トレードがうまくなるためのコツ

上海A株指数

上海A株指数
  • ※上記は指数を使用しており、ETFの運用実績を示すものではありません。指数については「当サイトで使用している指数について 」をご覧ください。
  • ※上記は、過去の実績・状況または作成時点での見通し・分析であり、将来の市場環境の変動や運用状況・成果を示唆・保証するものではありません。
  • ※市況動向および資金動向等により、上記のような運用が行えない場合があります。

世界の取引所情報

6/6(月) 休場=韓国、マレーシア、NZ、スイス 6/7(火) 4月家計調査(8:30) 上海A株指数 上海A株指数 上海A株指数
4月毎月勤労統計(8:30)
4月景気動向指数(14:00)
4月米貿易収支(21:30) 6/8(水) 4月米消費者信用残高(4:00)
4月経常収支(8:50)
5月企業倒産件数(13:30)
5月景気ウオッチャー調査(14:00)
1〜3月期ユーロ圏GDP確報(18:00)
4月米卸売在庫・売上高(23:00) 6/9(木) 対外対内証券売買契約(8:50)
5月マネーストック(8:上海A株指数 50)
4月特定サービス産業動態統計(13:30)
5月工作機械受注(15:00)
投資主体別売買動向
米新規失業保険申請件数(21:30)
5月ブラジルCPI
ECB理事会 6/10(金) 5月企業物価指数(8:50)
株価指数先物・オプション6月物特別清算指数(SQ)算出
5月中国CPI(10:30)
5月米CPI(21:30)
4月インド鉱工業生産指数 6/11(土) 特にありません 6/12(日) 特にありません

世界の主な株式市場の取引時間

オーストラリア オーストラリア証券取引所
ASX 200 夏 8:00〜14:00、冬 9:00〜15:00 日本 東京証券取引所
日経平均株価 通年 9:00〜11:30、12:30〜15:00 韓国 韓国証券取引所
KOSPI 通年 9:00〜15:00 中国 上海証券取引所
上海総合指数 通年 10:30〜12:30、14:00〜16:00 インド ボンベイ証券取引所
BSE Sensex 通年 12:45〜19:00 イギリス ロンドン証券取引所
FTSE 100 夏 16:00〜0:30、冬 17:00〜1:30 ドイツ フランクフルト証券取引所
DAX 夏 16:00〜0:30、冬 17:00〜1:上海A株指数 30 フランス ユーロネクスト
CAC 40 夏 16:00〜0:30、冬 17:00〜1:30 ブラジル ibovespa
IBovespa 夏 21:00〜5:00、冬 22:00〜6:00 USA ニューヨーク証券取引所
ダウ平均(DJIA) 夏 22:30〜5:00、冬 23:30〜6:00 USA NASDAQ
NASDAQ総合指数 夏 22:30〜5:00、冬 23:30〜6:00

サンデーダウとは?株価の見方、取引時間や信頼度についても詳しく紹介

黒川ヤスヒト

・サンデーダウとは
「サンデーダウ」というのは、 土曜日や日曜日でも動いているダウ平均株価 のことです。サンデー(Sunday)は日曜日、ダウはダウ平均株価のことをそれぞれ指しています。ダウ平均株価は、米国株式市場における代表的な株価指数です。ニュースの経済情報でも日本の日経平均株価と並んで表示されることが多いため、ご存知の方も多いかもしれませんね。日本の株式市場は土日は取り引きを行っていませんが、、同様に米国の株式市場も取り引きを行っていません。本来のダウ平均株価は、週末や休日の間は止まったままとなります。

では、なぜ「サンデーダウ」は、土曜日や日曜日にも動きがあるのでしょうか。その理由は CFD(Contract For Difference)という「差金決済取引」を土日に行っている証券会社などの取引業者がある からです。CFD取引では株式市場が動いていない間でも、ダウ平均株価を原資産として、その指数を参照にした売買が可能となります。株式市場が開いていなくても、CFDの取引業者と顧客との間で売買が成立することで、値動きが発生するのです。 CDFの詳細や特徴については後述しますが、要するに、サンデーダウとは、土日のCFD取引における、ダウ平均株価の値、ということになります。

・サンデーダウの活用法
株式市場におけるダウ平均株価の値動きを、チャートで見てみましょう。1日の値動きが1本のローソク足で表示されたものを見ると、前日の終値と翌日の始値が大きく乖離していることがあります。前日の終値から離れたところから値動きが始まることを「窓を開ける」と呼ぶことがあります。こうした現象は、株式市場が取り引きを行っていない間、つまり 土曜日や日曜日に重要な発表や事柄があった時に起こりやすい、といわれています 。サンデーダウは、こうしたケースで役立ちます。

様々な企業が参入し注目を集めるメタバース市場

・週末のリスクヘッジ
CFD取引では、FX(外国為替証拠金取引)のように、売りから入ることができます。例えばダウ平均株価に連動するETFを保有していたとしましょう。土日の間に株式市場に影響が出そうな重大なことが起こり、翌週は大きく値を下げる可能性が高くなったとします。そんな時には、土日に取引可能で保有ETFと同じタイプのCFDの売りを入れておきます。週明けの株式市場が想定通りに動いた場合、保有していたダウ平均株価のETFは翌週売却して損失を確定し、CFDでの利益によりある程度カバーすることが可能です。

・翌週の値動きの予想
このように、サンデーダウは相場の急な動きによる損失を回避することにも役立ちますが、週末の情勢をマーケットがどう見るかを予想する判断材料にすることもできます。通常、月曜日から株式市場での取り引きが始まりますが、ダウ平均株価がどのあたりから始まるのかを予想するためにサンデーダウを利用することもあるようです。

・IG証券のCFD「Weekend Wall Street」
土日などの週末でもCFD取引によりダウ平均株価の値が動く「サンデーダウ」。具体的には、 IG証券で取り扱っているCFDの一つである「Weekend Wall Street」のことを指しています 。IG証券はイギリスのロンドンに本社を置く、金融サービスのサービスプロバイダーで、ロンドン証券取引所に上場している企業です。FX・CFD・ノックアウトオプションといった金融商品を主に取り扱っています。それらの取り扱い銘柄は1万7,000以上にのぼります。

CFDとは

CFDとは

・CFDとは
ここまで見てきたように、週末でも値動きのある「サンデーダウ」。IG証券で取り扱う「Weekend Wall Street」というCFDがその正体でした。ここで気になるのが「CFD」と呼ばれる金融商品。どのような金融商品なのか、詳しく見てみましょう。

CFDとは「Contract for Difference」を略した言葉。日本語では「差金決済取引」に相当します。差金決済と言うと「FX(外国為替証拠金取引)」を思い出しますが、 FXもCFDの一種 。CFDは他にも、さまざまな株価指数や、金・銀・原油などの商品も取り引きの対象となっています。

「Weekend Wall Street」はダウ平均株価を原資産とした、土曜日や日曜日にも取り引きのあるCFDなのです。ここまでの説明でサンデーダウのイメージがつかめてきたのではないでしょうか。

・CFDの特徴
CFDには「取引所CFD」と「店頭CFD」があります。取引所CFDとして知られているのは、株価指数を扱う「くりっく株365」です。そしてもう1つのCFDである店頭CFDですが、こちらは取引所を介さない、顧客と証券会社間での取り引きとなっています。こうした取り引きは「相対取引(あいたいとりひき)」と呼ばれます。 顧客と証券会社での取り引きなので、例え市場が休みの日曜日でも、取り引きする証券会社が営業し取り引きを希望する顧客が多く存在すれば、CFDの取り引きを成立させ、週末でも値動きを出すことができる のです。

・さまざまなCFD
種類が多いのもCFDの特徴。証券CFDでは、参照する原資産の種類として、日経225先物、NYダウ先物、S&P500先物、NASDAQ100先物、イギリスFTSE100先物、ドイツDAX先物、ユーロ・ストックス50先物などがあげられ、世界各国の株価指数が取引可能となっていることが分かります。 CFDを活用することで、さまざまな株価指数をFX(外国為替証拠金取引)のように売買できる のです。

画像

・CFDと税金
CFD取引に関係する税金についても確認しておきましょう。CFD取引で発生した利益は「雑所得」に分類されます。さらに雑所得の中の「先物取引に係る雑所得等」に区分され、「先物取引間での損益通算」や「損失の繰越控除」が可能です。課税方法は申告分離課税で、税率は所得税と住民税、復興特別所得税を合わせて20.315%です。利益が出た場合は確定申告することになりますが、申告のオンライン化や納税のキャッシュレス化が進み、以前より手間は少なくなっているといえるでしょう。

サンデーダウの取引時間

サンデーダウの取引時間

サンデーダウこと、IG証券のCFD「Weekend Wall Street」の取り引きは、 日本時間で土曜日の13時から14時にスタートします。終了するのは、翌週のニューヨーク市場が始まる時間帯 です。土日と、月曜日に取り引きが始まるまでの間にダウ平均株価がどのように動いたかがが気になった時には、サンデーダウの値動きをのぞいてみるとよいでしょう。予想通りの方向性であれば安心できるでしょうし、意外な動きであれば、その理由を確認するための時間を作ることもできます。

サンデーダウはどこで確認できる?

サンデーダウはどこで確認できる?

サンデーダウの値動きの様子は、 IG証券のサイト でチェックできます。

コンテンツは英語ですが、「Weekend trading」というページを開くと「Live weekend prices」として、週末に取り引きできるさまざまなCFDの値が並んでいるのが分かります。ドル円などの外国為替のほかに、イギリス・ドイツ・香港などの株価指数も日曜日に取引可能になっているようです。土日でもさまざまな金融商品を取り引きしたいというニーズは多いのかもしれません。

サンデーダウの信頼度

サンデーダウの信頼度

サンデーダウは、IG証券のCFD 「Weekend Wall Street」の値動きですが、土日に取引所を介さず行う店頭CFDの場合、多くの投資家が参加する市場での取り引きが行われるわけではなく、証券会社と顧客との間で取り引きが行われます。そのため CFDの取り引きに参加する投資家の数は、市場での取り引きよりも少ない と考えられます。このことからサンデーダウの値が、そのまま週明けのダウ平均株価と同じものになる、といい切ることは難しいでしょう。市場には投資信託の需要や信用取引の反対売買などさまざまな参加者の動きが反映します。

ただ サンデーダウが見せる値動きの方向性や、その値幅からおおよその予測が可能 、と考える投資家も多いようですので、土日の間、ダウ平均株価の動向が気になる時に参考になる存在といってもよいかもしれませんね。

取引時間やレバレッジ取引に特徴のある「CFD」。楽天証券でも月曜日から金曜日まで、24時間お取引いただけるCFDサービスを提供しています。日経225先物やNYダウ先物といった株価指数を対象とした証券CFD のほか、金や原油といった商品を扱った商品CFD が取引できます。少ない資金で効率的に取り引きしたい方や、都合の良い時間にリアルタイムでトレードしたいという方におすすめです。レバレッジの効いたリスクが大きめの取り引きとなるため、資産の一部でチャレンジするのが良いでしょう。

上海A株指数

1つは業種別構成比率の違いだ(図表2)。外国人投資家がアクセス可能な中国A株、B株、 H株、レッドチップ、ADR(米国預託証券)などで構成されるMSCI中国株指数は、Alibaba 上海A株指数 GroupやMeituanなどの一般消費財・サービスや、Tencent HoldingsやBaiduなどのコミュニケーション・サービスの比率が高く、規制強化のターゲットとなっている急成長業種が多く含まれている。その一方、上海/深セン株式市場に上場する中国A株で構成されるCSI300指数は金融や生活必需品の比率が高く、どちらかと言えば「オールド・エコノミー」が中心だ。そのため、業種ごとの規制環境の違いが株価指数のパフォーマンスにも影響を及ぼしている。

当資料をご利用にあたっての注意事項等

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

中国株式市場等の動向とMAXIS中国株ファンドのご紹介

中国株式市場等の動向とMAXIS中国株ファンドのご紹介 中国株式市場等の動向とMAXIS中国株ファンドのご紹介

中国株式市場の概略

◆ 中国本土市場(上海・深セン)は、中国国内投資家 *1 および一部の海外投資家向けのA株(人民元建)と、中国国内投資家および海外投資家向けのB株(米ドル・香港ドル)の市場に区別されます。

中国株式市場のイメージ図

  • ※上記の他、中国本土市場と香港市場間の株式相互取引制度があり、海外投資家の上海A株および深センA株への投資および中国本土投資家の香港株への投資が可能(投資可能銘柄等に制限有)。
  • *1 中国本土の投資家を指します。 *2 時価総額は、1人民元=16.537円で日本円換算。
  • *3 QFII(適格国外機関投資家)=中国本土の金融市場への参加や取次ぎを条件付で認められた国外機関投資家。
  • *4 QDII(適格国内機関投資家)=海外の金融市場での取引を、条件付で認められた中国本土の機関投資家。
  • (出所)上海証券取引所、深セン証券取引所等のデータを基に三菱UFJ国際投信作成
  • ※上記は中国株式市場の概要を記載したものであり、すべてを網羅したものではありません。

年初来、中国株は約32%上昇

中国株式市場の長期推移(2002年以降)

足元の中国株式市場の推移(2018年以降)

中国株式市場の注目点①相対的に低い中国株のPER

中国株と日本株のPER(株価収益率)*比較

中国株式市場の注目点②期待される資金流入

◆ MSCIが新興国 *1 および全世界 *2 の主要株式指数における、中国A株の組入比率の段階的な引き上げスケジュールを発表しました(2019年2月)。

◆ MSCIが算出・公表する指数は、世界の多くの機関投資家がベンチマーク *3 として使用しており、新興国株式指数における中国A株の比率が、1.5%⇒2.1%⇒3.3% *4 と段階的に引き上がることで、世界の投資家による中国A株市場への資金流入が期待されます。

MSCI新興国株式指数の国・地域別等構成比率の推移(予定)

  • *1 MSCI エマージング・マーケット・インデックス等
  • *2 MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス等
  • *3 ベンチマーク:運用の目標となる基準、運用成果を評価するための基準
  • *4 2019/5:1.46%→2019/8:2.14%→2019/11:3.33%

中国株式市場の注目点③相対的に高い経済成長率

地域別の実質GDP成長率(前年比)

国別の実質GDP成長率(前年比)

  • *BRICS:有力新興国とされる、ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの頭文字をとった呼称
  • ※上記は指数を使用しており、ETFの運用実績を示すものではありません。当ページの「中国株式市場」とは「上海180A株」指数を指します。指
    数については「当サイトで使用している指数について 」をご覧ください。
  • ※計測期間が異なる場合は、結果も異なる点にご注意ください。
  • ※上記は、過去の実績・状況または作成時点での見通し・分析であり、将来の市場環境の変動や運用状況・成果を示唆・保証するものではありません。

中国経済は長年にわたって高成長を維持

中国実質GDP成長率(前年同期比、四半期ベース)

経済成長に寄与する消費の拡大

中国 産業別名目GDPの過去比較

中国 実質GDP成長率と内訳別奇与度

減税効果などの恩恵が期待される小売売上高

中国 小売売上高(前年同月比)

増加傾向にある固定資産投資

◆ 2018年8月以降の中国「固定資産投資」(設備投資)は、インフラ投資と不動産投資の改善などを背景に緩やかに増加傾向です。金融・財政政策の強化を受けて今後も増加が続く見込みです。
– 「インフラ投資」:緩やかに増加。財政面からの景気刺激策などにより、増加傾向を維持する見込みです。
(18年+3.8%→19年1~4月累計+4.4%、年初来累計前年比)
– 「不動産投資」:堅調な拡大傾向。足元は住宅販売の鈍化がやや懸念されるものの、今後景気回復が明確になるにつれて住宅販売
市場も安定していく可能性が高いと考えられます。
(18年+9.5%→19年1~4月累計+11.9%、年初来累計前年比)

MSCI新興国株式指数の国・地域別等構成比率の推移(予定)

引き続き底堅い鉱工業生産

中国 鉱工業生産(前年同月比)

米中貿易摩擦の影響で、今後は貿易黒字縮小の可能性

  • *習近平国家主席が2013年に打ち出した海と陸から中国と欧州とを結ぶ「シルクロード経済圏構想」。東南アジアや南アジア、中東、欧州など60カ国以上の国・地域で道路や鉄道、港湾、通信網、などの投資とインフラ整備を進め、経済成長を促します。

中国 輸出入(前年同月比)と貿易収支

  • ※上記は、過去の実績・状況または作成時点での見通し・分析であり、将来の市場環境の変動や運用状況・成果を示唆・保証するものではありません。

ファンドの特徴

2019年6月25日に東京証券取引所に上場する本ETFは、「SSE 180 インデックス(円換算ベース)」の値動きに連動する投資成果をめざします。
SSE 180 インデックスとは、上海証券取引所に上場するA株(人民元建て株式)のうち、時価総額および流動性の高い180銘柄で構成される時価総額加重平均型株価指数です。すなわち、中国の主たる企業180社で構成されています。

SSE 180 インデックス(円換算ベース)の推移と暦年別騰落率(2008年12月30日~2019年4月26日)

SSE 180 インデックスの上位10銘柄と業種別構成比率(基準日:2019年4月30日現在)

  • ※上記は指数を使用しており、ETFの運用実績を示すものではありません。指数については「当サイトで使用している指数について 」をご覧ください。
  • ※上記は、過去の実績・状況または作成時点での見通し・分析であり、将来の市場環境の変動や運用状況・成果を示唆・保証するものではありません。
  • ※市況動向および資金動向等により、上記のような運用が行えない場合があります。

投資リスク等について

【MAXIS HuaAn中国株式(上海180A株)上場投信の投資リスク】

基準価額は、株式市場の相場変動による組入株式の価格変動、為替相場の変動等により上下します。また、組入有価証券等の発行者の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の影響を受けます。さらに、市場価格は基準価額の変動以外に市場要因等の影響を受けます。これらの 運用により信託財産に生じた損益はすべて投資者のみなさまに帰属します。 したがって、 投資者のみなさまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額等の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。投資信託は預貯金と異なります。 主な変動要因は、価格変動リスク、為替変動リスク、信用リスク、流動性リスク、中国に関するリスクです。
上記は主なリスクであり、これらに限定されるものではありません。 くわしくは投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる