FXの基礎知識

デイトレードするならどの証券会社

デイトレードするならどの証券会社

トレーディングパソコン「トレステPC」を個人投資家テスタさんがレビュー! オンライントレードに最適なPC環境とは?

近年すっかり定着し、多くの証券会社が独自のツールやサービスを提供するようになったオンライントレード。スマホで手軽に株式投資が行えるアプリやサービスもありますが、デイトレードに挑戦したい方や、きちんと情報収集しながら取引したい方などは、それなりのPC環境が欲しいところ。 今回は、様々なオンライントレード専用パソコンをリリースしてきたパソコン工房から新たに登場した「トレステPC」について、日本を代表する個人投資家であるテスタさんに、オンライントレードに最適なPC環境をパッケージにした「トレステPC」のプロトタイプを実際に使ってもらい、使い勝手や機能について評価していただきました。 さらにテスタさんには、経験ゼロからはじめてどのように経験を積んでいったのか、「日本に投資を広めたい」という強い思い、そしてオンライントレードで勝つために環境や心構えの点で大切にしていることなど、お話をお聞きしました。

「トレードステーション」とは?

「トレードステーション」は、先進性、機能性において数々の最高評価 * を受けてきた、米TradeStation社の根幹とも言える取引ツールです。 米国では発注スピード最優先のデイトレーダーから緻密なシステムトレーダーまで、様々なタイプのトレーダーが使用しています。日本のアクティブ・トレーダーのためにローカライズされた日本株版のトレードステーションも、これまでの日本株取引ツールにはない機能を多数備えています。最初はその機能の多さに驚くかもしれませんが、専用のサポートサイトや、トレーディングツールに精通したオペレーターのいるコールセンターを通じて全面サポートしますので、トレード初心者の方にも安心してご利用いただけます。

「トレステPC」とは?

「トレステPC」は、「トレードステーション」の動作推奨スペックを満たした「お墨付き」パソコンとして、マネックス証券とパソコン工房が共同企画したオンライントレード専用機です。証券会社とパソコン販売店のコラボレーションは異色に思えるかもしれませんが、パソコン工房では2013年より証券会社2社との共同企画製品に取り組んでおり、この間の出荷実績とノウハウも活かして第3弾となる製品を開発いたしました。
「トレステPC」は、最大8画面でチャートなど多くの情報を表示できるハードウェア一式に、両社が提供するサポート体制を組合せ、充実したオンライントレード環境を実現しています。
マーケット情報の視認性の高さ、「トレードステーション」による先進的な取引、安心のサポート体制によって、上級者の方だけではなく、初心者の方にも、投資効率をアップするツールとして広くご利用頂けます。

【2022年最新】ネット証券会社おすすめ人気ランキング15選|初心者向きにネット証券のはじめ方も紹介

保育士、営業事務に仕事を経て、ファイナンシャルプランナーに。
独身、子育て世代から定年後の方までお金に関する相談を受けて、16年目になります。
主婦FPとして、等身大の目線でのアドバイスが好評です。 デイトレードするならどの証券会社
家計・保険・老後、教育資金などの個別相談を主に、マネーセミナーも定期的に行っているほか、お金の専門家として、テレビ取材なども受けています。
人生100年時代の今、将来のための自助努力、今からできることを一緒に考えていきましょう。

ネット証券会社の選び方

投資スタイルで選ぶ

投資スタイル投資スタイルの概要代表的な投資手法や相性のよい商品
長期運用10年、20年といった長期で運用し、企業が成長して株価が値上がりするのを待つ手法。国内外株式、賃株サービス、投資信託、ETF、つみたてNISAなど
短期運用短期的な値動きのみに注目し、値動きに合わせて売買して差額によって利益を得る手法。国内外株式、IPO株、FX、デイトレードやスイングトレードなど
グロース運用成長率の高い企業に投資し、1株あたりの増益を狙っていく手法。国内外株式、投資信託、ETFなど
バリュー運用知名度が低く過小評価されている、株が割安な企業を中心に投資していき、評価が正当なものになったときに差額で儲ける手法。国内外株式、投資信託、ETFなど
少額投資少額から投資し、損失した場合のリスクを少なくしていく手法。ローリスクローリターンで初心者が投資を勉強するのに最適。国内外株式、単元未満株、ポイント投資、つみたてNISAなど

たとえば、ある銘柄を保有してじっくりと価値が上がるのを待ったり、株主優待を得たりする長期運用タイプなら、 企業分析力に長けた証券会社や、取引ツールで情報を入手しやすい証券会社 がおすすめです。

このように、 自分がどんな運用をしていきたいのかを考え、それに合ったサービスを提供している証券会社を選ぶ ことが重要です。

取り扱い銘柄で選ぶ

取引したい商品が決まっているならその商品に特化した証券会社がもちろん有利です。特に決まっていないなら SBI証券 や 楽天証券 など、 取り扱い商品が多いネット証券を選ぶのがおすすめ です。取引しながら自分の好みを見つけていきましょう。

手数料で選ぶ

取引手数料が安いのはネット証券です。特に 1日100万円以下の取引であれば、取引手数料無料 としているネット証券も数多くあります。初めての取引では少額取引が中心になりやすいので、まずは手数料の安いネット証券から選んでいくとよいでしょう。

サポート体制で選ぶ

また、本当にサポートの充実を求めるならネット証券ではなく、 SMBC日興証券 や 野村証券 など、対面取引が可能な総合証券を選ぶとよいでしょう。コンサルティングが含まれる分手数料は高くなりますが、一人ひとりの顧客に担当者がつきおすすめの銘柄や取引方針について提案してくれるので安心です。 証券会社によっては対面取引とネット取引両方を使い分けられます

取引ツールで選ぶ

ネット証券会社の多くは、企業のバックアップのない個人の投資家でも取引や情報の入手がしやすいように、独自の取引ツールを導入しています。取引ツールによって、口座へのログイン・残高確認や入金・取引ができるだけでなく、 デイトレードするならどの証券会社 銘柄の売上高や利益などをチャート表示したり、アナリストによる予想を確認できたり、ニュース配信が見られたり とさまざまなことができるのが特徴です。

取引ツールは証券会社によって種類が違うので、できることや操作のしやすさもまったく異なります。また、複数の取引ツールが用意されており、用途別に使い分けられる証券会社も多いです。たとえば 岡三オンライン では20種類以上の取引ツールが用意されています。一方、 LINE証券 のようにLINEアプリだけで完結する証券会社もあります。

【総合評価順】ネット証券会社のおすすめランキング15選

ネット証券会社のおすすめ比較一覧表

【1注文ごと】
~5万円:55円(税込)
~10万円:99円(税込)
~20万円:115円(税込)
~50万円:275円(税込)

【1注文ごと】
~5万円:55円(税込)
5万円超~10万円:99円(税込)
10万円超~20万円:115円(税込)
20万円超~50万円:275円(税込)

【1注文ごと】
~5万円:55円(税込)
~10万円:99円(税込) デイトレードするならどの証券会社
10万円超~20万円:115円(税込)
20万円超~50万円:275円(税込)

【1日定額】
~50万円:0円
~100万円:1,100円(税込)
※25歳以下はすべての取引手数料無料

【1注文ごと】
~5万円:55円(税込)
5万円超~10万円以下:99円(税込)
10万円超~20万円以下:115円(税込)
20万円超~50万円以下:275円(税込)

【1注文ごと】
5万円:50円(税込)
10万円:90円(税込)
20万円:100円(税込)
50万円:260円(税込)

5万円:55円(税込)
10万円:88円(税込)
20万円:106円(税込)
50万円:198円(税込)5万円:55円(税込)
10万円:99円(税込)
20万円:115円(税込)
50万円:275円(税込)~10万円:152円(税込)
~30万円:330円(税込)
~50万円:524円(税込)スプレッド:0.5%~1.0%

【1注文ごと】
~10万円:108円(税込) デイトレードするならどの証券会社
~20万円:220円(税込)
※上限3,300円(税込)

【1注文ごと】
~5万円:50円
5万円超~10万円以下:88円(税込)
10万円超~20万円以下:100円(税込)
20万円超~50万円以下:198円(税込)

デイトレード向けの証券会社は手数料とツールのふたつで選ぶ

実力で負けるのであれば仕方ないにしても、その前段階であるデイトレードをするにあたっての基本的な部分で負けることは避けたい部分です。こちらの記事ではタイトルにある通り、デイトレード向けの証券会社について解説をしていきます。デイトレードでは毎日たくさん売買をするので手数料もかかりますし、デイトレードに適したツールを使っていなければ迅速な売買ができないので、それだけで不利になってしまいます。 松井証券のトレードツール、ネットストックハイスピードを使っていない人 にはぜひこちらの記事を最後まで読んでほしいです。

結論:一番オススメは松井証券

こちらのふたつから証券会社を決めます。そしてもうわかっているかもしれませんが、 デイトレードで一番オススメの証券会社は松井証券 です。 松井証券はデイトレードに限り売買手数料が無料かつ、トレードツールが他のどの証券会社よりも使いやすく、デイトレーダーに特化したトレードツール だからです。

ただ、後程紹介しますが松井証券ではフル板がひとつしか表示できません。それをカバーする為に、 フル板がよっつも表示できる楽天証券のマーケットスピード2も用意しておいた方が、デイトレードはさらにやりやすくなります。 デイトレードをするにあたっては松井証券と楽天証券ふたつの証券会社の口座開設をしてください。

売買手数料からデイトレード向きの証券会社を選ぶ

デイトレードは必ず信用取引で売買する

ちなみに、大前提として デイトレードは現物取引ではなく信用取引で行います。 現物取引で売買手数料無料の証券会社はありませんのでその時点でNGです(少額資金なら無料の会社はありますが)。そしてさらに大きな理由として、 現物取引では同じ銘柄を同じ資金で何度も回転させての売買ができません。

100万円の資金があったとして、信用取引なら100万円のA株を買ったり売ったり買ったり売ったり…と一日の間に何度も繰り返せますが、 現物取引では一度100万円のA株を買って売った後は、銀行などからお金を入金しない限りはもうその日にA株を売買することはできません。 ただし、A株を現物取引で売買した後に、同じ100万円の資金で別の銘柄であるB株の売買は可能です。まだその後にC株、D株と一度ずつなら現物取引でも一日の間に何度も回転売買は可能ですが、デイトレードをするにあたってはとても不便です。

デイトレードの売買手数料が無料の証券会社は増えている

数年前はデイトレードの売買手数料が無料なのは松井証券だけでしたが、現在は楽天証券・SBI証券・auカブコム証券等、売買手数料が無料の証券会社は増えています。その為、 売買手数料で比較するならば正直どこの証券会社であろうと差はありません。

  • 一日10回売買すると…200円×10回×20日=40,000円(一か月の売買手数料)
  • 一日20回売買すると…200円×20回×20日=80,000円
  • 一日50回売買すると…200円×50回×20日=200,000円
  • 一日100回売買すると…200円×100回×20日=400,000円

【補足】松井証券で売買手数料を無料にしてデイトレードをする方法

松井証券でデイトレードを行う際に売買手数料がかからない方法を紹介 します。とても簡単なのでご安心ください。まずは松井証券の取引ツールであるネットストックハイスピードを立ち上げます。 松井証券ではデイトレードのことを一日信用取引と呼びます。

ツール上にある一日信用取引をクリックします。【一日信用取引】⇒【一日信用】⇒【一日信用スピード注文】or【一日信用ミニスピード注文】とクリックすると板が出てきます。 この板で売買をすればデイトレードの売買手数料は無料 となります。簡単ですね。

一日信用スピード注文と一日信用ミニ・スピード注文の特徴について簡単に紹介 しておきます。

  • 一日信用スピード注文… 情報量が多く、デイトレーダーは大体こちらを使っています。銘柄も10個まで登録しておけるので、銘柄コードを入力せずともクリックひとつで他銘柄の板情報を確認できるのも楽です。
  • 一日信用ミニ・スピード注文… ムダを削ぎ落して板のみを表示したツールです。使用しているモニターが小さい人やとにかく多くの板を表示させたい人にはオススメですが、板情報があまりにも少なすぎるためデイトレードでは不利になることも多く、個人的にはあまり使わない方がよいと思っています。

金利と貸株料が実質的な売買手数料

デイトレードの売買手数料が無料ならどうやって証券会社は儲けるのか?と不思議に思っている人も多いでしょう。デイトレードはたしかに 売買手数料”は”無料ですが、トレードする毎に1日分の金利・貸株料はかかっています。 いわばこの 金利と貸株料がデイトレードにおける売買手数料 といってもいいのかもしれません。

  • 金利とは…株を購入する時にのみかかる費用です。 信用取引は自己資金ではなく証券会社からお金を借りて株を購入しているので、その分の金利がかかります。デイトレードでは一日分の金利がトレード毎にかかっています。
  • 貸株料とは…株を空売りする時にのみかかる費用です。 株の空売りは、証券会社から借りた株を市場で売却し、そして市場から再度購入してから証券会社に株券を返済するといった形になっています。証券会社から株を借りるレンタル料のことを貸株料といいます。

松井証券と楽天証券の金利と貸株料を計算して売買コストを把握する

松井証券 楽天証券
金利 1.8% 1.8%
貸株料 1.8% デイトレードするならどの証券会社 1.8%

松井証券では 1注文あたりの約定金額が100万円以上の場合は金利も貸株料も0% となります(完全売買手数料が無料)。楽天証券では 1注文あたりの約定金額が50万円以上の場合は金利も貸株料も0% となります(完全売買手数料が無料)。

一回当たりの約定金額が大きければどちらの証券会社も金利・貸株料は0%となり、売買手数料は完全無料となります。 1.8%の金利・貸株料がかかる場合は金額にしてどのくらいの売買手数料がかかるのかを計算します。

一日当たりの約定金額が1,000万円だった場合(すべての取引で1.8%の金利・貸株料がかかるとする)、 10,000,000円×0.018(金利・貸株料)÷365(日)=493円 となります。 一か月だと493円×20日で9,860円の売買手数料 となります。一日あたり1,000万円の金額を売買する人は500円稼ぐことができれば、最悪±0でその日は終わる計算です。とてつもなく安い金額ですね。売買手数料無料の証券会社であれば 、デイトレードに限っては金利・貸株料のコストを無視してもほとんど問題ない でしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる