネウェル、消費関連のホームデポ・ビザも買われた。

2)6/3、NYダウ▲348ドル安、32,899ドル(日経新聞より抜粋)
・米5月雇用統計で雇用者数の増加幅が市場予想を上回り、米連邦制度理事会(FRB)による積極的な金融引締めへの警戒感が広がり、NYダウは一時▲400ドル下げた。
・雇用統計では非農業部門の雇用者数が+39万人増え、4月43.6万人からは減速したが市場予想32.8万人は上回った。平均時給は前年比+5.2%増と市場予想と一致したものの高い伸びが続き、FRBがインフレ抑制のために秋以降も利上げを続けるとの見方が強まった。
・米長期金利が一時2.98%に上昇し、ハイテクなど高PER銘柄に割高感が意識された。
・週末を前に持ち高を整理する目的の売りも出やすかった。
・米原油先物相場が120ドル台に上昇し、米景気や消費を冷やすとの懸念も意識された。

インフレ退治で『景気後退へのハードランディング』の可能性大
米株式相場は、『楽観的過ぎる』⇒『過剰マネー相場終焉』の影響を受ける
1)米インフレの米5月雇用統計、就業者+39万人増と、6月利上げは+0.5%に追い風となり警戒強まる。ところが、米株式市場には『楽観的過ぎる』市場関係者が多くいる。彼らは、FRBが9月には小幅な+0.25%と利上げペースを決定し、金融引締め緩和の可能性があると指摘する。しかし、米インフレの前月比の伸び率は鈍化しても、高水準圏が続くと予想されるため、9月の利上げ幅は「+0.外国為替特別会計 5%」と異例の3回連続の大幅となる可能性が高いと見ている。なお、一部の市場参加者からは、米国経済は想定よりも悪化すると警戒の声がある。

2)米労働省6/3発表の5月雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比+39.0万人増と市場予想を上回る伸びとなった。また、失業率は3.6%で、3カ月連続と好調な労働環境を反映している。したがって、6・7月の利上げは+0.5%と、FRBは積極的な利上げを進めるとみたれる。インフレ率の低下は期待できないと思われ、9月の利上げも「+0.5%」と見る。その要因は、
(1)労働需要が依然として逼迫感の強い水準が続き、平均時給の伸びは高い。平均時給の伸び:5月は前月比+0.3%上昇、前年比+5.2%。前月比の伸びは鈍化したものの、前年比は依然として高く賃金インフレが続く。
(2)原油価格が120ドル近辺に再騰、さらに米ガソリンは夏期休暇の需要期を迎え、高水準が続いている。
(3)小麦等の農産物価格は、ロシアの侵攻でウクライナからの輸出困難に加え、ロシア・インドなどの輸出国の輸出禁止などで高止まりが続く。
(4)米国の家賃上昇は始まったばかりで、本格的な上昇はこれから。家賃上昇改定は、米住宅価格上昇後の1年~1年半後から現れるため。

3)米経済は、高成長からソフトランディングを予想する株式市場関係者の期待の声があるが、現状を見るとハードランディングにならざるを得ないと思われる。今回の米インフレを招いた要因は、2つある。
(1)FRBによる超金融緩和策を起因とした、『過剰マネー相場』と「資産インフレ」
(2)バイデン政権による2021年春の大盤振る舞いの『超膨張予算』と「過剰消費」。FRBとバイデン政権が、米インフレを起こした要因は我々にあると反省しない限り、インフレ退治のソフトランディングはできないと見る。彼らは反省しないと思われるので、『ハードランディング』となる可能性が大と見る。よって、米インフレ抑制のためには『景気後退』が濃厚と思われる。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる