ビギナーバイナリーオプション

バイナリーオプション 1分取引手法

バイナリーオプション 1分取引手法
答えはいたってシンプルです。特に60秒取引の場合は予算の組み方や勝った時の考え方、負けた時の撤退ルールの引き方など、人間の本質的なところに関わる内容を勉強する事です。
そして、こういった情報はブログや他の無料コンテンツではあまり公開されていません。プロの投資家から直接教わるのが一番でしょう。
ここに私の直通[email protected]をご用意しました。 無料です。スマートフォンにLINEが入っていればすぐに繋がれます。
ですが、本気で稼ぎたい方、本気で勝ち上がりたい方、60秒取引の勝率を高めていきたい方のみを対象としています。
本気の方を対象にしているからこそ、私も本気でぶつかります。本気の情報や熱いマインドセットを受け取る覚悟のある方のみ、ご連絡をお待ちしています。

【すぐできる】1分取引の攻略方法!バイナリーオプション初心者はローソク足のヒゲにご注目!

攻略テクニック

バイナリーオプションの “判定時間” は様々ありますが、中でも特に人気が高いのが 『1分取引』 です😀

喜ぶ女性

喜ぶ男性

などなど、とにかく “お手軽・勝ちやすそう” というイメージから1分取引を選択される方が多い印象ですね😊

そこで今回の記事では、 1分取引のメリットとデメリット 、そして簡潔ではありますが 攻略方法 までお話していきたいと思います(*´∀`*)

バイナリーオプション1分取引(短期取引)のメリットとデメリット

これは 非常に大きな1分取引(短期取引)のメリット バイナリーオプション 1分取引手法 です😀

しかしこれはあくまで “勝てれば” の話。

短時間でトレードが完結できるという特性は、同時に “損失を被る機会も増える” ということにもなります。

損益が固定されることによって短期取引は諸刃の剣に??

バイナリーオプションはその仕組み上、 判定時間に関係なく取引金額に応じて利益が固定される ので、判定時間が短い1分取引はその分短時間で多くの利益を獲得できる可能性が高いわけです😄

ちょっと極端な例ではありますが、このように勝ち続けることができれば 5分取引で1勝する間に1分取引で5勝するということも不可能ではない んですよね😳

このように1分取引は勝ち続けたときのメリットと負け続けたときのデメリットが非常に対照的で、まさに “勝てば官軍負ければ賊軍 ”といった感じ🤔

私が 『取り組み方次第でメリットがデメリットに、デメリットがメリットになる』 とお話した理由がお分かりいただけたでしょうか^^?

バイナリーオプション1分取引の攻略方法

それは “1分取引のような短期取引は『ノイズ』によって結果が左右されやすい” ということ✋


そしてこういった突発的な予測できない変動が多いことから、1分取引では インジケーターを使ったテクニカル分析が通用しにくい 傾向があります。

悩む男性

そこで利用するのが ローソク足の『ヒゲ』 です(*´∀`*)👍

ローソク足のヒゲはとっても優秀なアドバイザー^^


これはつまり “本来進もうとした方向とは逆方向に強い力が働いた証拠が『ヒゲ』” ということが言えます😳

長〜いヒゲが勝利へのサイン!

ヒゲは 長ければ長いほど逆方向への勢いが強い と読み取ることができます(^_^)バイナリーオプション 1分取引手法

  • 長い下ヒゲがついた陰線は普通の陽線よりも上への勢いが強い
  • 長い上ヒゲがついた陽線は普通の陰線よりも下への勢いが強い

なぜなら長いヒゲは “現在進行系で反発からの勢いが継続している可能性が高いから” です(*´∀`*)

長いヒゲで1分取引の“逆張り”バイナリーオプション 1分取引手法 を攻略!

長いヒゲの習性を利用した 『逆張り』 で攻略していきます(*´∀`*)

  • 相場状況: できればトレンド相場、あるいは方向性の出ている相場が望ましい
  • エントリー方向: 長いヒゲがついた方とは逆方向
  • エントリータイミング: 長いヒゲがついたローソク足が“確定した瞬間”(次のローソク足の始値)
  • 注目ポイント①: 長いヒゲがついたローソク足は実体が小さければ小さいほど良い
  • 注目ポイント②: バイナリーオプション 1分取引手法 基本的に長いヒゲがついたローソク足は陽線・陰線関係なし


もう少し長い判定時間でしっかりと相場を分析したい方へ^^

1分取引をやりたいという方には少なからずお役に立てるかと思いますが、 ガッツリテクニカルツールを使って相場を分析する手法を利用したい という方には別の方法・別の判定時間を提案させていただきたいと考えています。

バイナリーオプションの60秒(1分)取引を攻略するには?特徴と勝ち方を解説

海外バイナリーオプション業者のおすすめ口座比較ランキング11選【どこが人気?】 海外のバイナリーオプション業者ってどこがオススメなんですか? このような質問を多くいただくことが増えてきました。 そこで今回.

バイナリーオプションの60秒(1分)取引を攻略する方法

バイナリーオプションはFXなどと違って極めて短い時間の間で取引を完結させることができます。
もともとFXなどもトレードという言葉がある通り投資の世界の中では短い期間で決済をすることができると人気でしたが、バイナリーオプションはその比ではありません。

1日という時間軸はバイナリーオプションの世界においては極めて長い部類に入ってしまいます。バイナリーオプションも基本的には1時間あるいは2時間、もう少し長い時間を判定時刻とするケースもありますが、基本的に60秒というのは極めて短い判定時間であることを認識することがまず重要です。

日本国内では法的な規制のために2時間までの判定時刻と規制が入っていますので、 海外のバイナリーオプション業者でしかこの60秒取引はトライできません。

相場の取引量に気を配る

バイナリーオプションの60秒取引は基本的に1分しか判定時間がありません。まずこのことを頭に叩き込みましょう。その上で、 1分間に相場の変動が発生するような取引量を持つ通貨ペアと時間帯でバイナリーオプション取引を行うということが何よりも重要です。

例えば、1分間の間に相場が動くとは思えないような通貨ペアの場合、あるいはそういった時間帯の場合、そもそも相場の活発度が低いため、エントリーをしたところで判定時刻までに相場が動かない可能性があります。この場合、バイナリーオプション業者によって取り扱いが分かれますが、基本的にはドロー・引き分けという判定となります。

引き分けの際にユーザー側が負けとみなされるのか、全額返金してくれるのか、このあたりの扱いはバイナリーオプション業者によってまちまちです。基本的にドローになった場合は負けとする業者も多いため、相場の取引量が少ない時に1分取引を行わないというのは立派な攻略法の一つとなります。

反対に、ある程度活発に取引のある相場であれば、1分取引でも十分に相場の変動が期待でき、最低限勝敗は決定すると言ってよいでしょう。ある程度のボラティリティが確保できている状態ではじめて相場を読んだり、分析をかけていくというイメージでいてください。

資金管理を徹底する

60秒取引の場合、資金管理を通常の取引にも増して徹底するというのが攻略法の一つとなります。ここでいう方法は勝つ為の攻略法というよりは大きく負けないための攻略法ということになります。

ここまでの条件が揃うと、どうしても資金管理がぐずぐずになってしまったり、投資ルールを自分で決めていたにも関わらず外れてしまう可能性が極めて大きくなります。 つまり思考停止状態に陥ってしまいギャンブル的な取引になってしまう可能性があるということです。

このような部分をきちんと管理できるようになってから、より上級者向けの分析やテクニック・ツールなどを使うようにしたいところです。どんなにテクニカルな分析手法や数字の上での解析が正確でもそれを行使する人間のメンタルがぶれてしまっていると、それらは全て役に立ちません。役に立たないどころか、時には大きな損失をもたらす存在になることも考えられます。マインドセットは重要であり、特に瞬間的な決着がつく60秒取引においては決して無視できない存在であることを認識しましょう。

強めのトレンドは順張りでフォローする

相場の状態によっては、強めにトレンドが発生するというケースもあります。一般的な上昇トレンド・下降トレンドの中でも特にその勢いが強く、反発が形成される回数がそこまで多くないというケースです。

この場合は、基本的にトレンドフォローをしておけば問題は無いと言って良いでしょう。なぜなら、もう少し長い判定時間や判定時刻の場合は途中で反発が発生したり、あるいはトレンドが終了してしまいレンジ相場に戻ってしまうという可能性も考慮に入れつつ予測を立てて行かねばなりませんが、1分取引の場合は反発の形成が若干間に合わないというケースもあります。

反発が間に合わないということは、基本的に値動きがトレンド方向で固定されているのと同じことです。つまり イメージ的には大きな波が来た時に順張りでエントリーをしておき、反発の波が押し寄せる前に利益を確定してしまうといったイメージでしょうか。 本来であればバイナリーオプション1分取引よりも短い判定時間である30秒取引で使えるような方法なのですが、1分取引でもこの手法はまだ有効と言えます。

上位足は必ずチェックすべし

一つ上のローソク足を見ておくことで、60秒取引の分析をより豊かに、より効率的に行うことができます。もちろん正確性もアップします。

理解しづらいというよりは、全体像が把握できていないため、誤った投資判断を下してしまうことがあります。これを避けるために、60秒取引でも必ず5本足のローソク足をチェックしておきたいというわけです。

こういった分析が行えることで、相場の方向性を予測する可能性やデータが一つ増えるということになります。分析は短い時間ではあるものの材料が多いに越したことはありません。そのため、必ず5分足もチェックしておくようにしましょう。

ノイズを見逃さない

ある程度のボラティリティがある通貨ペアと時間帯に限定される話ではありますが、トレンド相場であれレンジ相場であれ、ノイズが発生することがあります。60秒取引でもまだこのノイズを利用して勝率をアップさせることが可能です。

このノイズが発生した際に「頂点」のタイミングで逆張りエントリーを行うことにより、勝率をアップさせていくことが可能となります。 これについてはテクニカル分析などの分析で導き出すことができないもので、理由は様々あれど基本的にノイズというぐらいですからランダムに発生します。60秒よりも長い時間軸での取引になるとノイズを使った取引や攻略はほぼ不可能となります。

理由はいたってシンプルで、ノイズは大原則として1秒から5秒程度で、どんなに長くても十数秒程度しか持続しないからです。
そのため判定時間が長ければ長くなるほど、ノイズによる影響は受けづらくなるというわけです。5分以上の時間軸になった場合は、ほぼノイズの存在すら確認できないような状態となります。

バイナリーオプションの60秒(1分)の特徴

バイナリーオプションの60秒取引には、他の判定時間にはないような特徴がいくつかあります。まず、こういった特徴をつかんでおくことがバイナリーオプションの60秒取引を攻略するための鍵となるといってよいでしょう。

まず 大前提としてバイナリーオプションの60秒取引は、判定時間が他の時間よりも短く、超短期的な取引となります。 そのため、テクニカル分析を行うことも不可能ではありませんが、どちらかと言うと直感的な取引やその場の状況に応じた瞬間的な取引の方が勝率をアップさせることができるケースもゼロではありません。

1分取引のメリットには様々なものがありますが、特に勝敗が素早く決定するというのは大きなメリットの一つと言ってよいでしょう。また、短い時間で結果が判明しますので、普段なかなか本腰を据えてバイナリーオプション取引に参加できなかったり、長時間PCの前に座ってチャートに張り付くことが難しいという方でも簡単に取引をすることができるという部分があります。

実際に私もバイナリーオプション投資を始めたときはそのようなこともあり、理解ができます。その上で申し上げるならば、1分取引はそこまでストレス値がかかりません。なんだったら1日という取引の場合はエントリーをしてから一旦席を離れたり日常生活のことをしなければならないという部分があり、常にバイナリーオプションのことを考えていなければならない、頭から離れないと言ったケースがあります。しかし 1分取引の場合はその場でほとんど結果が出るようなものですから、勝ち負けを一日中引きずったり結果がわからないまま悶々とする時間を過ごさなくても良いというメリットがあります。

デメリット

60秒取引はメンタル的な部分の他にさまざまな恩恵があったりメリットづくしのように思えますが、その反面デメリットも存在します。まず、バイナリーオプションの60秒取引は1日取引や1時間取引などの中長期的なスパンでの取引と比較して違う部分があまりにも多すぎます。

これは、長い判定時間だからこそ分析が成り立つのであって、刹那的な取引になりがちな60秒取引ではそういった分析が役に立たない、あるいはデータが十分に出揃わないために、なかなか正しく分析ができないといった弊害が発生する可能性があります。 そのため、デメリットとしては他の判定時間や分析手法で培ったものが60秒取引に必ずしも適用できるわけではないといった部分があります。

そのため他の投資手法やはるかにバイナリーオプションよりも長い判定時間に慣れている投資経験者はバイナリーオプションの60秒取引に慣れるまでに時間的なコストがかかると言わざるを得ません。投資の中級者から上級者にとっては、非常に「とっつきづらい」ものであるということは認識しておくべきでしょう。

どんな人に向いているの?

きちんと資金管理ができる人
メンタル管理に自信がある人
出来る限り精神的な負担を負いたくない人
いいニュースと悪いニュースがあれば先に悪いニュースから聞きたいタイプの人
ギャンブルではなく投資と捉えられる人
細かい分析は後回しにしてとにかくバイナリーオプションの取引の練習をしてみたい人
1回あたりにかけられる判定時間が短くなりがちな人

バイナリーオプションを競艇や競馬と同じように捉えてしまうタイプの人
何回か負けるとすぐにマーチンゲール的な手法に走ってしまいがちな人
特定の分析手法やツールなどを持っており、腰を据えて取引を行いたい人
より長い判定時間に特化した攻略手法を既に得ている人
1時間取引・1日取引などですでに結果を出している人
国内バイナリーオプション業者を利用している人

バイナリーオプションの60秒取引と3分取引の違いは?

バイナリーオプションには60秒取引よりもやや判定時間が長い3分取引というものがあります。こちらも超短期的なスパンでの取引には変わりありませんが、60秒取引と並んで人気の手法となっています。

こちらの取引方法の違いですが、基本的には1分取引と大差はありません。スピーディーに決着をつけることができて、また1回あたりにかかる時間的なコストも少ないため、スムーズに取引を繰り返すことが可能というわけです。

しかし、あえて60秒取引と3分取引の違いを挙げるならば、その違いは相場の分析のしやすさという部分に集約されるでしょう。 バイナリーオプション 1分取引手法
3分取引の場合は少なくともローソク足の1分足が3本ぶんの判定時間となります。そのため 若干ではあるものの1分取引に比べると予測が立てやすく、またある程度様子を見てからエントリーを行うこともできます。

バイナリーオプションの60秒取引は、他の判定時間とはやや異なり、長期的な分析や腰を据えた取引というよりは比較的瞬間的に取引を行うようなカラーの取引となります。そのため、分析も不可能ではありませんが、現在の状態がどうなっているか、また上位の脚を見て全体的な相場がどのように推移しているかなど、未来予測というよりは現状を把握の方にリソースを割きつつ、チャンスが来ている時には迷わずエントリーをするなどの方法がお勧めの攻略法と言えます。デメリットもメリットも両方存在する手法ですが、相性が合う方にはとことんまで「やりやすい」取引です。

【追伸】60秒取引でトコトンまで勝ち上がるにはどうしたらいいの?

超短期スパンの取引で、なおかつわずか1分で結果が出る。ある意味どのバイナリーオプションの取引よりも刺激的で、どのバイナリーオプションよりも状況が読みづらいのが60秒取引の特徴と言えるでしょう。
そして、60秒取引でとことんまで勝ち上がるにはどうしたらよいでしょう?

答えはいたってシンプルです。特に60秒取引の場合は予算の組み方や勝った時の考え方、負けた時の撤退ルールの引き方など、人間の本質的なところに関わる内容を勉強する事です。
そして、こういった情報はブログや他の無料コンテンツではあまり公開されていません。プロの投資家から直接教わるのが一番でしょう。
ここに私の直通[email protected]をご用意しました。 無料です。スマートフォンにLINEが入っていればすぐに繋がれます。
ですが、本気で稼ぎたい方、本気で勝ち上がりたい方、60秒取引の勝率を高めていきたい方のみを対象としています。
本気の方を対象にしているからこそ、私も本気でぶつかります。本気の情報や熱いマインドセットを受け取る覚悟のある方のみ、ご連絡をお待ちしています。

バイナリーオプション 1分取引手法

「バイナリーオプションの逆張りってなに?」

「バイナリーオプションで使える逆張り手法は?」

「逆張りと順張りどっちがバイナリーオプションに向いている?」

バイナリーオプションでの逆張りは、 満期直前のトレードで使える手法 です。

なぜなら、逆張りの動きは継続時間が短いため、短時間先の予測に向いているからです。


私は順張りメインでバイナリーをしていましたが、逆張りを併用したことで満期間近のトレードの勝率が上りました。

順張りは数時間先の長期予測に適し逆張りは数分先の短期予測に適しているため、状況によって使い分けると効果的です。

この記事では、逆張りを狙いやすいレンジ相場の見極め方と初心者でも試せる鉄板の逆張り手法もチャート画面を用いて解説しています。

・バイナリーオプションの逆張りとは?
・バイナリーオプションで逆張りを活かせるケース
・レンジ相場の見極め方
・初心者でもできるバイナリーオプションの鉄板の逆張り手法
・逆張りに使えるおすすめインジケーター3選

バイナリーオプションの逆張りとは?

相場の反発を狙ったエントリー手法

バイナリーの逆張り

逆張りとは 相場の反発を狙うエントリー手法 です。

下のチャート画面のように、下降トレンドであれば上に反発すると予測し、上昇トレンドであれば下に反発すると予測してエントリーします。

逆張りのイメージ

バイナリーオプションでの逆張りは、満期に反発が期待できる時にトレンドと反対方向にエントリーします。

逆張りの動きは順張りより長く続かない傾向があるので、満期間近の短期予測にオススメです。

この記事での逆張りは、反発前にエントリーする手法としてお話します。

順張りとの違い

バイナリーの順張り

順張りは逆張りの反対で トレンド方向に乗っかる手法 です。

為替にはトレンドと呼ばれる相場があり、上昇トレンドは高値を更新しながら推移し、下降トレンドは安値を更新しながら推移します。

バイナリーオプションでは、トレンドが継続すると予測して上昇トレンドなら「上がる」、下降トレンドなら「下がる」でエントリーします。

また、トレンドは継続する傾向があるため、数時間先を見る長期の予測に向いています。

逆張りはレンジ相場が狙いやすい

逆張りはレンジが狙いやすい

順張りはトレンド相場が狙い目ですが、逆張りは レンジ相場 が狙い目の手法です。

なぜなら、レンジ相場は反発するタイミングが見極めやすいからです。

レンジ相場とは、一定の範囲(レンジ)で値動きが推移する市場が停滞している相場のことで、相場の7割がレンジ相場と言われています。

レンジ相場の見極め方

レンジ相場の見極め方

方法①レジスタンス・サポートラインを引く
方法②移動平均線を使う
方法③複数の時間足を見る

方法①レジスタンス・サポートラインを引く

レジスタンス・サポートラインのレンジ相場例

一番わかりやすいレンジ相場の確認方法は、 レジスタンス・サポートラインを引く ことです。

高値同士を結んだ線をレジスタンスライン、安値同士を結んだ線をサポートラインと呼びます。

この方法は、為替チャートの上下に2本の平行線を引いてそのラインの中にチャートが収まっているか確認するだけです。

上のチャート画面のようにレジスタンスラインと、サポートラインを引きます。

そして上下のラインが平行になっていればレンジ相場と判断できます。

方法②移動平均線を使う

移動平均線でレンジ相場を見極める例

移動平均線 もレンジ相場の見極めに良く使われる方法です。

移動平均線とは一定期間の為替の動きを平均化した線で、相場の流れを読み取るのに適している指標です。

確認方法は、短期の移動平均線と中期の移動平均線を表示して、似たような角度で上下にクロスしているかを確認します。

バイナリーオプションでの移動平均線の設定は、短期が5、中期が30が良いでしょう。

方法③複数の時間足を見る

複数の時間足でレンジ相場を確認

複数の時間足 を確認するとレンジ相場を見極められると同時に、今後の値動きの傾向を分析することができます。

15足まではレンジ相場を形成していますが、1時間足と4時間足を見ると緩やかな上昇トレンドが発生しています。

このように、一つの時間足だけに固執しすぎると、相場全体の流れを見落としてしまうかもしれません。

初心者でもわかりやすい!鉄板の逆張り手法

ラインの反発を狙う

ラインに反発すると予測してエントリー

ラインの反発を狙うとは、 レンジ相場中のレジスタンス・サポートラインでの反発を狙った手法 です。

ラインの反発予測的中

ローソク足の長いヒゲを狙う

反発前のヒゲ

長いヒゲのローソク足も逆張りの鉄板手法 の一つです。

ローソク足

これはレジスタンスラインを上に「突き抜けたい強い勢力」を、「突き抜けたくない勢力」がそれ以上の力で抑え込んだことがわかります。

つまり、ラインを突き抜けたくない勢力が強いので、反発が起こりやすいと読み取れます。

時間帯のクセを利用する

最後はチャートの動きではなく、 時間帯によるクセを利用した逆張り手法 です。

為替相場には毎日、毎月、四半期毎など、次のような定期的に為替が動きやすいイベントがあります。

【為替に関わる主な定期イベント】
毎日:
日本の中値発表、各通貨の中値発表など
毎月:ゴトー日(5日、10日、15日、20日、25日、30日)、米雇用統計(第一金曜日)、小売売上高(毎月)など
数ヶ月間隔:各国GDP/国内総生産(3ヶ月)、FOMC/連邦公開市場委員会(6週間)など

例えば、日本円が関わるイベントだと、その日の中値が発表される午前10時が狙い目です。

中値は毎日発表されていますが、中でも狙い目なのがゴトー日です。

これらの日は、国内企業と海外企業の外貨取引が盛んになる日付で、中値付近は為替が反発しやすい傾向があります。

中値のクセ

逆張りをさらに狙いやすくするコツ

逆張りを狙いやすくするコツ

逆張りを狙いやすくするコツは、レンジ相場が発生しやすい次の2つの条件で取引することです。

・9時から17時の時間帯を狙う
・値動きの安定した通貨ペアを選ぶ

9時から17時の時間帯を狙う

各為替市場の取引時間

逆張りを狙うなら 9時から17時の時間帯 を狙いましょう。

なぜなら、9時から17時はレンジ相場が発生しやすい市場が停滞している時間帯だからです。

値動きの安定した通貨ペアを選ぶ

値動きの安定した通貨ペア は、レンジ相場が発生しやすくオススメです。

レンジ相場は、市場の売りと買いが拮抗した時に発生する性質上、需要と供給のバランスが取れる市場規模が大きい通貨ペアで発生しやすい傾向があります。

値動きが安定している通貨ペアは、米ドルや円など経済的に信頼度が高い通貨同士の組み合わせです。

【値動きが安定している通貨ペア例】
米ドル/円、ユーロ/米ドル、ユーロ/円、ポンド/米ドルなど

【値動きが不安定な通貨ペア例】
メキシコペソ/円、トルコリラ/円、南アフリカ/円など

バイナリーオプションの逆張りに使えるインジケーター

逆張りに使えるインジケーター

ボリンジャーバンドの逆張りの狙い方

ボリンジャーバンドの逆張り手法

ボリンジャーバンドは、移動平均線にσ(シグマ)と呼ばれる線を加えた指標で、「 値動きが大体この帯(バンド)中に収まる 」といった情報を教えてくれるインジケーターです。

ボリンジャーバンドは、移動平均線1ラインに加えて上に「+σ1〜3」の3ライン、下に「-σ1〜3」の3ラインで合計7つのラインで構成されています。

各σ(シグマ)はバンド内に収まる確率を意味しており、それぞれσ1以内に収まる確率が68.35%、σ2以内が95.4%、σ3以内が99.バイナリーオプション 1分取引手法 7%と決まっています。

ボリンジャーバンドを使った逆張り手法は、 +3σにローソク足が触れたら「下がる」-3σに触れたら「上がる」 バイナリーオプション 1分取引手法 と判断してトレードします。

なぜなら、99.7%(σ3)の確率で触れないはずなのに触れると言うことは、異常(買われ過ぎ・売られ過ぎ)であるため、正常に戻る動きが起こると考えられるからです。

RSIの逆張りの狙い方

RSIの逆張り手法

RSIは一言で言うと 買われ過ぎ、売られ過ぎの過熱度 を判断できるインジケーターです。

RSIは0%〜100%で表示され100%に近いほど買われ過ぎ0%に近いほど売られ過ぎと判断できます。

逆張りで使う場合は、 RSIが30%(売られ過ぎ)に達したら「上がる」70%(買われ過ぎ)に達したら「下がる」 でエントリーします。

理論もボリンジャーバンドと似ており、異常に買われすぎているから正常に戻るだろうという考え方です。

RSIのオススメの期間設定は「14」です。これはRSI考案者のJ.W.ワイルダーが提唱した標準値であり、多くの投資家が使っています。

MACDの逆張りの狙い方

MACDの逆張り手法

MACD(マックディー)」は、 短期の移動平均線と長期の移動平均線の差分を可視化 したインジケーターです。

簡潔にいうと「買われ過ぎ、売られ過ぎ」に加えて「相場の方向感」も見ることができる指標です。

MACDは破線のシグナルラインと山の形のような縦ラインのMACDラインの二つで構成されています。

ゴールデンクロスは、MACDラインがシグナルラインを下から上に突き上げた状態、デッドクロスは反対に上から下に突き抜ける状態を指します。

逆張りと順張りどっちがバイナリーオプションに向いている?

順張りと逆張りどっちがオススメ

逆張りと順張りのどっちがバイナリーオプションと相性が良い?」という疑問を思ったことはありませんか?

私の経験では 数時間先を予測するなら順張り満期間近で短時間先を予測するなら逆張り です。

順張りはトレンド相場に乗っかる手法であるため、予測方向に長時間推移しやすく数時間先を予測するのに向いています。

逆張りは反発しても一瞬であったり、レンジの範囲内に収まりやすいため、短時間先を予測するのに向いています。

チャート分析におすすめのFX会社

96.バイナリーオプション 1分取引手法 52%の高還元率!「GMOクリック証券」

GMOクリック証券

1日の開催号数 通貨ペア数 取引方式 バイナリーオプション 1分取引手法 バイナリーオプション 1分取引手法
10回 5 ラダー
1枚あたりのペイアウト デモトレード 受取総額の割合
1,000円(固定) 96.52%

FX取引高 世界第1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月)
・2021年の支払総額に対する受取総額は平均96.52%!
・38種類のテクニカル指標があり、バイナリーオプションの分析ツールが充実

受取総額(還元率)が 96.62% と他の業者より高く、一番勝ちやすいバイナリーオプション業者と言える。

「ぱっと見テクニカル」で勝率UP!「FXプライム byGMO」

選べる外為オプション

バイナリーオプション 1分取引手法 バイナリーオプション 1分取引手法
1日の開催号数 通貨ペア数 取引方式
10回 5 ラダー
1枚あたりのペイアウト デモトレード 受取総額の割合
1,000円(固定) 94.65%

・無料の バイナリーオプション 1分取引手法 「ぱっと見テクニカル」 を使えば予想が簡単になる!
・仲値を狙った取引ができるのはFXプライム byGMOだけ
・バイナリーオプションの分析ツールが充実

「ぱっと見テクニカル」は最大約12年分(ローソク足3000本分)の過去チャートの中から、現在のチャートと形状が似ている時期を瞬時に探し出し、「過去の値動き」を参考にして 「将来の値動き」を予測 してくれるわ。

最短取引時間60秒!レンジ取引もできる「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMOのバイナリーオプション「オプトレ」

1日の開催号数 通貨ペア数 取引方式
11回 8 ラダー・レンジ
1枚あたりのペイアウト デモトレード 受取総額の割合
1,000円(固定) 95.37%

・レンジ取引の受取総額割合は 100%越えを連発!
・最短60秒で判定!すぐにトレード結果が出る
・HDI格付けベンチマーク三回連続最高評価の「三ツ星」を獲得

2021年6月に 117.67% 、11月に 106.25% など、100%越えを連発!

・バイナリーオプションでの逆張りは、 満期近くの予測で活用できる手法
・逆張りは レンジ相場を見極めること大事
・逆張りを狙うコツは、 取引時間帯を9時から17時に絞り 、 安定した通貨ペアを選ぶ
・ 逆張りは短期 、 順張りは長期 を予測するのに向いている

バイナリーオプション 1分取引手法

無料の最強テクニカル分析ツール

高性能なテクニカル分析ツール「プラチナチャート+」 バイナリーオプション 1分取引手法
最新AI搭載で未来を予測「ぱっと見テクニカル」
トレンドの強弱がわかる「お天気シグナル」

私も実際に3社を使っていますが、特に予測ツールは孤独な戦いであるトレード中、何度も自分の背中を押してくれる頼もしい存在です。

FXのプロも愛用! 高性能テクニカル分析ツール「プラチナチャート+」

高機能テクニカル分析ツール プラチナチャート+

GMOクリック証券 の「プラチナチャート+」は移動平均線・ボリンジャーバンド、RSI、MACD、一目均衡表など38種類のテクニカル指標で分析ができる、高機能ツール!

毎日100本以上配信される為替情報(DOW JONES、NSJ日本証券新聞、Market win 24)も見ることができます。

画面を複数起動できるうえに、 1画面に最大16分割でチャートを表示できる ので、複数通貨の値動きを同時にチェックできます。

プラチナチャート+は画面を16分割できる

初心者に特におすすめなのが 「高値と安値」を自動で表示 してくれる機能!

プラチナチャート+は自動で高値と安値を表示してくれる。

移動平均線の設定

単純移動平均線(SMA)」を選び、バイナリーオプションの場合は期間を5、10、15、30を設定しましょう。

プラチナチャート+の描画ツール説明

描画ツールは上部のアイコンからワンクリックで使用可能です。

画面の状態にするまで1分もかからない使いやすさに加え、高性能な機能を備えているのは他にはないメリットですね。

最新AI搭載で未来を予測「ぱっと見テクニカル」

「ぱっと見テクニカル」は、 未来の値動きを予測するツール です。

特に「ぱっと見テクニカル」は、満期に近い低倍率でトレードしたい人におすすめなツールです。

実際に私が検証した結果、満期に近い時間帯の取引で勝率が高くなりました。

使い方はシンプルで 自分の分析結果と同じか確認するだけ です。

検証時のエントリー条件

  • モデル予測は第三近似まで表示し、2つの予測方向のチケットを購入
  • 購入時間帯は限定せず
  • 通貨ペアは取引量が多い米ドル/ユーロ/ポンド/円のみ
  • 全て10lot(10チケット)購入

結果は11勝7敗で 勝率63.6% でした。下記が実際の取引結果です。

ぱっと見テクニカル検証結果

合計損益は 19,510円のプラス となりました。

シンプルに予測方向に従うだけなのにこの結果ですが、さらに驚くべきことに過去チャートと現行チャートの一致率が90%以上の時の 勝率は87% でした。

実際に取引をしてみて、「ぱっと見テクニカル」は上がるか下がるかを予測する バイナリーオプションと相性が良い と思いました。

【「ぱっと見テクニカル」の検証まとめ】
・チャートが変わると参照する過去チャートも変わるため、なるべく満期に近い時間帯で使うべき
・一致率90%以上の 勝率は87% と高い的中率だった
・値動きの方向を予測するバイナリーオプションと相性がいいため 初心者におすすめ

トレンドの強弱がわかる「お天気シグナル」

お天気シグナルイメージ

外為どっとコム が提供している「お天気シグナル」は、 バイナリーオプションでよく使われる指標を自動で分析し、売買のシグナル強弱を表示してくれるツール です。

例えば、移動平均線のゴールデンクロスが発生したら「買い」のシグナルを表示してくれます。表示してくれるシグナルは全部で7種類です。

検証時のエントリー条件

  • お天気シグナル7種類の内4つ以上の同種シグナル確認時にエントリー
  • 購入時間帯は限定せず
  • 通貨ペアは取引量が多い米ドル/ユーロ/ポンド/円のみ
  • 全て10lot(10チケット)購入

検証結果は7勝5敗の 勝率58% という結果でした。

ぱっと見テクニカルほどの成果はありませんでしたが、それでも勝率5割越えです。

そもそも予測ツールは自身の分析を後押しする役割がメインですので、その役割は十分果たしてくれるツールと言えます。

【「お天気シグナル」の検証まとめ】
・全ての指標が同じシグナルでもハズれることもある
満期30分前くらいのシグナルは勝率が高かった
・基本的なテクニカル指標の売買シグナルを知りたい人におすすめ

バイナリーオプション最低勝率80%以上【年収4千万投資家がメインに使う攻略必勝法】をまるごと解説!

バイナリーオプション最低勝率80%以上【年収4千万投資家がメインに使う攻略必勝法】をまるごと解説!

トレード初心者

トレード初心者

つまり、 市場参加者と同じ波に乗れない ので勝てないのです。

◯ダウ理論で基本的分析◯

ダウ理論は、 世界中のトレーダーが意識している 最も有名なテクニカル指標です。

パーフェクトオーダーは、 「強いトレンドの発生」を示す移動平均線の形状 です。

ダイバージェンスは「 トレンドの転換 」を示します。

トレード初心者

ただし、 ヒドゥンダイバージェンス といって 「トレンドの継続」 を示す場合も。

ピンバーとは バイナリーオプション 1分取引手法 ローソク足の特徴的な形状 のことです。

実体よりヒゲが1:3以上のローソク足の状態が「ピン」に似ていることから ピンバー と呼ばれています。

効果的なラインを引く

チャート上に 有効的なラインを引いて相場を分析 する方法をご紹介していきます。

など、ラインに対してチャートが反応するかどうかを見て トレンドやレンジを判断 していきます。

トレンドラインとは、 トレンドが発生した時に引くライン です。

  • トレンドの方向性
  • トレンドの勢い
  • バイナリーオプション 1分取引手法
  • エントリーポイント
  • トレンドの始まり・終わり

チャート上の「レートはこの辺りで反発するだろう」と予測できる箇所に「 ゾーン 」を作り、 ローソク足がゾーンに入ったところで逆張りエントリー を狙います。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる