FXの学習方法

投資を始めるメリットが明らかに

投資を始めるメリットが明らかに
SBI証券の純金積立投資の手数料は、買付代金の1.5%(税抜)です。
たとえば、5万円を積み立てた場合、
買付手数料は5万円×1.5%=750円。この750円×1.0%=7.5と計算できますが、
端数は切り上げとなるので、 8ポイント が貯められます。
1年なら 96ポイント 、10年なら 960ポイント も貯まります。

【投資で夢の生活を!】1,005人の投資で得た利益の使い道を調査!投資を始めるメリットが明らかに!

■投資を始めることに不安を感じている人に一言!
・少しの手間と少しの利益(30代/専業主婦/神奈川県)
・しっかりと勉強すればリスクが少ないので投資をオススメしたいです(30代/男性/自営業・自由業)
・増えずに放置しているなら活用すべき(30代/公務員/栃木県)
・この先投資で稼げる力をつける事が大事だと思います(40代/専業主婦/京都府)
・先ずはやってみて日々勉強すれば良い結果が出ると思います(50代/男性/会社員)
・もっと早く始めれば良かったと思うよ(50代/女性/経営者・役員)

  • 8割以上が投資を始めて良かったと実感している!自信を持って投資を始めよう!
  • 投資を始めるなら『ループイフダン®』

株式会社アイネット証券のFX(外国為替証拠金取引)自動取引システム『ループイフダン®』(https://inet-sec.投資を始めるメリットが明らかに co.jp/systrd/)は、一定値幅レートが動いたら自動で売買を繰り返すだけの「わかりやすい取引」で、設定はとてもシンプル。
投資ノウハウがなくても少額から、誰でも簡単に始められるシステムです。

なんと、2019年の実績では約80%の人が『ループイフダン®』で資産を増やしています!

調査概要:「投資で得た利益の使い方」に関する調査
【調査期間】2020年6月19日(金)~ 2020年6月22日(月)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,005人
【調査対象】現在投資をしている方 投資を始めるメリットが明らかに
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

投資を始めるメリットが明らかに

不動産投資は、数ある投資の中でも人気の投資です。
なかでも、初心者には 一棟貸しのアパート投資ワンルームマンション投資 が人気があります。

不動産投資のメリット・デメリット

(1)本業の代わりの安定収入となる
(2)ミドルリスク、ミドルリターンの恩恵を受けられる
(3)所得税や相続税の節税効果がある
(4)少ない資金で
始められる

(1)本業の代わりの安定収入となる

家賃収入は 毎月決まった金額の収入を見込むことができます

(2)ミドルリスク、ミドルリターンの恩恵を受けられる

不動産投資には予想外の大きな収入はありませんが、 支出となる費用も想定外のものはあまり考えられません
株式や投資信託・FXに比べれば、その安定性は明らかです。
最初は金融機関から借り入れるなど多額の投資が必要となる場合もありますが、その後は減価償却しながら内部留保を行い、修繕などを行った後は収入となる仕組みです。

(3)所得税や相続税の節税効果がある

所得税では 損益通算 という仕組みがあり、不動産事業で赤字となってもほかの事業所得や給与所得の黒字と合算して納税額を減らすことができるのです。
贈与税や相続税でも節税効果 があります。
現金より不動産の方が評価額が抑えられていることと、居住用財産や配偶者など親族に対して各種の特別控除があり、単に現金を相続するよりも節税となるのです。

(4)少ない資金で始められる

不動産投資はすべて自己資金ではなく、金融機関からの借入を含めて投資することが多いです。
頭金を全体の投資額の3割しか用意できなくても、金融機関の融資さえ通過すれば残りを借入金でまかなうことができます。
もちろん不動産が担保となりますが、 借入金は家賃収入の範囲内で返済できれば何の問題もありません
株などの金融商品とは異なり信用取引ではなく、抵当物件の担保に基づく確実な資金となります。

不動産投資の5つのリスクと対処法

(1)滞納リスク
(2)空室リスク
(3)大規模修繕のリスク
(4)ローン返済のリスク
(5)悪質業者のリスク

(1)滞納リスク

・家賃保証
家賃を保証してくれる事業者があります。
入居者が連帯保証人を用意しなくても、家賃保証会社が連帯保証人の役割を担ってくれる のです。
入居希望者にとっては入居時の条件として初回や月額の費用がかかることになるので、入居をためらう場合もあります。
しかし連帯保証人なしで入居できることは、入居者にとってもメリットとなるでしょう。

・サブリース
サブリースとは、 業者と契約により入居者の募集から家賃徴収・入退管理まで委託すること です。
サブリース契約では、不動産所有者は入居者と契約するのではなくサブリース会社と契約することになります。
そのため、不動産の管理業務を任せられる一方、 入居者を選ぶことができず家賃補償額も本来とは減額されるというデメリット があります。

(2)空室リスク

不動産投資の一番のリスクは空室リスク です。

(3)大規模修繕のリスク

一般的には 建築後10年程度経過すると、修繕の必要 があります。
修繕を怠ると入居率に影響するので、10〜15年ごとに計画的に修繕の実施が必要です。
平素から大規模修繕のシミュレーションを行い試算すること、大規模修繕に至らないように定期的にメンテナンスを行うことが重要となります。
大規模修繕を見据えた資金計画が必要 です。

(4)ローン返済のリスク

例えば 金利の上昇家賃収入の減少 です。
初期の投資額は多額なので、わずかな金利の上昇でも返済総額に大きな影響を与えます。
また、家賃収入が予定通りに入ってこないと返済も滞ることになるでしょう。

対策としては、固定金利を採用すること、低金利のものがあれば借り換えも検討することです。
ただし繰り上げ返済には手数料が発生するので、借入金融機関にどちらが得か試算してもらいましょう。
返済の原資が不足しないように、 入居率を上げる努力をするのが経営の王道 となります。

(5)悪質業者のリスク

投資用不動産の無料セミナーはこちら

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる