初心者必見

LIGHT FXはスワップポイントの高さが魅力

LIGHT FXはスワップポイントの高さが魅力
投資家サト

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)の特徴やおすすめポイントを解説!

【どんなFX会社?】
セントラル短資FXは、創業100年を超える短資会社のグループ企業。
信頼性と透明性の高さが魅力の、業界を代表する老舗FX会社!

セントラル短資FXは、創業100年以上の歴史を誇る、セントラル短資株式会社のグループ企業。そのセントラル短資FXが提供する店頭FX口座が 「FXダイレクトプラス」 だ。セントラル短資は、金融機関同士の短期資金の貸し借りや決済、外国為替の売買の仲介を行う、現在では日本に3社しかない短資会社のうちの1社なので、 セントラル短資FXの外国為替市場における透明性の高さは、FX口座を選ぶときに会社の信頼性を重視する投資家に特におすすめ だ。

セントラル短資FXの口座数・預かり資産残高の推移

また、 FXダイレクトプラス は信頼性の高さだけでなく、 スプレッドの狭さにも定評 がある。たとえば、 FXダイレクトプラス の「米ドル/円のスプレッドは0.2銭(原則固定)」で業界最狭水準。 取引コストを重視するFX投資家にとっても満足できる取引環境 だろう。

独自の情報コンテンツも豊富で、コラムや動画が日替わりで配信される「マーケットビュー」や、毎朝更新される為替の基礎データや基本分析などの情報を集めた「マーケットファインダー」など、FXを取引するうえで、ぜひともチェックしておきたい内容が盛りだくさんだ。また、PC版取引ツールの「クイックチャート・トレードプラス」に搭載された「ストラテジエディタ」を使えば、誰でも簡単に自動売買(システムトレード)を行うことができるので、 FXの自動売買に興味のある投資家にもおすすめ だ。

【最低取引単位】
FXダイレクトプラスでは、「1000通貨単位」の取引が可能。
FX初心者や少額の取引を検討している投資家にもおすすめ!

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX) の 最低取引単位は「1000通貨」 。主要通貨ペアのレバレッジは25倍なので、米ドル/円は1米ドル=130円なら、5200円の資金があれば1000通貨の取引ができる計算になる。

最低取引単位が1通貨単位の SBI FXトレード や MATSUI FX(松井証券) 、100通貨単位の LIGHT FXはスワップポイントの高さが魅力 パートナーズFXnano(マネーパートナーズ) など、FX会社の中には1000通貨よりも小さい単位で取引できるFX口座もある。しかし、FX業界の最低取引単位は1000通貨単位が主流なので、FX初心者や少額での取引を望むFX投資家にも、 FXダイレクトプラス はおすすめできる口座といえる。

また、 FXダイレクトプラス は、取引できる 25種類の通貨ペアすべてを「1000通貨」単位で取引できる のも魅力。基本の最低取引単位は1000通貨でも、マイナーな通貨ペアには1000通貨よりも大きい最低取引単位を設定しているFX会社もあるが、 FXダイレクトプラス ならたとえマイナーな通貨ペアでも、1000通貨単位の取引が可能になる。

【スプレッド】
FXダイレクトプラスの米ドル/円スプレッドは主要通貨ペアなら軒並み業界最狭水準なので、低コストの取引が可能に

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX) の スプレッドは、主要通貨ペアで業界最狭水準 。2022年6月上旬時点では、米ドル/円以外のスプレッドは非公開になっているが、通常は他のFX口座と比べても狭い水準のスプレッドが提供されているので、低コストの取引が可能になる。

■FXダイレクトプラスの主要通貨ペアのスプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.2銭
原則固定
(10-26時)
非公開 非公開 非公開 非公開

下の表は、 FXダイレクトプラス の最低取引単位と同じとなる1000通貨の取引をした場合に適用される主要通貨ペアのスプレッドを、大手FX会社と比較したものだ。現在は米ドル/円以外は非公開ながら、取引ツールなどで確認すると、全体的に狭い水準が提供されているので、米ドル/円だけでなく、 いろいろな通貨ペアを取引する投資家も満足できるはず

FXダイレクトプラス で原則固定スプレッドが配信される時間帯は、日本時間の16時から26時(翌2時)までと限定されてはいる。しかし、一般的に取引参加者が増えて流動性が高まり、為替レートに値動きが見込まれると言われているロンドンタイムとNYタイム午前中の時間帯はしっかりカバーされている。FX投資家の多くも、この時間帯の取引が中心になると思われるので、 FXダイレクトプラス では、 ほとんどの取引を低コストで行うことができる だろう(ただし、現在は米ドル/円以外は非公開)。

【取り扱い通貨ペア数】
FXダイレクトプラスの取り扱い通貨ペアは25種類。
人気の高金利通貨も取引可能な、充実したラインナップ

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX) LIGHT FXはスワップポイントの高さが魅力 で 取引できる通貨ペアは全部で25種類と、FX業界の中では充実 した数を誇っている。FX会社の中には取り扱いがないところもある、高金利で人気の「トルコリラ/円」や「メキシコペソ/円」を取引できるのも魅力だ。また、FX初心者にはあまりおすすめしないが、「スイスフラン」が絡んだ通貨ペアを多く取り扱っているのも特徴。

■FXダイレクトプラスで取引できる通貨ペア
豪ドル/スイスフラン
(AUD/CHF)
豪ドル/円
(AUD/JPY)
豪ドル/ニュージーランドドル
(AUD/NZD)
豪ドル/米ドル
(AUD/USD)
カナダドル/円
(CAD/JPY)
スイスフラン/円
(CHF/JPY)
中国人民元/円
(CNH/JPY)
ユーロ/豪ドル
(EUR/AUD)
ユーロ/スイスフラン
(EUR/CHF)
ユーロ/英ポンド
(EUR/GBP)
ユーロ/円
(EUR/JPY)
ユーロ/米ドル
(EUR/USD)
英ポンド/豪ドル
(GBP/AUD)
英ポンド/スイスフラン
(GBP/CHF)
英ポンド/円
(GBP/JPY)
英ポンド/米ドル
(GBP/USD)
メキシコペソ/円
(MXN/JPY)
ニュージーランドドル/スイスフラン
(NZD/CHF)
ニュージーランドドル/円
(NZD/JPY)
ニュージーランドドル/米ドル
(NZD/USD)
トルコリラ/円
(TRY/JPY)
米ドル/カナダドル
(USD/CAD)
米ドル/スイスフラン
(USD/CHF)
米ドル/円
(USD/JPY)
南アフリカランド/円
(ZAR/JPY)

加えて、 FXダイレクトプラス では、これら 25種類の通貨ペアを、メジャーかマイナーかにかかわらず、すべて「1000通貨」単位で取引できる のも魅力だ。

取引量が少なく情報を入手しづらいマイナーな通貨ペアをFX初心者が取引することは、積極的にはおすすめしない。しかし、1000通貨なら取引に必要な資金は少額で済むので、もし取引がうまくいかなくても、1万通貨や10万通貨の取引と比較すると損失も抑えられる。 マイナーな通貨ペアを1000通貨単位で取引できるということは、取引機会の増加にもつながる だろう。なるべく多くの通貨ペアを、リスクを抑えて取引したい人にとっても、 FXダイレクトプラス はおすすめだ。

【スワップポイント】
FXダイレクトプラスのスワップポイントは、それほど良くない。
ただし、一部の高金利通貨ペアの中には中長期投資に適した水準も

ただし、 一部の高金利通貨ペアにおいては、金利収益を重視して中長期でポジションを保有するのに適している水準 も提供されている。

FXアプリのおすすめ人気ランキング27選【徹底比較】

スキラージャパン株式会社代表取締役、伊藤亮太FP事務所代表。 ファイナンシャル・プランナーとして、年間平均約100~200件の相談(資産運用、相続、保険の見直し、住宅ローンなどのローン相談等)を行うほか、証券外務員やFP資格取得講師、金融経済情勢、富裕層顧客開拓スキル、ドクターマーケット開拓、年金、四季報活用講座などの研修講師を行う。 東洋大学経営学部非常勤講師 大手前大学現代社会学部非常勤講師 〔主な著書〕 『図解金融入門 基本と常識』(西東社) 『FP技能士2級・AFP重要過去問スピード攻略』(成美堂出版) 『FP技能士3級重要過去問スピード攻略』(成美堂出版) 『円安で利益倍増!ウマイ投資法がわかる本』(インターナショナル・ラグジュアリー・メディア、共著) 『不動産投資44の法則』(インターナショナル・ラグジュアリー・メディア、共著) など

自社施設

FXアプリとは?

FXアプリとは、FX業者が配信しているスマートフォンでFX取引ができるアプリのこと。

FXアプリを利用するためには、FX業者で取引口座を開設する必要があります。大きな魅力は、いつでも場所を選ばず注文やチャート分析ができること。FX取引の市場は、24時間動いているので、アプリがあれば日中忙しくても、時間を見つけて売買ができますよ。

また、経済指標などの情報を手軽にキャッチできるのもメリット。FXでは、経済指標や政治家の発言で市場が大きく動きます。FXアプリなら重要ニュースの通知機能もあるので、売買のタイミングを逃すことも防げるでしょう。

ただし、さまざまなテクニカル指標を使った複雑な分析は難しいのがデメリット。画面の大きさやアプリ自体の容量が問題で、PCと比べて機能は削られていることには注意してください。

FX業者を選ぶ注目ポイントは?

口座開設する業者を選ぶときは、売買コストや投資先の種類など業者のスペックを確認しましょう。

FXアプリの売買でかかるスプレッドや取扱通貨ペアの種類などは、業者によってルールが異なります。できる限りコストがかからず、いろいろな通貨に投資したいですよね。通貨ペアが多ければ多いほど、リスク分散できる投資先も増え、投資の幅も広がりますよ。

スプレッドが安いサービスであれば売買のコスト負担を減らせます。スプレッドは、買付レートと売却レートの差額で新規注文を出すたびにかかるコスト。この差額が狭いほど小さい値上がりで利益につながるので、スプレッドの狭さは事前に確認しておきましょう。

FXアプリの選び方

FXアプリを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「3つのポイント」をご紹介します。

① 使いやすさで選ぶ。チャートの見やすさや注文の出しやすさをデモアプリで確認

FXアプリで取引するなら、画面の見やすさ・売買のしやすさをデモアプリで確認しておきましょう。

チャートや発注時の画面構成はアプリごとに異なります。使いづらいアプリを選んでしまうと誤タップしてしまい、注文を誤ってしまうことも。自分にとって使いやすいサービスなら、ストレスなくFX取引ができますよ。

使用感の確認はデモアプリがおすすめです。デモアプリは、仮想資金を使って本番の取引環境に近い状態で取引を体験できるアプリ。ただし、デモアプリがないサービスもあるので、公式サイトの操作マニュアルなどでの確認も検討してみてください。

② 機能性で選ぶ。取引ツールと通知機能に注目

テクニカル指標や描画ツールなどの取引ツールが豊富なサービスを選ぼう

投資先の売買判断を分析したいなら、テクニカル指標などの取引ツールが多いアプリがおすすめです。

テクニカル指標は、検討中の投資先が買われすぎているのかや、今後上昇していくのかを分析するチャートのこと。描画ツールは、投資先がどこまで値下がりするのかなどを調べるために、チャート上に補助線を引けるツールです。どちらも必ず分析どおりになるわけではありませんが、納得のいく投資先を見つける助けになりますよ。

ただし、テクニカル指標としてメジャーな指標はほとんどのサービスがそろえています。FXアプリを選ぶときは、対応している指標の種類も重要ですが、見やすさや複数の指標を同時展開できるかにも注目してみましょう。1つの画面内で複数の指標が使えたら、分析もはかどりますよ。

経済ニュースと価格の通知機能はマスト。ウィジェット機能があるとなおよし

相場急変時にもすぐに対応したいなら、経済ニュースと価格の通知機能があるか必ず確認しましょう。

FXでは、経済指標の発表などで相場が一気に動きます。発表された内容をすぐにキャッチして取引するためにも、重要な指標の発表を通知してくれる機能は必須。また、買いたい・売りたい通貨が目標の値段まで動いたときにお知らせしてくれる機能もあれば、売買のタイミングを逃すこともありませんよ。

ウィジェット機能があれば相場状況も手軽に確認できます。ウィジェット機能は、スマートフォンのホーム画面に通貨のレートなどを表示する機能。アプリを立ち上げなくても、気になる通貨の値動きをチェックできるので、ぜひ利用してみてください。

③ 入金依頼・出金依頼をアプリでできるかチェック

注文や分析のしやすさ以外にも、アプリからの入出金ができるか確認しましょう。

FX取引をするためには、取引資金の入金・出金は必須です。FXアプリのなかには、アプリ上で資金移動できないサービスがあります。いざというときに資金が足りず、思ったように取引ができないこともあるので注意してください。

また、リアルタイム入金や出金にかかる日数にも要注目。リアルタイム入金は、入金金額が即座に取引口座に反映されるサービスで、目をつけた商品の値下がりや万が一の追証にも対応できます。出金日数も業者ごとに異なるので、必要な日までに資金が振り込まれるよう、出金にかかる営業日も確認しておきましょう。

LIGHT FX(LIGHT FXはスワップポイントの高さが魅力 ライトFX)とは?評判/口コミやキャンペーン・スプレッドを徹底解説!

・LIGHT FXは、1999年に創業されたトレイダーズ証券が運営するFX会社
・取扱通貨ペアは29種類で、レバレッジは25倍までかけることが可能
・メリットは、 「業界最高水準のスワップポイント」「少額から取引が可能」「高い約定力」「高機能で使いやすい取引ツール」
・デメリットは「デモトレードがない」「自動売買システムがない」
・LIGHT FXが向いている人は、「スワップポイントで長期運用をしたい方」「取引のコストを低く抑えたい人」
・評判は、「スワップポイントが高いことが魅力」「チャート画面が見やすく、カスタマイズもしやすいため未経験でも上級者を目指したい人におすすめ」など
・LIGHT FXの口座開設は、最短翌日に取引を開始することが可能
・ 新規口座開設で最大5万円キャッシュバックキャンペーン実施中

LIGHT FXは、業界最高水準のスワップポイントが魅力のFX会社です。

高金利通貨を長期運用することで高 スワップポイントが獲得できるためお得です。

LIGHT FXの口座開設は5分で申し込みが完了し、最短翌日には取引が開始できます。

ぜひこの機会に、LIGHT FXの口座を開設してみてください。

LIGHT FXの実施中キャンペーン

まず始めに、LIGHT FXの実施中キャンペーンについてご紹介します。

新規口座開設で最大5万円キャッシュバックキャンペーン実施中
・キャンペーン期間中の新規注文の取引量に応じてキャッシュバックされる

現在、LIGHT FXでは 新規口座開設で最大5万円キャッシュバックキャンペーン実施中 です。

こちらがキャッシュバックの金額表です。

LIGHT FX

キャッシュバックを受けるには事前の申し込みが必要なため、お忘れないようにご注意ください。

LIGHT FXとは?

LIGHT FXについてサービスやその特徴をご紹介します。

LIGHT FX

証券会社の名称LIGHT FX
最小取引単位1000通貨
通貨ペア米ドル円、ユーロ円、ユーロ米ドル、豪ドル円など29通貨ペア
レバレッジ1〜25倍(RUB/JPYのみ10倍)
スプレッド米ドル円0.2銭、ユーロ円0.4銭、ユーロ米ドル0.3銭
スワップポイントトルコリラ円 買い35円(1ロットあたり)、メキシコペソ円 買い81円(10ロットあたり)
公式サイトLIGHT LIGHT FXはスワップポイントの高さが魅力 FX公式サイト
関連記事FX会社おすすめランキング

LIGHT FXは、トレイダーズ証券が2018年に運営を開始したFX会社です。

みんかぶFX年間ランキングスワップ部門2年連続第1位と業界最高水準のスワップポイントで多くのトレーダーに人気があります。

LIGHT FXでは、主要な米ドル円やユーロ円など29通貨ペアを取り扱っており、最低取引通貨単位1,000通貨から取引が可能です。

LIGHT FXの口座開設は無料で、最短翌日には取引が始められます。

ぜひこの機会にLIGHT FXの口座を開設してみてください。

LIGHT FXのメリット

LIGHT FXについてメリットをご紹介します。

業界最高水準のスワップポイント
・少額から取引が可能
・高い約定力
・高機能で使いやすい取引ツール

それでは、LIGHT FXの4つのメリットについて1つずつ説明していきます。

業界最高水準のスワップポイント

LIGHT FXのメリットは、 LIGHT FXはスワップポイントの高さが魅力 業界でもトップレベルのスワップポイントの高さ です。

スワップポイントとは、2つの通貨間の金利差のことを言い、金利の高い通貨を買い、金利の低い通貨を売ることによってその金利差をスワップポイントとして得られます。

LIGHT FXでは、例えばメキシコペソ円が買いの場合に81円(10ロットあたり)、トルコリラ円が買いの場合に35円(1ロットあたり)と高スワップであるため、トレーダーに人気があります。(2021年11月8日時点)

少額から取引が可能

LIGHT FXは、 最低取引通貨単位が1,000通貨で少額から取引が可能 です。

国内の多くの証券会社の最小取引単位が10,000通貨で、資金が約4万円必要であるのに対し、LIGHT FXでは約4000円と低資金から取引が始められます。(レバレッジが25倍の場合)

また、 業界最狭水準のスプレッドであるため、取引の度に発生するコストも押さえられます。

スプレッドについては「FX会社のスプレッド比較」の記事を是非ご参照ください。

高い約定力

LIGHT FX は高い約定力で多くのトレーダーに人気があります。

約定力とは、トレーダーの注文が意図した通りに成立する確率のことを言います。

しかし、 LIGHT FXの約定力は99.9%と非常に高いため、初心者でも安心して取引が可能です。

高機能で使いやすい取引ツール

LIGHT FXでは、スマホとパソコン向けに情報ツールと取引ツールが一体となった取引画面で簡単に取引が行えます。

LIGHT FXのデメリット

続いて、LIGHT FXについてデメリットをご紹介します。

・デモトレードがない
・自動売買システムがない

デモトレードがない

LIGHT FX にはデモトレードがないことがデメリットの1つです。

デモトレードとは、架空のお金を使ってFX取引のトレーニングができるツールのことです。

しかし、LIGHT FXではデモトレードができないため、最初から自分のお金で取引をする必要があります。

そのため、 最初は低資金でレバレッジをかけすぎないなど、リスクを低く設定して取引を始めることをおすすめします。

自動売買システムがない

LIGHT FX には、デメリットの2つ目は自動売買システムがないことです。

しかし、LIGHT FXの場合は投資家が自分で相場を分析して、売買ポイントや損切り、利益確定のポイントなどを判断する必要があります。

LIGHT FXが向いている人

LIGHT FXは次のような人におすすめです。

・スワップポイントで長期運用をしたい方
・取引のコストを低く抑えたい人

スワップポイントで長期運用をしたい人

LIGHT FX は、前述したように高いスワップポイントで人気があるため、スワップポイントで長期運用をしたい人におすすめです。

運用期間1ヶ月後1年後5年後10年後
利回り1,050円12,775円63,875円127,750円

このように、 LIGHT FX では高金利通貨を長期運用をすることで高いスワップポイントが獲得できることが分かります。

最初に用意できる資金が少ない人

LIGHT FXは、最初に用意できる資金が少ない人にもおすすめです。

最低取引通貨単位が1,000通貨と低く、レバレッジを25倍までかけることが可能です。

取引のコストを低く抑えたい人

LIGHT FXは、取引のコストを低く抑えたい人にもおすすめです。

スプレッドが業界最安値であるため取引時にかかるコストを抑えられます。

LIGHT FXは低資金でも始めやすいFX会社と言えます。

LIGHT FXが向いていない人

続いて、LIGHT FXが向いていない人について解説します。

・FXの全くの初心者で、忙しくて勉強する時間が取れない人
・練習で慣れてから、自分のお金を使って取引を始めたい人

FXの全くの初心者で、忙しくて勉強する時間が取れない人

前述したように、 LIGHT FXには自動売買システムがないため、FXの全くの初心者で忙しくて勉強する時間が取れない人にはおすすめしにくいです。

LIGHT FXでFXで資金を増やしていくためには、自分でFXの知識を身につける必要があります。

FXの基礎から学び経験を積んでいくにはLIGHT FXの取引ツールは操作がしやすいためおすすめではありますが、仕事などで忙しくて時間を作れない人は難しいと言えるでしょう。

練習で慣れてから、自分のお金を使って取引を始めたい人

LIGHT FX LIGHT FXはスワップポイントの高さが魅力 にはデモトレードがないため、最初から自分のお金を使って取引を始めなければいけません。

LIGHT FXの評判/口コミ

LIGHTFX。よし!今日もペソのスワップ10.1を提供してくれてる また9.1に下げるとかしないでねtwitte

メキシコペソ円のスワップ投資で使ってるLIGHT FXがスワップ1日あたり10.1円になってる。 保有量が変わらなくても貰えるスワップが増えてラッキー。twitter

チャートがとても見やすく カスタマイズしやすい、そして 海外で人気のTradingviewも利用できるので 未経験〜上級者を目指したい人は おすすめですtwitter

LIGHT FXの口コミをまとめると次の通りです。

・スワップポイントが高いことが魅力
・チャート画面が見やすく、カスタマイズもしやすいため未経験でも上級者を目指したい人におすすめ

LIGHT FXでは、高スワップポイントや取引ツールの使いやすさなどを評価する口コミが多くありました。

初心者でも高スワップを狙って低コストから取引を始められることが、LIGHT FXが多くの方に人気がある理由と言えます。

LIGHT FXの口座開設は申し込みが最短5分で完了します。

ぜひこの機会にLIGHT FXの口座開設してみてください。

LIGHT FXの口座開設方法

続いて、LIGHT FXの口座開設方法について詳しく解説していきます。

LIGHT LIGHT FXはスワップポイントの高さが魅力 FXの口座開設は、最短翌日に取引を開始することが可能です。

LIGHT FXを始めるための必要なステップは以下の3つです。

1. LIGHT FXの口座を開設
2.口座へ資金を入金
3.通貨ペアに売買を入れる

1.LIGHT FXの口座を開設

まず、LIGHT FXのホームページを開き、「口座開設」をクリックをしましょう。

続いて、 申し込みフォームに基本情報を入力した後、本人確認書類およびマイナンバー書類をスマホでアップロードまたは郵送にて提出します。

本人確認書類:免許証/各種健康保険証/住民基本台帳カード/パスポート/住民票の写し等
マイナンバー書類:個人番号カード/通知カード/個人番号付の住民票の写し

そして、口座開設の申し込みが完了すると、LIGHT FXから登録住所へ口座開設通知が送られてきます。

ステップ2.口座へ入金する

LIGHT FXの口座への入金には2つの方法があります。

①ダイレクト入金
②銀行振込みでの入金

ダイレクト入金は、提携金融機関のインターネットバンキング口座からほぼリアルタイムで入金ができ、手数料が無料です。

楽天銀行 PayPay銀行 住信SBIネット銀行 みずほ銀行
三井住友銀行 りそな銀行 三菱UFJ銀行 LIGHT FXはスワップポイントの高さが魅力 ゆうちょ銀行

ステップ3.通貨ペアに売買を入れる

入金が完了すると取引が始められます。

続いて、左上のメニューから「新規注文」をクリックします。

画面下に新規注文画面が表示されるので、通貨ペアやロット数など設定していきます。

以上のように、LIGHT FXは口座開設から取引まで3ステップで簡単に行えます。

ぜひ、この機会にLIGHT FXの口座開設をしておきましょう。

LIGHT FXのよくある質問

LIGHT FXについてまだ分からないことがあるという人も多いでしょう。

ここでは、LIGHT FXのよくある質問についてご紹介します。

・トレイダーズ証券が運営するみんなのFXと違う点は何ですか
・出金にはどれくらい時間がかかりますか
・TradingViewとは何ですか

トレイダーズ証券が運営するみんなのFXと違う点は何ですか

トレイダーズ証券は、LIGHT FXみんなのFXを運営しており、最小通貨取引単位や、レバレッジ、通過ペア数などは両者変わりありません。

異なる点は、 みんなのFX には通常の取引(マニュアル取引)に加えてシストレとオプション取引があることです。 LIGHT FXはスワップポイントの高さが魅力

シストレとオプション取引がしたい方にはみんなのFXが合っているでしょう。

しかし、スワップポイントに関してはLIGHT FXの方がみんなのFXに比べて高い通貨ペアが多いです。

また、LIGHT FXの取引ツールの方がよりシンプルで初心者でも使いやすくなっています。

スワップポイントや、取引ツールの使いやすさを重視する方にはLIGHT FXがおすすめです。

出金にはどれくらい時間がかかりますか

LIGHT FX の出金は、土日祝を除く営業日の午前11時までに出金依頼すると、原則当日に指定した口座に出金されます。

出金依頼はマイページ上で可能であり、出金時の手数料は無料です。

TradingViewとは何ですか

LIGHT FXの取引ツール「アドバンストレーダー」では、チャートの表示を高機能のTradingviewまたはシンプルチャートの2種類から選択できます。

Tradingview には、チャートを分析する際に描写ツールやインジケーターが豊富に揃えてあり、高いカスタマイズ性があります。

シンプルチャートはLIGHT FXのオリジナルであるため操作マニュアルが用意されていますが、Tradingviewの操作マニュアルがないため、FXに慣れていない方はシンプルチャートから始めて慣れたらTradingviewに移行しても良いでしょう。

LIGHT FXの評判/口コミまとめ

こちらが今回の LIGHT FXの記事のまとめです。

・LIGHT FXは、1999年に創業されたトレイダーズ証券が運営するFX会社
・取扱通貨ペアは29種類で、レバレッジは25倍までかけることが可能
・ メリットは、「業界最高水準のスワップポイント」「少額から取引が可能」「高い約定力」「高機能で使いやすい取引ツール」
・デメリットは「デモトレードがない」「自動売買システムがない」
・LIGHT FXが向いている人は、「スワップポイントで長期運用をしたい方」「取引のコストを低く抑えたい人」
・評判は、「スワップポイントが高いことが魅力」「チャート画面が見やすく、カスタマイズもしやすいため未経験でも上級者を目指したい人におすすめ」など
・LIGHT LIGHT FXはスワップポイントの高さが魅力 FXの口座開設は、最短翌日に取引を開始することが可能
・ 新規口座開設で最大5万円キャッシュバックキャンペーン実施中

LIGHT FX業界最高水準のスワップポイントで多くのトレーダーに人気があります。

また、スプレッドも業界最安値であるため取引コストを押さえることが可能です。

LIGHT FX約定力は99.9%と非常に高く、取引ツールも操作しやすいため初心者でも安心して取引ができます。

現在、 新規口座開設で最大5万円キャッシュバックキャンペーン実施中 なので、ぜひこの機会にLIGHT FXの口座を開設してみてください。

【評判・口コミ】ライトFX(LIGFT FX)のメリット・デメリットを解説!トレイダーズ証券のFX

投資初心者

投資家サト

  • LIGHT FXの欠点・デメリットを解説
  • LIGHT FXのメリットを紹介
  • LIGHT FXよくある質問【疑問をすべて解決します】
  • LIGHT FX口座開設手順【画像付】

欠点はあるけど、、満足。スワップ投資はライトFX。

【🇲🇽LIGHTFXの欠点は?】
多くのスワップ投資家が愛用するLIGHTFXですが、

☑早朝スプレッド開きやすい
☑取引ツールの機能が少ない
☑情報量が限定的
☑デモ口座がない

という欠点もある。

ただし、逆にいえば
そのシンプルさがメリット😊

LIGHT FXはスワップポイントの高さが魅力

👍目的のFX取引に集中できる
👍初心者でも迷わず使える

[email protected]リーマン投資家 (@SATO80304694) July 7, 2019

\無料ではじめる!/

LIGHT FXの基本情報

総合評価
スワップ/日 91円(南アフリカランド/円)
スプレッド 米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.4銭
英ポンド/円:0.9銭
スワップ税金 課税
最小通貨単位 1,000通貨
特徴 スプレッドとスワップポイントがお得!

\無料ではじめる!/

業界最狭水準のスプレッド

LIGHT FXはスワップポイントの高さが魅力
通貨ペア スプレッド(※原則固定)
米ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.4銭
豪ドル/円 0.6銭
NZドル/円 1.0銭
英ポンド/円 0.9銭
スイスフラン/円 1.7銭
カナダドル/円 1.6銭
南ア・ランド/円 0.9銭
トルコリラ/円 1.6銭
メキシコペソ/円 0.3銭
ロシアルーブル/円 0.5銭
人民元/円 0.9銭
香港ドル/円 1.8銭
シンガポールドル/円 2.8銭
ポーランドズロチ/円 2.8銭
ノルウェークローネ/円 1.LIGHT FXはスワップポイントの高さが魅力 9銭
スウェーデンクローナ/円 1.9銭
ユーロ/米ドル 0.3pips
英ポンド/米ドル 0.8pips
豪ドル/米ドル 0.8pips
米ドル/スイスフラン 1.5pips
ユーロ/スイスフラン 1.7pips
英ポンド/スイスフラン 2.7pips
NZドル/米ドル 1.6pips
ユーロ/豪ドル 1.5pips
ユーロ/英ポンド 0.9pips
英ポンド/豪ドル 1.5pips
豪ドル/NZドル 2.9pips

ライトFX(LIGHT FX)3つのメリット

  1. スワップポイントは業界最高クラス
  2. 取引ツールがシンプルで使いやすい
  3. ロスカット計算ツールが秀逸

メリット①:スワップポイントは業界最高クラス

投資家サト

▼主要他社とのスワップ比較(2019年7月)

LIGHT FXはスワップポイントの高さが魅力
通貨
ペア
セントラル
短資FX
ヒロセ
通商
LIGHTFX
USD
/円
47円 20円 80円
(1位)
豪ドル
/円
21円 30円 30円
(1位)
トルコリラ
/円
60円 103円 100円
(2位)
メキシコペソ
/円
15円 17円 12.9円
(3位)
南アランド
/円
7円 15円 15円
(1位)

投資家サト

特に高金利通貨であるメキシコペソのスワップ投資に使われることが多いですね…!

【損失あり】メキシコペソでスワップ積立投資|運用方法・実績・メリット・デメリットをブログで公開 今回はメキシコペソのスワップ投資を解説します。 本記事の内容 メキシコペソの運用実績・感想 メリットデメリット【他の金融商品と比較しつつ考察】 よくある質問に回.

メリット②:取引ツールがシンプルで使いやすい

PC取引画面

投資家サト

いまはリスク管理で複数口座を使ってますが、「 他社とくらべて圧倒的に使いやすい 」と感じてます。

メリット③:ロスカット計算ツールでリスク管理が簡単

25000円で1万ペソを買うとロスカットは3.343円 」と自動計算してくれます。

投資家サト

\無料ではじめる!/

ライトFX(LIGHT FX)4つのデメリット・欠点

  1. デモ口座がない
  2. 早朝はスプレッドが開きやすい
  3. 取引ツールの機能が少ない
  4. 情報量が少ない・セミナーがない

デメリット・欠点①:デモ口座がない

最大のデメリットは デモ口座がないこと です。

投資家サト

なお、スワップ投資が目的なら全く気にする必要はありませんのでご安心ください。

デメリット・欠点②:早朝はスプレッドが開きやすい

ですが、 早朝AM5:00~AM8:00は固定されておらずスプレッドが開きやすい傾向 にあります。

投資家サト

とくにスワップ目的で取引する人は「AM5:00~AM8:00を避けましょう。」

デメリット・欠点③:情報量が少ない・セミナーがない

▼ニュース

▼経済指標

投資家サト

FX取引に集中するためにとにかくシンプルを追求してるともいえますよね。

デメリット・欠点④:取引ツールの機能が少ない

FX初心者のかたや、 スワップメインならテクニカル分析も使わない (少なくともぼくは)ので安心してライトFXを選んでOKです。

投資家サト

とくにFX初心者の方は メリットのほうがはるかに大きい ので安心してライトFXを選んでOKです。

ライトFX(LIGHT FX)をオススメする人

  • スワップ投資目的の人
  • シンプルなツールが使いたい人
  • FX初心者の人
    LIGHT FXはスワップポイントの高さが魅力
  • 裁量トレード中心の人
  • 高度なテクニカル分析が必要な人
  • FX中上級者の人

投資家サト

FX初心者は少額からスタートすべき!少額取引におすすめのFX会社も紹介

FX初心者は少額から取引を始めよう!少額取引におすすめのFX会社も紹介

また、LIGHT FXはスプレッドの狭さにも定評があります。スプレッドが広いと取引コストがかさみ、その分利幅が狭くなってしまいます。例えば1ドル=100円で買いのエントリーを行い、1ドル=105円で売りの決済を行うとします。この際スプレッドが1円の場合は、スプレッドを差し引いた104円で売りの決済が行われるため、実際の利幅は4円となります。またスプレッドが50銭の場合は利幅が4.5円となるため、スプレッドが狭い方が利益を大きく得られるのです。

少額取引はコストの負担が大きく感じられるため、スプレッドの狭さは重視すべきポイントといえるでしょう。

MATSUI FX

FX初心者は少額から取引を始めよう!少額取引におすすめのFX会社も紹介

松井証券のMATSUI FXは、最低取引単位が取扱全通貨ペアで1通貨となっているため、初心者の方でも安心して少額取引が始められるFX会社です。

多くのFX会社は1,000通貨を最低取引単位としている中、1通貨からFX取引を始められることは初心者の方にとって大きな魅力です。例えば米ドルであれば約4円でFX取引を始められるため、気軽にチャレンジしやすいとでしょう。

また、MATSUI FXでは、パソコン向けの取引ツールである「FXトレーダー・プラス」とLINE公式アカウント(松井証券 MATSUI FX)を機能連携させることで、「経済指標通知」「売買シグナル通知」「レート通知」などの通知を受け取るサービスが利用できます。為替の変動要因である経済指標の発表時や、市場の急変動時に通知を受け取ることで、利益を得るチャンスを逃すことなくFX取引を行えます。普段は仕事などで忙しく、なかなかこまめにマーケットをチェックできないという方にも嬉しいサービスです。

さらにMATSUI FXではレバレッジ倍率を1倍、5倍、10倍、25倍の中から自由に設定することができます。通常、レバレッジ倍率は「(現在の為替レート×取引数量)÷証拠金」という計算式で自動的に算出されます。MATSUI FXでは自由にレバレッジ倍率を選択できるため、より自分の取引意向に合ったレバレッジをかけられます。

SBI FXトレード

FX初心者は少額から取引を始めよう!少額取引におすすめのFX会社も紹介

SBI FXトレードは最低取引単位1通貨(米ドル/円であれば約4円)から取引を開始できるため、初心者の方でも気軽にチャレンジできるのが魅力です。AIチャットを使って、FX用語や現在のレートを即座に確認できる点も、初心者にとって嬉しいシステムです。スプレッドは業界最狭水準となっており、取引手数料・出金手数料などの各種手数料も0円のため、できるだけコストを抑えて取引したい方におすすめのFX会社といえるでしょう。

また、SBI FXトレードは取扱通貨ペアが多いことも特徴として挙げられます。他のFX会社では取扱の少ないロシア「ルーブル」やポーランド「ズロチ」などマイナー通貨の取扱があるため、メジャー通貨以外のFX取引に興味がある方のニーズにも応えられるでしょう。

さらに、SBI FXトレードではスワップポイント(2つの通貨の金利差から得られる利益)が業界最良水準となっています。積立FXのサービスを利用すると定期的に外貨購入が行われ、スワップポイント獲得による利益を狙うことができます。

みんなのFX

FX初心者は少額から取引を始めよう!少額取引におすすめのFX会社も紹介

みんなのFXでは最低取引単位が1,000通貨となっており、システムトレードを利用したFX取引を行えることが特徴です。

システムトレードとは、決められたルールに沿って機械的かつ継続的に行う取引を指します。みんなのFXが提供する「みんなのシストレ」は、自ら選んだ有名トレーダーや自動売買プログラムによる売買シグナルに沿って、自身もそのトレーダーやプログラムと同じ取引が行えるサービスです。

初心者の内はトレードのタイミングを掴むことが難しく、なかなかFX取引で利益を上げられないかもしれません。システムトレードを利用すれば、上級者のトレード手法を体験できるため、「こういうタイミングでエントリーするんだな」といったプロの相場観を学べるでしょう。

また、みんなのFXでは頻繁にハッピーアワーキャンペーンが開催されています。ハッピーアワーキャンペーンでは、期間内の特定の時間に取引を行うことでスプレッドが狭くなります。メキシコ「ペソ」や南アフリカ「ランド」なども対象となっているため、初心者の方でもキャンペーンをきっかけにマイナー通貨での取引にチャレンジしてみてもよいでしょう。

さらに、みんなのFXではスマートフォン向けの取引ツールアプリが提供されています。1つの画面でチャートの確認や決済の注文を行えるため、FXツールに慣れていない初心者の方でも簡単に操作できるでしょう。

少額でFX取引を行う時の注意点

FXでは、少額から取引を始めるのが初心者の方にはおすすめと紹介をしてきましたが、いくつかの注意点もあります。注意点を事前に確認しておき、実際の取引においてもこれらの注意点を意識しながらトレードしてみてください。

ロスカットされやすい

少額取引では「ロスカット」が発生しやすくなります。ロスカットとは、取引の損失が一定の水準まで達した場合、それ以上の損失を防ぐために強制的に決済される「安全装置」のような仕組みのことを指します。

少額取引の場合は口座に預け入れている証拠金の額が少ないので、ロスカット水準に達しやすくなります。そのため短期間で相場が上下に大きく動いた場合、上昇局面の恩恵を逃す可能性があります。「ロスカットされずにいれば、すぐに利益が出せたのに」ということも起こり得るでしょう。

また、レバレッジの倍率を上げすぎることも早くロスカットされてしまう要因になります。大きな利益獲得を狙うためにレバレッジの倍率を高く設定するという方法もありますが、初心者のうちは投資経験に見合ったレバレッジを設定するよう心掛けましょう。

ポジションを放置しない

為替相場は常時動いているものであるため、少額取引だからといってポジションを放置してはいけません。たとえ少額であっても利益確定と損切りの水準を決めておき、決済のタイミングを注視しておかないと、相場が予想外に大きく変動した際に損失を招くこともあり得ます。

また、少額取引を行う目的のひとつに相場経験を積んでFXのセオリーを学んでいくことが挙げられますが、「放置していたらいつの間にかロスカットをされてしまった」ということでは、相場観がいつまでも養われません。同様にマーケットを注視することによって「こういう要因がある際は円高に動く」などの動向を学ぶことも大切です。

昼間は仕事でなかなかマーケットに張り付けないという方は、為替相場が大きく変動した際に通知が届く機能を使ったり、有名トレーダーと同じタイミングでトレードが出来る「システムトレード」を利用したりするなど、ポジションを放置しない工夫をし、経験値を高めることが大切です。

得られる利益が少ない

少額取引は大きな損失が発生するリスクを抑えられる一方で、得られる利益も小さくなるローリスクローリターンの投資手法です。元本が小さいため利益も小さくなるのは当然のことですが、始めのうちはやはり大きな利益を出すことに憧れてしまうかもしれません。

しかし、少額取引の主な目的はFX取引の経験を積むことです。初心者の内は大きな利益を出すことを目指すのではなく、少額取引で経験を積むことに注力した方がよいでしょう。FX取引の仕組みが分かってきたなと感じたら、少しずつ投資金額を増やしていけばよいのです。

少額でFX取引をする上でのポイント

少額でFX取引をする際に押さえておきたいポイントを紹介します。ポイントを押さえて、少額取引でも着実な利益獲得を目指しましょう。

レバレッジは抑える

レバレッジは担保となる証拠金の何倍もの額を取引することが可能になる仕組みで、例えばレバレッジが10倍なら10万円の資金で100万円分の取引ができるようになります。FX会社によってかけられるレバレッジ倍率はさまざまですが、最大で25倍のレバレッジをかけることが可能です。

ただしFX初心者はレバレッジを低く抑えることがおすすめです。何故なら、レバレッジが大きいほどリターンも大きくなることが期待できるとはいえ、比例してリスクも大きくなるからです。リスクを抑えるために少額取引から始めていても、必要以上にレバレッジを上げることで多大な損失を出してしまっては本末転倒です。

デモトレードで試しておく

FX会社によってはデモ口座の開設により、デモトレード体験ができる会社があります。デモトレードとは、仮想資金でFX取引の体験ができる機能のことです。為替レートの値動きや取引画面、操作方法などは本番の取引と変わらないため、資金をかけることなく実戦さながらの取引体験ができます。FX取引を始めたいと考えている方は、まずデモトレードで実践的なFXの練習から始めてみることをおすすめします。

少額取引向けのFX会社の選び方

取引単位の小ささ

FX会社の多くは最低取引単位を「1,000通貨」もしくは「10,000通貨」としています。

中には「100通貨」や「1通貨」から取引できるFX会社も見られます。取引単位が小さければ小さいほど少額からFX取引を始められますが、その分得られる利益も小さくなります。自身がどれくらいの金額からFX取引を始めたいのか、その投資意向に合ったFX会社を選ぶとよいでしょう。

スプレッドの狭さ

スプレッドは買値と売値の差額のことであり、実質トレーダーが負担する手数料であるともいえます。FX取引に限らず金融取引を行うにあたって、手数料など取引にかかるコストをできるだけ低く抑えることは、運用益を享受するための重要なポイントです。

FXの取引コストともいえるスプレッドは各FX会社が独自で定めているため、会社によってさまざまです。スプレッドが広いと、せっかくFX取引で利益を出しても利幅が狭くなってしまいます。自身が取引をしたい通貨ペアのスプレッドについて比較し、なるべくスプレッドが狭いFX会社を選択しましょう。

キャンペーンの充実度

各FX会社では新規顧客獲得のためにさまざまなキャンペーンが展開されています。期間限定でスプレッドが狭くなるものや、取引に応じてキャッシュバックが行われるものなどがあります。

高額のキャッシュバックが行われるキャンペーンでは、参加条件が厳しく設定されているケースもあります。取引量や通貨ペアの指定など一定の参加条件をクリアしなければキャッシュバックを受けられないこともあるため、キャンペーンを比較する際には適用条件についても確認しておきましょう。少額取引が目的であれば、口座開設のみでキャッシュバックがもらえるFX会社を選ぶのもひとつの方法でしょう。

またFX会社によってキャンペーンを行う頻度は異なるため、よりお得にキャンペーンを利用できそうなFX会社を選ぶとよいでしょう。

少額からの取引は可能か?

通貨ペア 最低取引単位が10,000通貨 最低取引単位が1,000通貨
米ドル/円 44,000円 4,400円
豪ドル/円 32,000円 3,200円

このように最低取引単位が小さいほど、最初に必要となる資金が少なくて済むことが分かります。FX会社を選ぶ際には、少額からの取引が可能であるかについて必ず確認しておきましょう。

取引コストは安いか?

FX取引をする上で取引コストはなるべく抑えたいところです。取引毎に発生するコストともいえるスプレッドの他、口座の維持管理料や入出金にかかる手数料などについて、あらかじめ複数のFX会社で比較することが大切です。特に入出金手数料については取引都度に発生するため、無料としているFX会社を選ぶことをおすすめします。

取引ツールが充実しているか?

FX会社によって備えられている取引ツールはさまざまあります。例えば外出先でも気軽に取引を行いたい方はスマートフォン向けアプリを提供しているFX会社を、相場のチャンスを逃さずスピーディーな取引を行いたい方はパソコン向けの高機能ツールを提供しているFX会社を選ぶなど、自身のニーズや取引スタイルに合ったツールを提供しているFX会社を選びましょう。

デモトレードで実際の取引ツールの使用感を確かめられる場合もあるため、さまざまな取引ツールの使用感や利便性を比較してみるのもよいでしょう。

FX初心者へおすすめのやり方

FX取引を始めたばかりのうちは、どういった点に気を付けながら取引を行えばよいか分からず、戸惑うことも多いでしょう。ここからはFX初心者の方におすすめの取り組み方について紹介していきます。

自分の取引スタイルを決める

FX取引には、1日に数回の取引を行うデイトレードや、数日から数週間の期間で利益を狙うスイングトレード、長期間ポジションを保有する長期トレードなどの取引方法があります。

まずは自分に合った取引スタイルを決めましょう。取引スタイルが決まらないと、相場の変動に動揺してすぐに損切りをしてしまったり、少しの利益で決済をしてしまったりなど、自分の感情に左右された取引を行ってしまいがちです。しっかりと取引スタイルを決めておけば、感情に流されず自身の意向に沿った取引を行えるでしょう。

毎日1000円程度の利益でOK

FX初心者のうちは毎日1000円でも利益を上げられたら上出来です。SNSやTVでは、FX取引で巨額の利益を手にした人ばかりが目立ちます。その影響で一度に大きな利益を上げることにばかり気を取られてしまうかもしれません。しかしFXで富を築いた著名人も最初からいきなり大きな利益を手にできたわけではありません。どんな人でも、何度も失敗を繰り返しながら相場観を養ってきたことでしょう。

FXで利益を上げるためには相場で経験を積むことが必要です。まずはコツコツと少額取引を行い、損失を抑え小さな利益を継続して上げることに注力しましょう。

取引コストはとにかく安く

FX取引に限らず、金融取引を行う際は手数料などの取引にかかるコストをできるだけ低く抑えることが重要です。せっかくFX取引で利益を上げても、手数料が高ければ利幅が狭くなってしまうからです。より取引における利益を享受するために、取引手数料やスプレッドなど取引にかかるコストがなるべく抑えられる会社を選びましょう。

少額取引はFX初心者の方でも気軽に始められ、取引の経験を積める方法です。FXの最低取引単位は会社によってそれぞれですが、米ドル/円なら4,400円ほどから始められるのが一般的となっており、初心者でも気負うことなくチャレンジできるでしょう。FX会社を選ぶ際には取引コストやキャンペーンの充実度を比較し、自身のニーズに合ったFX会社を選んでください。

今回紹介したFX会社の公式サイト一覧

マネーパートナーズ https://www.moneypartners.co.jp/
LIGHT FX https://lightfx.jp/
MATSUI FX https://fx.matsui.co.jp/
SBI FXトレード https://www.sbifxt.co.jp/
みんなのFX https://min-fx.jp/

少額からFX取引を始めたい方のよくある質問Q&A

Q. 少額投資が希望なら取引単位の小さいFX会社を選ぶべきですか?

最低取引単位の小さい業者ほど、必要となる証拠金を少なく抑えることができます。なるべく少額で取引を始めたいと考えているなら、最低取引単位の小さい業者を選択しましょう。

Q. スプレッドが完全に0になるという状況はあり得ますか?

基本的にスプレッドが0となることは考えられません。通貨の買値と売値の差であるスプレッドはFX会社の収益源であり、スプレッドが0であればFX会社は利益が0になってしまうからです。ただし、スプレッドを0とするキャンペーンを開催しているFX会社もあるため、タイミングによってはスプレッドを0とすることができるでしょう。

Q. レバレッジを下げるとデメリットになることはありますか?

レバレッジは、用意した証拠金の何倍もの額を取引可能にする方法です。レバレッジの倍率を上げれば元手となる資金が少なくても大きな取引ができますが、下げれば自前で用意しなければならない資金の額は大きくなります。これがレバレッジを下げるデメリットです。

「110円 × 1,000通貨 ÷ 10倍 = 必要証拠金 11,000円」

このようにレバレッジが10倍の際は証拠金が11,000円で済みますが、レバレッジを2倍に下げると55,000円となり、より多くの証拠金を用意する必要が出てくることが分かります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる