FX戦略編

株の取引ツール比較

株の取引ツール比較

SBI証券は取引の際にポイントが貯まり、さらにその1ポイント1円相当として、投資信託の購入の際に使えます。

デイトレード向け ネット証券会社の選び方

SBIネオトレード証券、SBI証券、GMOクリック証券、岡三オンライン、 楽天証券、auカブコム証券の6社が、 1日合計約定代金100万円まで手数料 無料 です。続いて、松井証券が 1日合計約定代金50万円まで手数料 無料 です。単純に手数料を比較すると上表のようになりますが、デイトレーダーはほとんどの場合、上記の「現物取引」ではなく、「信用取引」を利用します(→信用取引向けネット証券)。なぜなら、① 資金効率がよく 、場合によっては② 手数料が劇的に下がるから です。

手数料は、下の表(信用取引の手数料)をご覧ください。特におすすめなのはSBI証券です。当日中に反対売買をおこなう「日計り信用」を使えば、約定金額にかかわらず、売買手数料・買建金利・貸株料がすべて 無料 になります。

株の取引ツール比較
順位 証券会社名 信用取引手数料(税込) 買建金利
(制度)
貸株料
~20万円 ~50万円 ~100万円 ~300万円
SBI証券
★ デイトレは
完全無料
無料 無料 無料 1,320円
( 無料 ) ※1
0% ※1 0% ※1
楽天証券
★ デイトレは
完全無料
無料 無料 無料 3,300円
( 無料 ) ※2
0% ※2 0% ※2
松井証券
★ デイトレは
完全無料
無料 無料 1,100円
( 無料 ) ※3
3,300円
( 無料 ) ※3
3.1%
( 0 ~1.8%) ※4
1.15%
( 0 ~1.8%) ※4
4 SBIネオトレード証券 無料 無料 無料 無料 2.30% 1.10%
5 マネックス証券 550円 550円 550円 2,750円 2.80% ※5 1.15% ※5
株の取引ツール比較

※1 SBI証券の『 日計り信用 』で当日中に反対売買で決済した場合、 取引手数料・買建金利・貸株料 が 無料 となります。
※2 楽天証券の『 いちにち信用 』で当日中に反対売買で決済した場合、 取引にかかる手数料 が 無料 となります。いちにち信用取引以外は、『いちにち定額コース』の手数料を採用。
※3 松井証券の『 一日信用取引 』で当日中に反対売買で決済した場合、 取引にかかる手数料 が 無料 となります。一日信用取引以外は、1回あたりの手数料はなく、1日定額のボックスレートを採用。
※4 松井証券の『 一日信用取引 』で1注文あたりの新規建約定金額が100万円以上の場合、当日の「金利・貸株料」は 0% となります。
※5 マネックス証券の『 ワンデイ信用 』で1注文あたりの取引金額が100万円以上の場合、 信用金利 と 信用取引貸株料 が 無料 となります。

2.デイトレード向け証券会社<ツールチェック>

・ リアルタイムでの株価チェック (口座開設していれば 無料 で利用できます。)

松井証券のネットストック・ハイスピードは、 無料 で使える便利なツールです。リアルタイムの株価変動はもちろん、マウスだけですぐに注文を出せる「 スピード注文 」や銘柄の動きを分析する「 株式マーケットウォッチャー 」がトレーダーに人気です。(ダウンロード後の詳しい使い方は、チュートリアルやYOUTUBEなどを参考にしてください)

SBI証券 のHYPER SBIは、たくさんのデイトレーダーが利用しているツールです。Ver.2.0がリリースされ、ますます使いやすくなりました。

マネックス証券の マネックストレーダー は、初心者でも使いやすいトレーディングツールです。(利用料は 無料 )

ネット証券の取引ツールは、提供会社によってまちまちでで、1回説明文を読んだくらいでは、よくわからないと思います。 実際にいろいろと試してみて、使い心地のよさを確認する のが、実は近道だと思います。自分のトレードにしっくりくるツールと、長くお付き合いしていきましょう。

【徹底比較】証券会社のおすすめランキング

TWITTER HATENA FACEBOOK

SBI証券のIPOはお得!


SBI証券はネット証券の中でIPOの取り扱い数が業界トップクラスです。

株の取引ツール比較
SBI証券 SMBC日興証券 マネックス証券 auカブコム証券
2018年 86 95 59 23
2017年 85 94 54 27
2016年 76 65 48 19
2015年 82 80 51 18
2014年 65 60 39 18

3.TポイントまたはPontaポイントが貯まる!投資信託が購入できる

SBI証券でTポイントが貯まる!使える!


SBI証券は取引の際にポイントが貯まり、さらにその1ポイント1円相当として、投資信託の購入の際に使えます。

【15社比較】ネット証券会社おすすめランキング!人気の株口座は?

IPO銘柄数が トップクラス
SBI証券は、IPOの取扱い銘柄数が業界トップクラスです。独自の「IPOチャレンジポイント」というサービスもあり、IPOを中心に投資したい方に最適の証券会社です。
②手数料が安い
SB位証券では、アクティブプランという手数料定額プランがあり、1日の取引合計額が100万円以内であれば手数料が0円になります。VOOを始めとした米国ETFの買付手数料も無料に設定されています。
③外国株・債券・投資信託などラインナップが豊富 株の取引ツール比較
SBI証券は、国内株だけでなく外国株、債券、投資信託など、ネット証券会社の中でも商品ラインナップが豊富です。他のネット証券会社ではなかなか利用できない先物オプションにも対応しています

最低購入単位1株(単元未満株)
連携ポイントサービスTポイント
米国株対応
IPO株対応
投資信託
NISA/つみたてNISA
取引手数料(現物取引) 最大100万円/日まで0円
詳細SBI証券の公式ページ

SBI証券のメリット

SBIホールディングスのグループ会社である、SBI証券は口座開設数業界最多の 人気のネット証券会社 になります。

SBI証券の魅力はたくさんありますが、アクティブプランと呼ばれる手数料定額プランが人気の理由のひとつとなっています。

株式投資では、注文ごとに一定の取引手数料がかかるのが普通ですが、SBI証券では100万円までの国内株式の取引手数料が無料となっています。

約定代金手数料
100万円まで0円
200万円まで1,126円(税込1,238円)
300万円まで1,538円(税込1,株の取引ツール比較 691円)
以降100万円増加毎に269円(税込295円)ずつ増加
アクティブプランの手数料体系

最近人気のS&P500に連動したETFを始めとして9銘柄の 米国ETFの買付手数料も無料 になっています。

さらに、IPO投資におすすめの証券会社でも紹介されているように、IPO銘柄の豊富さにも定評があります。

SBI証券では、 もしIPOの抽選に外れたとしても「IPOチャレンジポイント」が付与されます

このポイント使ってIPOに申し込めば当選確率がアップするため、何度かIPOに申し込み続ければ、チャンスを獲得することができるでしょう。

連携している 「三井住友カード (NL)」を利用すると毎月5万円まで積立投資をすることができます。

年会費は無料、カード発行は最短5分で完了しますので、SBI証券の口座開設と合わせてカードも用意しましょう。

このカードは「三井住友カード (NL)の公式サイト」から簡単に発行することができます。

SBI証券 クレカ積立

SBI証券は商品ラインナップが豊富なだけでなく、 比較的手数料も安いバランスの取れた証券会社 です。

どこのネット証券を選べば良いか迷った際は、まずSBI証券の公式サイトをチェックしてみてください。

\ 株式取引シェアNo.1! /

SBI証券のデメリット

SBI証券は、Webサイトや取引画面が少々見にくいと感じられるかもしれません。

取引ツールの使いやすさを重視する方や、株取引自体が初めての方は、SBI証券のシステムに慣れるまで少々時間がかかる 可能性があります。

SBI証券のことをもっと詳しく知りたい方はSBI証券の評判という記事をご覧ください。

【辛口】SBI証券の評判・口コミは?メリット・デメリットを徹底解説[やばい?] 大手証券会社のSBI証券は、初心者・上級者問わず幅広い層の株式投資家に愛用されています。 InvestNaviが発表するネット証券おすすめランキングで1位を獲得し、口座開設…

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる