ビットコインの始め方

誰でも分かるトレンドの終わりを見つける方法

誰でも分かるトレンドの終わりを見つける方法
これも、いわゆるビジュアルデザインの変更ではなく、ユーザの「?」を真摯にとらえ、「要素を減らす」というUI改善により成果が出た事例です。

「トレンド」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

トレンドはバブル時代には「トレンディー」(またはトレンディ)として、”流行の先端”や”最新ファッション”などもてはやされる言葉として流行しましたが、現在はトレンドだけが使われ、「トレンディー」はまったく見聞きしなくなりました。
トレンドが一般的には流行として定着しているのに対し、投資や金融では株やFX相場における相場分析や解明で毎日のように使われています。それは、株やFXと投資の種類が変わっても、基本的には上昇トレンド・下落トレンド・持ち合いトレンド(レンジ相場)の三つしか存在しないからです。
持ち合いトレンドはあまり好まれない表現で、レンジや横ばいなどと呼ばれる事が多く、上下のどちらかに動く流れを「トレンド」とするのが相場では多いです。

トレンドの由来

トレンドの直訳は”流行”で、”流行”は中国からの漢語とされます。物事が川の流れのように広がり知れ渡る事で、良い事だけでなく厄病など悪い事が流行る事でも用いられていました。
昭和のバブルブームの頃はトレンディーが定着していましたが、その後はトレンドが広く用いられ、最近ではSNSブームやキーワード検索の際には、人気ある言葉をトレンドとします。
投資の面では、これもFXブームの恩恵がかなり強く、ネット証券や個人投資家が増えた事で、チャート分析を誰でも行えるようになり、自然と上昇トレンドや下降トレンドが広まりました。

トレンドの文章・例文

例文1. トランプ政権になりトレンドが転換した
例文2. 日本も増税でトレンドが下落に変わるだろう
例文3. 投資はトレンド分析が付きものだ
例文4. 短期と長期取引ではトレンド分析が相反する
例文5. 日本人はトレンドに左右されやすい
トレンドほど投資と投資以外の世界でも、日常的に使われる言葉はないものです。便利で語路も良く、意味も分かり易いのが広まった根幹にあるのでしょう。投資格言では、「トレンドに逆らうな」や「トレンドはフレンド」などがあり、それほど親しまれています。

【図解でわかる】ローソク足の見方とは?基本パターン9種類を徹底解説

ローソク足の見方(アイキャッチ画像)

“ 【図解でわかる】ローソク足の見方とは?基本パターン9種類を徹底解説 ” に対して3件のコメントがあります。

Hi, Thank you for your information. I 誰でも分かるトレンドの終わりを見つける方法 want to know Do you know any type of candlestick which works with the weight of candle and differences between two shadows and legs of candle and so on. If you know this type please inform me. Thank you

こちらに来るまで多種サイト見て来ましたが
これまでで1番分かり易いと思いました。
他にも、初心者入門で、たくさん搭載されて欲しいです。
ありがとうございました。

米国株投資_記事まとめ_アイキャッチ

【記事まとめ】米国株投資で知っておきたい知識4選

東証再編TOPIXアイキャッチ

東証再編のTOPIXへの影響は?構成銘柄の変化やスケジュールを解説!

アクセスランキング

限定キャンペーン

New Posts

おすすめネット証券

投資初心者

Podcast更新情報

不動産投資成功率アイキャッチ

イオンカードミニオンズのアイキャッチ

カテゴリー

アーカイブ

いろはにロゴ

当メディアは(株)インベストメントブリッジによって運営されています。
(株)インベストメントブリッジは中立した立場で、投資家と企業の架け橋として活動をしております。
運営会社についての詳細はこちらをご覧ください。
また、当メディアにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供のみを目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。
当メディアに掲載された記事、情報及び外部リンク先ウェブサイトに基づいて利用者が被ったいかなる損害についても、当メディア運営会社・執筆者は一切の責任を負うものではありません。
Please Follow us!

UI設計|優れたUIデザイン(ユーザインターフェース)を作るために意識すべき、たった1つの原則

UIデザインの改善、というと、ビジュアルデザインを大きく変えないといけないというイメージもあるかと思いますが、それは誤りです。
たった一行の補足を足すだけでも、「ユーザが目的を達成する」に大きく寄与することができるのです。

ユーザテストによるUIデザイン成功事例2~要素を減らす

ある携帯サイト(有料課金サービス)の事例では、ユーザは「お試し登録=自動的に更新」という強い先入観がありました。元々、サイトには「自動更新はない」と記載してありましたが、ユーザテストを行ったところ、「他にも様々な要素があり『自動更新はない』という記載に気づかれない」という課題が明らかになりました。そこで、メッセージの量を減らし、「自動更新はない」というメッセージを引き立たせたところ、お試し登録数がなんと3倍にもなりました。

これも、いわゆるビジュアルデザインの変更ではなく、ユーザの「?」を真摯にとらえ、「要素を減らす」というUI改善により成果が出た事例です。

UIデザインで知っておくべき4つのテクニック

テクニック1~整列

要素を配置する際には、ルールを決めて整列させると見やすくなります。

テクニック2~近接

グループ化のことを「チャンク(情報の固まり)を作る」「チャンキング」とも言います。チャンキングによって、記載する要素の数自体は変わらなくても、読み手は情報を受け取りやすくなります。

テクニック3~コントラスト

テクニック4~反復

例えば、見出しやリストの体裁を揃える、同じアイコンを使う、などの方法です。同じパターンの反復により一貫性を保つことで、ユーザの「考える」負荷が下がります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる