FX戦略編

Binanceのテクニカル分析とは

Binanceのテクニカル分析とは
仮想通貨トレード

ATANI: 暗号の価格とチャー‪ト‬ Binanceのテクニカル分析とは 4+

•ほとんどの暗号通貨とペアの価格を追跡します。 Binance、Coinbase Pro、Bitfinex、KuCoin、Bittrexなどで、ビットコイン、イーサリアム、数千のアルトコインのリアルタイム価格と、USD、USDT、EUR、その他のコインを比較してください。
•複数の暗号プラットフォームでリアルタイムに暗号通貨の価格を比較します。法定通貨、暗号通貨(ビットコイン、イーサリアム、ライトコインなど)、ステーブルコインなど、メイン通貨と追加の表示通貨で価格を確認できます。
•テクニカル分析に最適なTradingViewツールをお楽しみください。任意のチャートタイプ(バー、キャンドル、中空キャンドル、平金足、線、面積、ベースライン)、80を超えるテクニカルインジケーター(ボリンジャーバンドと移動平均)、50を超えるインテリジェント描画ツール(フィボナッチとガンの配給、エリオット波動、さらに多く)、時間間隔と日付範囲(分、時間、日、週)を選択します。最良の方法は、テクニカル分析用のこれらすべてのTradingViewProツールに無料でアクセスできることです。
•暗号価格アラートをカスタマイズして、選択した暗号通貨の価格更新について、電子メール、SMS、または電話で通知を受け取ります。
•外出先でポートフォリオを管理します。残高とポートフォリオ(暗号通貨による合計残高と残高の分割)、および携帯電話からBinance、Coinbase Pro、Bitfinex、KuCoin、Bittrexなどにある暗号の量を監視します。ポートフォリオ、ウォッチリストのお気に入りの暗号資産、暗号価格アラート、選択した言語、その他の設定は、デスクトップデバイスとモバイルデバイスの間で同期されます。注:別のデバイスですでにATANIを使用している場合は、最初にログインしてからデバイスを同期して、デバイス間でデータを利用できるようにする必要があります。
•利用可能な言語:英語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語、トルコ語、ロシア語、アラビア語、日本語、韓国語、中国語。
•安全な睡眠:ATANIは管理対象外のアプリです。つまり、APIキーはクラウドに保存されず、デバイスにローカルに保存されます。これにより、他の既存の暗号アプリとは異なり、ATANIはユニークで非常に安全になります。
•注:これは取引アプリではないため、取引/投資はサポートされていません。

Appのプライバシー

デベロッパである" Etoshi Technologies, SL "は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

BINANCE(バイナンス)|チャート分析の設定方法・使い方を徹底解説!

仮想通貨トレード

今回は、BINANCEにおけるチャート分析方法やテクニカル指標の出し方について詳しくご紹介していきたいと思います。

BINANCEのチャートの種類

まずBINANCEには「Basic」「Advanced」という2種類のトレードシステムがあります。

対して 「Advanced」は「TradeView」という海外のFX業者のトレードシステムを活用しているため非常に高機能です。

ですのでお勧めはもちろん「Advanced」です。

トレードページ

BINANCEには「BTC建て」「ETH建て」「USDT建て」「BNB建て」の4種類のマーケットがあります。

ちなみに銘柄の横にある★マークにチェックを入れると「Favorite」にお気に入りとして追加することができます。

買い板、売り板

Binanceのテクニカル分析とは チャートの右側に表示されているのが取引板になります。

真ん中に大きめに表示されているのが「現在価格」で、その上が「売り板」、その下が「買い板」です。

BINANCEでは「Limit」「Market」「Stop Limit」の3つの注文方法を選択することができます。

●LIMIT=指値注文

Limit(指値注文)は自分の注文したい値段で注文を入れることができる方法です。

なのでなるべく安く買いたい、高く売りたい時にはこの指値注文を活用しましょう。

●Market=成行注文

Market(成り行き注文)は現在価格ですぐに注文を出す方法になります。

●Stop Limit=特殊注文

StopLimit(特殊注文)は一定の条件を満たしたときに発動される注文方法です。

「Stop Limit」は主に損切りする際に有効な注文方法です。

想定したシナリオが崩れた時の保険のために、Stop Limitを入れておけば損失を最小限に食い止めることができます。

インジケーターの出し方

まず最初にチャート右上の欄からバージョンを「Original」から「Trading View」に変更しましょう。

1BTC(ビットコイン)はいくら?チャートの見方と将来性、取引の手順を解説

1BTC(ビットコイン)はいくら?チャートの見方と将来性、取引の手順を解説

※3 期間:2022年4月1日(金)~2022年5月31日(火)まで / 実施時間:土日祝日・メンテナンス時間を除く、マーケットレポート公開日の15時00分~21時00分※その日のマーケットレポートを公開後、15時00分から開始。WEBサイトに掲載しているマーケットレポートの中で、その日に取り上げた暗号資産銘柄とBTC/JPY、ETH/JPY、XRP/JPYのいずれかの銘柄一つについて、スプレッドを縮小。

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT

  • 大手にないが魅力的でマイナーなアルトコインを多く取り扱う
  • 各種手数料が無料
  • 新規口座開設でお得なキャンペーンを実施中

BITPOINT(ビットポイント)は、2017年9月に金融庁の認可を受けた 東証2部上場の株式会社リミックスポイントの子会社 が運営する取引所です。

BITPOINTでは、コインチェックやbitFlyerなどの 大手にはないアルトコイン が取引できるのが最大の特徴です。

BITPOINTの基本情報

BITPointキャンペーン情報

    Binanceのテクニカル分析とは
  • 3種の暗号資産BTC・ETH・IOSTがもらえる口座開設キャンペーン ※1
  • 100,000JMY以上の入金で10名様に10万円相当のJMY(ジャスミー)をプレゼント! ※2

※1 期間:2022年4月28日(木)16時 ~ 2022年5月31日(火)16時まで。期間中に、口座開設が完了した方。1,000円相当のBTCか、ETHか、IOSTの合計で3,000円相当をプレゼント

bitFlyer

bitFlyer

  • ビットコイン取引量国内6年連続No.1 ※1
  • 15種類のアルトコインを取引可能
  • 各種取引手数料が無料
  • 1円から仮想通貨を購入できる
  • 7年以上ハッキング0

bitFlyerは 「 株式会社bitFlyer」 によって2014年にサービスが開始された仮想通貨取引所です。ビットコインの取り扱い量は仮想通貨業界でトップをひた走っており、 「ビットコイン取引量国内6年連続No.1」 ※1 となっています。

bitFlyerでは 1円から仮想通貨を購入することが可能 です。少額取引可能な仮想通貨取引所でも最低取引金額は500〜1,000円というところが多いので、これは破格の数字と言えるでしょう。

またbitFlyerはセキュリティ対策も万全で、 7年間1度もハッキング被害に遭っていません。 利用者が安心して取引できるようなサポート体制も充実しています。

bitFlyerの基本情報

bitFlyerキャンペーン情報

  • 毎日最大 10 名様に 1,000 円が当たる!アプリ限定ログインボーナスプログラム ※1

※1 2020 年 7 月 1 日(水)午前 00 時 00 分~ 終了期間未定

GMOコイン

GMOコイン

  • 取扱銘柄数国内No.1 ※1
  • 500円から積立投資を行える「つみたて仮想通貨」
  • 現物の売買からレバレッジ取引まで、1つのアプリでできる
  • 信頼と実績の「GMOインターネットグループ」が運営
  • 各種手数料が無料

GMOコインは 「GMOインターネットグループ」 によって運営されている仮想通貨取引所です。

GMOコインの特徴は取り扱い通貨の豊富さ。現在20種類の仮想通貨を取り扱っており、 取扱銘柄数は国内No.1 ※1 となっています。

また、GMOコインでは仮想通貨取引初心者でも手軽に投資できる 「 つみたて仮想通貨」 を提供しています。

つみたて仮想通貨は 毎月自動的に一定額を仮想通貨に投資してくれる ので、普段忙しくてチャートを気にしていられない人や、仮想通貨の知識があまりない人でも安心です。

GMOコインの基本情報

GMOコイン キャンペーン情報

  • 暗号資産(仮想通貨)の購入で毎日10人に1,000円が当たる!※1
  • 暗号資産FXで毎日1人に1万円が当たる※1

※1 JVCEA 「取扱仮想通貨及び仮想通貨概要説明書」をもとに算出

よくある質問

ビットコインに限らず、仮想通貨は365日24時間取引できます。
為替市場は土日が休みですし、株も取引時間が限られていることを考えると、いつでも取引できるのは仮想通貨のメリットですね。
ただし、取引所がメンテナンスしている時だけは取引できません。

ビットコインに限らず、仮想通貨は365日24時間取引できます。
為替市場は土日が休みですし、株も取引時間が限られていることを考えると、いつでも取引できるのは仮想通貨のメリットですね。
ただし、取引所がメンテナンスしている時だけは取引できません。

今後の値動きについてもちろん断言はできませんが、十分に値上がりの余地はあると言えるでしょう。

  • 発行枚数が決まっている
  • 仮想通貨の中心となっている
  • 決済手段として広まっている
  • 国によっては安定資産になっている
  • 法律が改正されることもある

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる