外為トレードバトル

レジスタンスレベルとは

レジスタンスレベルとは
したがって、チャートを読むことは重要です。 私は通常、あなたの取引セッションと比較してより大きな時間枠チャートを使用して取引することをお勧めします。 たとえば、5分のキャンドルを取引している場合は、30分または3時間のチャートを読む必要があります。

DVD ディナポリレベルで正確なサポートとレジスタンスラインがわかる () DVD-ROM – March 9, 2009

What other items do customers buy after viewing this item?

DVD ジョー・ディナポリのフィボナッチ戦略 (<DVD></p>
<p>)

ディナポリの秘数フィボナッチ売買法―押し・戻り分析で仕掛けから手仕舞いまでわかる (ウィザードブックシリーズ)

Product description

著者について

『ディナポリの秘数 フィボナッチ売買法』が出版されて以来、驚くほどたくさんの讃辞を得ている。
ジョー・ディナポリは、アメリカはもちろん、イギリス、ロシア、オーストラリア、ポーランド、タイ、中国など、世界ナンバーワンのフィボナッチ・トレーダーとして認められている。
ジョーが教えるフィボナッチ戦略は、全市場、全商品に通用する。
その独自の手法は、0.618や0.382などのフィボナッチ・ナンバー、先行指標と遅行指標などを使うことにより、精度の高いトレードが可能になる。
少なくても利食いや損切りの水準の設定は誰にでも容易に決定できるだろう。 レジスタンスレベルとは
エリオット波動論にも引用されているとおり、フィボナッチ級数は、日柄や値幅、押し目買い・戻り売り、手仕舞の場所まで、さまざまな売買ポイントが明確になるといわれている。
そして、日本でもジョーの教えるディナポリ数値が証券会社などのツールでも利用できるようになった。
常夏のリゾート地で自由な生活を楽しむジョー・ディナポリが、あなたに黄金の扉を開くために来日する。

ジョー・ディナポリ(Joe DiNapoli)
ジョー・ディナポリ氏は、市場でのトレード経験が30年以上に上るベテランのトレーダーである。また根気強い徹底した研究家、国際的に認められた講演者、広く称賛を浴びている著者でもある。ジョーの受けた公式の教育は、電気工学と経済学で、非公式に受けた教育は「バンカー」で身につけたものである。これは多くのコンピューターと通信機器に埋もれたトレーディングルームの別名で、この場所でジョーの初期の研究が始まった。徹底した研究から生まれたDMA、彼が特許を持つオシレータープレディクターの開発、特に価格軸に対するフィボナッチ級数の実際的でユニークな活用方法によって、ジョーは現代で最も探求心の強い専門家のひとりである。 フィボナッチを操るトレーダーとして、世界で最も著名な一人である。

著書に『ディナポリの秘数 フィボナッチ売買法』、『DVD ジョー・ディナポリのフィボナッチ戦略』などがある。

Don't have a Kindle? こちらから購入いただけます。, or download a FREE Kindle Reading App .

サポート/レジスタンスレベルを描く方法

本稿はサポート/レジスタンスレベルを検出するシンプルなスクリプトを作成する手順について説明します。本稿は初心者向けに書かれているので、手順の各段階の詳細説明を確認することができます。ただ、スクリプトはひじょうにシンプルでも、本稿は上級トレーダーや MetaTrader 4 プラットフォーム利用者にとっても有用なことでしょう。ここには表形式へのデータエクスポート例、テーブルの Microsoft Excel レジスタンスレベルとは へのインポート、より詳細な分析のためのチャートプロットの例が入っています。

サポート/レジスタンスレベル


スクリプト書き出し

1行目は、スクリプト実行前にユーザーが外部パラメータ選択を依頼されることを指定します。実際には、2行目で定義されるパラメータが1つあります。MaxLimit はプログラムで使用される履歴バー数を処理します。デフォルトでは レジスタンスレベルとは 1000 ですが、いつでもユーザーが変更することができます。

start() 関数の最初の2行では、パラメータ FILE_CSV(ファイルがテキストテーブルであることを意味します)および FILE_WRITE(ファイルが書き込みのため開かれることを意味します)を持つ "FindLevels.txt" ファイルを開く処理を行います。‘\t’パラメータはファイル内の数字が集計で分割されることを指示します。 ファイルには2列あります。1列目は「コスト」-価格、2列目は「バー数」-この価格を超えるバーの数です。FileWrite() f関数を用いて"FindLevels.txt" ファイルに 列名を書きます。

それから、ゼロバーから履歴内で MaxLimit 数のバーまでの安値と高値を見つけます。iLowest() は最低価格が見つかるバーのインデックスを表示します。Low[] はこのバーに対する最低価格値です。iHighest() および High[] に対しても同じ手順に従います。

その後“for”サイクルを取得します。このサイクルは安値 d1 から高値 d2 まで 0.0001 のステップで価格を実行します。変数“a”は価格 "d" をクロスするバー数です。2番目の括弧で囲まれたサイクルは MaxLimit 履歴バーを実行し、価格 "d" をクロスする場合、チェックをします。囲まれたサイクルの後に、FileWrite プロシージャがファイルに価格“レジスタンスレベルとは d”とバー本数“a”を書き込みます。

プロシージャ start() の末尾で return() 関数により、ファイルを閉じ、プロシージャを終了します。スクリプトを書いたら、「コンパイルする」ボタンをクリックしてコンパイルし、「ナビゲータ」ウィンドウの「スクリプト」セクションから MetaTrader でそれを実行します。

Excel のあるファイル

スクリプトを呼び出したあと、プログラムは“\experts\files\” フォルダに“FindLevels.txt”ファイルを作成します。それを Excel で開きます。それを行うため、Microsoft Excel を呼び、「開く」ボタンをクリックする必要があります。それからファイルタイプに「テキストファイル」を選択して必要なファイルを検索し、「開く」ボタンをクリックします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる