取引のメリット

テイクプロフィットとは

テイクプロフィットとは
FXトレード日記ランキング にほんブログ村

EAの元のコードを変更することなく、テイクプロフィットの代わりにリミットオーダーを使用する

これは何の話でしょうか。 決済は、テイクプロフィットだけでなく、ストップロスやトレーダーの裁量で行われる可能性があります。 (多くの場合成行注文で決済されます。) つまり、今回のシステムは相場上のポジションを追跡し、何らかの理由でポジションがない場合にはリミットオーダーを削除する必要があります。 そうしなければ、意図しないポジションを取得することにより損失が発生し、本来のテイクプロフィットのスリッページによる損失を大きく上回る可能性があります。

その上、ポジションが部分的に閉じる可能性もあります。 (ネットアカウントの場合) したがって、ポジションそのものだけでなく、そのボリュームも追跡する必要があります。 ポジションのボリュームが変わった場合、リミットオーダーも即座に変更されるべきです。

別の側面としてヘッジシステムオペレーションがあります。 このシステムは、ポジションの区分経理を実行し、単一のシンボルに複数のポジションを同時に開くことができます。 つまり、リミットオーダーのアクティベートによって既存のポジションが決済されることはありません。 代わりに、新しいポジションを開きます。 したがって、リミットオーダーがトリガーされた後反対のポジションによって決済を実行する必要があります。

もう一つの問題は、予約オーダーのテイクプロフィットです。 この場合、本体のオーダーが処理される前に、テイクプロフィットがトリガーされないようにしなければなりません。 一見すると、ストップ ・ リミットオーダーを使用することが可能です。 テイクプロフィットとは テイクプロフィットとは テイクプロフィットとは たとえば、 同時に売りストップオーダーと買いストップリミットオーダーを配置できます。 しかし、システム上、売りリミットオーダーでは同様の操作を実行することはできません。 これは、リミットのテイクプロフィットの以降の設定で予約オーダーのアクティベートの追跡の問題が生じるところから来ます。 その代わりに、プログラム内の予約オーダーのアクティベートを追跡し、テイクプロフィットなしの保留オーダーは、手に負えないポジションのリスクを伴います。 その結果、価格はテイクプロフィットレベルと逆に達する可能性があります。 プログラムによるコントロールの欠如は、最終的に損失を生み出すポジションを閉じることができません。

個人的な解決策は、標準のテイクプロフィットを指定しつつ、予約オーダー設定することだと思います。 ポジションが開かれた後、テイクプロフィットは、リミットオーダーを配置し、テイクプロフィットフィールドをゼロに設定リミットオーダーに置き換えられます。 このオプションは、コントロールを失った場合の保証になります。 このプログラムは、サーバーへの接続を失った場合、システムによるオーダーテイクプロフィットをアクティブにします。 この場合、マイナススリッページによる損失は、コントロールの欠如によって引き起こされる損失よりも小さくなります。

別の問題は、前のテイクプロフィットの変更です。 多くの場合、異なる戦略を使用して、追跡し、オープン ポジションのテイクプロフィットを調整する必要があります。 ここに2 つの選択肢があります。

  1. このようなEAのコードに変更する場合、コード上でテイクプロフィットを変更する可能なオプションを探さないために、OrderSend関数を単純に我々のクラスのメソッドに置き換え、前に設定されたリミットオーダーの存在をチェックし、新しいレベルに対応するようにします。 必要に応じて、以前に配置したオーダーを変更し、以前に配置したリミットオーダーが新しい要件を満たしている場合は、コマンドを無視します。
  2. 購入したEAを使用すると、 そのコードへのアクセスがないので、このプログラムはポジションを開きません。しかし、そのテイクプロフィットを置き換えます。 この場合、テイクプロフィットがすでにセットされたオーダーに対してセットされる可能性があります。 つまり、既存のリミットオーダーの関連性を再確認し、テイクプロフィットフィールドをゼロに調整します。

また、現在の価格から最小の予約注文の設定距離を追跡すべきです。 ヒストリーの削除、変更はリミットオーダーのポジションを閉じるとき前者同様にテイクプロフィットシステムの同様の設定に適用する場合、距離が裏目に出る可能性があります。 残念ながら、システムのアルゴリズムに依存しないので、このようなリスクはシステムを構築するときだけでなく、使うときにも考慮する必要があります。

2. 実装の原則 - リミットオーダーリンク

すでに言及したように、ポジションの状態の追跡とリミットテイクプロフィットのマッチの探索が必要です。 これを実現する方法を見てみましょう。 まず第一に、 どの時点でターミナルをオーバー ロードするためにコントロールする必要があるかを決定する必要があります。

潜在的に、ポジションは、トレードのセッションが開いている場合、任意の時点で変更できます。 ただし、これはそう頻繁には発生せず、それぞれのティックの確認はこのEAによって実行されるオペレーションを増加させます。 ここでは、イベントを使用できます。 MQL5ドキュメンテーションに従って、トレードサーバーにトレード操作を完了するとき、トレード テイクプロフィットとは イベントが生成されます。 OnTrade 関数は、このイベントの結果として起動されます。 したがって、この関数は、オープン ポジションと置かれたリミットテイクプロフィットのチェックができます。 これは毎ティックで一致しているか確認させず、同時にチャンスを逃さないようにします。

次に識別の問題が来ます。 一見、すべてが簡単に見えます。 リミットオーダーを確認し、ポジションを開きます。 しかし、今回は異なる戦略においても、異なるアカウントタイプにおいても十分に稼働する汎用的なアルゴリズムを構築しましょう。 またストラテジ内でリミットオーダーが使われることに留意してください。 したがって、 リミットテイクプロフィット を割り当てる必要があります。 これらを識別するコメントを使用します。 今回のリミットオーダーはテイクプロフィットの代わりになるので、それらを識別するために"TP"という文字をコメントに付け加えます。 次に、多段ポジション決済が適用される場合にに備えて、ステージ番号を追加します。 ネットシステムではこれで十分ですが、ヘッジシステムの場合は同時にポジションを複数開く可能性があります。 したがって、適切なポジション テイクプロフィットとは ID をテイクプロフィットコメントリミットに追加する必要があります。

3. リミットテイクプロフィットクラスを作成

上記をまとめてみましょう。 このクラスの機能は、2 つの論理プロセスに分類できます。

  1. サーバーへのリクエスト送信するトレードに変更を加えます。
  2. 監視と修正ポジションを開き、リミットオーダーを配置します。

使いやすさ、CLimitTakeProfit クラスとして のアルゴリズムを設計して、次のすべての関数を静的にみましょう。 これよりプログラム コードでそのインスタンスを宣言しなくても、クラス メソッドを使用できます。

Magic、OnlyOneSymbol、AddTakeProfit、DeleteTakeProfit メソッドは、クラスの動作を構成するためのものです。 Magic - マジック ナンバー (ヘッジ アカウント) のポジションを追跡するために使用します。 テイクプロフィットとは -1 の場合、クラスは、すべてのポジションで動作します。 OnlyOneSymbol でEAが起動されたシンボル チャートのポジションでのみ動作するクラスに指示します。 AddTakeProfit と テイクプロフィットとは DeteleTakeProfit メソッドは、追加および固定テイクプロフィットレベル初期ポジション量の割合として使用します。

ユーザーは、省略可能な場合、メソッドを適用できます。 デフォルトでは、このメソッドは、すべてのマジックナンバと固定テイクプロフィットの設定がないシンボルで稼働します。 リミットオーダーは、ポジションで指定されたテイクプロフィットの代わりにのみ設定されます。

3.1. トレードオーダーの送信を変更

OrderSend メソッドは、EAによって送信されたオーダーを監視します。 名前とメソッド呼び出しの形式は、MQL5 にオーダーを送信するための標準関数に似ています。 このメソッドで標準的な関数を置き換えることによって以前に書かれたEAのコードがするべきアルゴリズムを埋め込むことになります。

予約オーダーのテイクプロフィットを取り替えることの問題は既に説明しました。 このため、このブロックだけで成行オーダーのテイクプロフィットを置き換えることができます。 ただし、注意してください。サーバーによってオーダーが受理されても執行されるとは限りません。 しかも、オーダーを送信した後、オーダーチケットは受け取りますが、これはポジションIDではありません。 したがって、モニタリングブロックでテイクプロフィットを置き換えられます。 ここで、 以前に設定されたテイクプロフィットが変更された瞬間を追跡します。

メソッドのコードの先頭で、送信リクエストがアルゴリズムの動作の設定フィルタに対応するかどうかを確認します。 さらに、トレードの種類を確認する必要があります。 ポジションのストップの変更リクエストに対応する必要があります。 また、テイクプロフィットがリクエスト内に存在するか確認することを忘れないでください。 リクエストが要件の少なくとも 1 つを満たしていない場合は、すぐにそのままサーバーに送信されます。

要件をチェックすると、このリクエストは、リミットオーダーを配置する場所、SetTakeProfit メソッドに渡されます。 このクラスがポジション チケットとシンボルによってタスクの 2 つのメソッドを備えているに注意してください。 ポジション チケットがリクエストに含まれていない場合、二つ目はネットアカウントに適用されます。 メソッドが成功した場合は、ゼロへのリクエストでテイクプロフィットフィールドを設定します。

このリクエストは、テイクプロフィットとストップロスの両方を変更する可能性があるので、ストップロスやテイクプロフィットのポジション設定が適切かを確認します。 必要に応じて、サーバーにリクエストを送信し、関数を終了します。 完全なメソッドのコードは、下の通りです。

SetTakeProfit メソッドを詳細に分析してみましょう。 メソッドの先頭に、指定したポジションが存在する場合、ポジションシンボルの連携を確認します。 次に、ポジションツールのデータを更新します。 その後、リミットオーダー可能な最も近い価格を計算します。 エラーの場合 'false' の結果を持つメソッドを終了します。

次に、固定テイクプロフィットの配置とループを調整します。 最初に、オーダーのコメントを設定します。(コーディングの原理は上で説明) ポジションで指定されたテイクプロフィットまたはリクエストが固定されたものを超えていないかどうかを確認します。 超えている場合、次のテイクプロフィットにします。 また、設定したリミットオーダーのボリュームにポジションが重複しないことを確認します。 リミットオーダーで、ポジションのボリュームを重複する場合は、ループを終了します。

トレードリクエストを処理したら、前に同じパラメータでのリミットオーダーが設定されたかどうかを確認します。 これを行うには、リクエスト構造体を渡すことによって CheckLimitOrder メソッド(このメソッドアルゴリズムは下で説明)を使います。 オーダーが前に設定されていない場合、設定オーダーボリュームを設定ボリュームの合計に追加します。 そのポジションを確保するために必要な配置リミットオーダーボリュームは、互いに対応します。

オーダーが配置されていない場合、現在の価格に関してブローカーの要件に従ってその価格を調整し、サーバーにリクエストを送信します。 リクエストが正常に送信すると、 テイクプロフィットとは テイクプロフィットとは ポジションに設定されたボリュームの合計オーダー量を追加します。

ループを完了すると、変更リクエスト (またはポジション) で指定価格で不足しているボリュームのリミットオーダーを配置するのにのと同じアルゴリズムを使用します。 ボリュームが最小より小さい場合は、'false' の結果を返し、関数を終了します。

メソッドの完了時に配置されたリミットオーダーのボリューム カバー ポジション量であるかどうかを確認します。 もしそうである場合は、ポジションのテイクプロフィットをゼロにし、関数を終了します。

次に、CheckLimitOrder メソッドのアルゴリズム見てみましょう。 機能的には、このメソッドは準備されたトレードリクエストの前にリミットオーダーの存在をチェックします。 オーダーが既に設定されている場合、'true' を返し、新しいオーダーはセットされません。

メソッドの先頭で、リミットオーダーを配置するための最も近い使用可能なレベルを決定します。 以前に配置したオーダーを変更する必要がある場合、 これが必要です。

必要なコメントのオーダーを見つけること、そのボリュームとオーダーの種類を確認します。 パラメータのいずれかが一致しない場合、既存の予約オーダーを削除し、'false' の結果を持つ関数を終了します。 オーダー削除エラーの場合、既存のオーダー量がリクエストボリューム] フィールドに表示されます。

次の段階で検出されたオーダーとパラメータで指定された 1 つのオープンの価格をチェックします。 必要に応じて、現在のオーダーを変更し、'true' の結果を持つメソッドを終了します。

しかし、リミットオーダーはそのボリュームで既に発動している可能性もあります。 したがって、オープンオーダーの中で必要なオーダーがない場合は、同様に現在のポジションのオーダーヒストリーをチェックします。 この関数は、最後にCheckOrderInHistory メソッドで実装されます。

  1. (ネットアカウント) ポジションで直接アクティベート。
  2. (ヘッジアカウント)リミットオーダーは、反対のポジションを開き 互いにポジションを閉じます。

ヘッジアカウントについては、オーダーが他のポジションに関係しているかどうかまず確認する必要があります。 別のポジションのオーダーが検出された場合は、そのポジションの必要なコメントのオーダーを詳しく見ます。 これを行うには、CheckOrderInHistory 関数の再帰呼び出しを実行します。 ループを避けるために、メソッドがメソッドを呼び出す前に、このポジションから呼び出されたかどうか確認します。 オーダーが検出された場合は、'true' の結果でメソッドを終了します。 それ以外の場合、ポジションのヒストリーをリロードして、次のトレードに移動します。

3.2. トレードオペレーションプロセス

監視および既存のポジションとオープンのリミットオーダーを修正する提案アルゴリズムの第 2 ブロックを形成します。

メソッドアルゴリズムで準備タスクを開始: アカウントのオープン ポジションの数を取得し、オーダータイプを確認します。

次に、オープン ポジションを繰り返し処理するループを配置します。 ループの先頭ポジションがシンボルとマジックナンバー (ヘッジのアカウント) に対して並べ替え条件に対応するかどうかを確認します。

ヘッジアカウントについては、リミットテイクプロフィットを処理するポジションが開かれているか確認してください。 その場合、操作によって、決済を実行します。 ポジションが正常に決済した後は、次のポジションに移動します。

ポジションをオープン ループのチェックを完了すると、アクティブなリミットオーダーがポジションを開き、必要に応じて、ポジションをクローズした後、残りのリミットオーダーの対応を確認します。 これを行うには、CheckLimitOrder メソッドを呼び出します。 この場合、上記で説明した関数とは異なり、パラメータを指定せず関数を呼びます。 これは、完全に別のメソッドを呼び出し、関数のオーバー ロードプロパティにより発生します。

テイクプロフィットの検出リミット後、コメントから反対のポジション ID を取得します。 指定したポジションにアクセスするのに ID を使用します。 そのポジションが存在しない場合は、オーダーを削除します。

ポジションのアクセスを管理する場合は、オーダータイプがポジションタイプに対応しているか確認します。 このチェックは、反転ポジションが可能なネットアカウントに必要です。 不一致が検出された場合は、オーダーを取り外して次のいずれかに移動します。

4. EAにクラスを統合

覚えているかもしれませんが、今回のクラスのすべてのメソッドが静的クラスのインスタンスを宣言しなくても使用できます。 このようなアプローチは、既に開発済みのEAへのクラス統合を簡素化する意図があります。 実際には、これはEAにクラスを統合に向けた最初のステップです。

次に、 LimitOrderSend 関数と同様の呼び出しパラメータを持つ、 OrderSend 関数を作成します。 クラスのコードの下に位置する、CLimitTakeProfit::OrderSend メソッドを呼び出します。 次に、 #define ディレクティブを使用して、カスタムの 1 つに元の OrderSend 関数を置き換えます。 このメソッドを適用すると、同時に全体のEAのコードに沿ってそのようなコマンドの検索に時間を無駄にしていないので、トレードのリクエストを送信するすべてのEA関数にコードを埋め込むことができます。

次に、 EAにクラスを統合する#include ディレクティブを使用してクラス ファイルへの参照を追加しなければなりません。 クラスをその他のライブラリやEAのコードを呼び出す前に配置させることを覚えておいてください。 以下はターミナルの標準的な配信から MACD が Sample.mq5EAにクラスを追加する例です。

実際のアカウントに使用する前に、EAをテストすることを忘れないでください。

この記事では、リミットオーダーで決済するポジションのテイクプロフィットに代わるメカニズムを提供しました。 既存EAに可能な限り簡単に導入できる仕様にしました。 この記事がお役に立つことを願っています。また、長所短所を評価することができると思います。

【TP/SL】利確と損切りポイントは予約注文しておいたほうがいい?重要:経済指標での攻めと守り

FXトレード日記ランキング にほんブログ村

SL(Stop Loss:ストップロス):
損切りライン(ロスカットライン)
TP(Take Profit:テイクプロフィット):
利食いにより利益を確定させる取引

SLを入れないで、
含み損から含み益になるまで
待つという選択肢は、
そもそも エントリーが間違っていた ということです。

【TP】テイクプロフィットを入れていなと、含み益が出ていても利確できない。。

通貨:NZDUSD

アラート:0.668
SL: 0.6699(19pips)
TP: 0.66247(55PIPS)
ロット:3.7

経済指標の考え方、分析、予測、基本的な概念

答えは、
トレンド方向に流れる です。

トレンド方向にポジションを持っていれば、追い風となることも

なので、
着実に行くなら、
・発表の時間帯はやらない
・発表の時間帯までにポジションを手仕舞いする
という選択肢をとります。
守りの部分 ですよね。

前回に対しての予想と結果はあてにならない

まず、
基本的には相場に入らない。
これが大前提。
そして、ポジションを持つときは、
トレンド方向に持っていた場合に限る。
ここに落ち着きました。

例えば、
環境認識がダウントレンド の場合、
経済発表の結果、トレンド方向へ動く。
つまり 環境認識のダウントレンド へ動くということです。

テイクプロフィットとは

理由なんて何でもいいんです。
ただ、 脳の思考を少なくするため に、
答えを決めてあげるだけです。

TakeProfitをいれていれても、いれなくても後悔をする

TPありTPなし
利確時間朝:0.6623
寝起き:0.テイクプロフィットとは 6653
利益計算(含み益)
57pips(0.668-0.6623)×3ロット×1000=171,000円
計算(含み益)
17pips(0.668-0.6663)×3ロット×1000=51,000円
マインド自動的に行なってくれるので、やきもきしない。昼頃プラスですぐに利確。
「もっと早く手仕舞いしたらもう勝ったのに・・・」後悔。
感情 中庸(ニュートラル) 感情(負けたときと同じ感情)

【Stop Loss】ストップロスは入れておいたほうがいいのか?入れないほうがいいのか?

ストップロスありストップロスなし
急騰急落損切り(想定内)含み損(どのくらい膨らむか未定)
急騰急落後、
同じ場所に戻った場合
再エントリー切ってないので、結果プラス
急騰急落後、
さらに膨らんだ場合
再エントリー含み損(さらに損が膨らむ)

確かに、それはあってます。
しかし、いつ戻るかわからない。
含み損を抱えてる時の気持ちは落ち着きません。 (感情が出る人は要注意)

例えば、10万の仕入れで 6万の利益 が取れる商品があったとします。
ただ、 半年に1個売れるかどうかの回転率 です。

それだったら、
回転率が早い商品で
仕入れ1万、利益1000円が取れる商品 を回したほうがいいです。

回転率:遅い 利益:高い回転率:早い 利益:低い
資金20万20万
仕入10万(半年後:利益6万)1万(即日:利益1000円)
1ヶ月後の資金仕入:20万(資金)ー10万(仕入)=10万
資金:10万
仕入:20万ー10万=10万
売上:10万(仕入)1万(利益)+10万(資金)
資金:21万
2ヶ月後の資金仕入:20万(資金)ー10万(仕入)=10万
資金:10万
仕入:21万ー10万=11万
売上:10万(仕入)+1万(利益)+11万(資金)
資金:22万
3ヶ月後の資金仕入:20万(資金)ー10万(仕入)=10万
資金:10万
仕入:22万ー10万=12万
売上:10万(仕入)+1万(利益)+12万(資金)
資金:23万
6ヶ月後の資金売上:10万(仕入)+6万(利益)+10万(資金)
資金:26万
仕入:25万ー10万=15万
売上:10万(仕入)+1万(利益)+15万(資金)
資金:26万
資金(キャッシュフロー推移)1ヶ月後:10万
2ヶ月後:10万
3ヶ月後:10万
6ヶ月後:26万
1ヶ月後:21万
2ヶ月後:22万
3ヶ月後:23万
6ヶ月後:26万

6ヶ月後には同じ結果だとしても、
資金の推移 が異なってきます。

しかし、毎月お金が循環するほうが
リスクは少ない です。

本音で言えば、
「損切りしたくない」 テイクプロフィットとは ということでしょう。

損切りしてFXを2度とやらないのも一つですが、
失敗をバネにして、壁を乗り越えられたら間違いなくブレイクスルーが起きていると思います。 ちょっとの損切りで諦めないで、頑張って欲しい と願っています。

Auto Stop And TakeProfit Expert Advisor For MT4

Auto Stop And TakeProfit Expert Advisor For MT4

PLEASE NOTE: This expert advisor was publicly available for free usage on other websites and is not programmed by us. We explain the functionality and possible improvements of the EA. Furthermore, we are convinced that fully automatic Expert テイクプロフィットとは Advisors will fail in the long run. On the other hand, our semi-automatic テイクプロフィットとは approach with detecting the best setups and then activating our Expert Advisors (e.g. V-Power EA, EdgeZone EA) produced many successful traders and some of them even got prop traders at prop trading firms. Therefore, we added a similar semi-automatic trading feature (to allow only buy テイクプロフィットとは テイクプロフィットとは or only sell trades) to the free テイクプロフィットとは Expert Advisors. You can download the modified version here and enjoy!

Table Of Contents:

Auto Stop And TakeProfit Expert Advisor For MT4 の Auto Stop And TakeProfit Expert Advisor For MT4 は、1つの機能のみを実行する基本的な取引管理ユーティリティです。いずれかのチャートで実行されると、エキスパートアドバイザーは、取引があるかどうか、および取引にストップロスがあり、すでに利益を上げているかどうかを確認します。そうでない場合、ロボットはストップロスを設定し、ユーザーが入力で定義した希望の金額に基づいて利益値を取得します。

Auto Stop And TakeProfit Expert Advisor For MT4 テイクプロフィットとは の Auto Stop And TakeProfit Expert Advisor For MT4 –エントリー基準

Auto Stop and TakeProfit Expert Advisorを最初にチャートにドロップすると、メインチャートの左上部分に「AutoStop-TakeProfitExpertisrunning」というテキストを含むボタンが作成されます。このチャートを確認するために立ち寄ったユーザーの注意を引くために、大きなテキストで表示され、カラフルな背景で強調表示されます。このようにして、ユーザーはその存在を認識し、すぐに使用できます。

  • StopLoss = 250 –ロボットは、現在のシンボルのトレードのストップロスを250ポイント(または25ピップ)に設定します。ユーザーは、取引されたセットアップと時間枠に基づいて、この値を自由に変更できます。
  • TakeProfit = 250 –ロボットは、現在のシンボルの取引のテイクプロフィットを250ポイント(または25ピップ)に設定します。ユーザーは、トレードされたセットアップと時間枠に従っていつでもこの値を調整できます。
  • size = 10 –この変数は、画面の左上部分に作成されたボタンのテキストのサイズをピクセル単位で示します。テキストが大きすぎたり小さすぎたりする場合、ユーザーは適切なサイズが見つかるまで他の値を試すことができます。サイズはリアルタイムで調整されます。

Auto Stop And TakeProfit Expert Advisor For MT4 の Auto Stop And テイクプロフィットとは TakeProfit Expert Advisor For MT4 –終了基準

Auto Stop テイクプロフィットとは and TakeProfit Expert Advisorは、ストップロスを設定し、トレーダーが希望する利益価格を取得する以外は、トレード管理に関与しません。これが行われると、各取引にどの結果を与えるかを決定するのは市場次第です。価格がストップロスに触れると、取引は損失に終わります。それがテイクプロフィットに当たると、トレードはプロフィットで終了します。

easyMarkets の取引ツール

責任ある取引: テイクプロフィットとは EF Worldwide Ltdは、この広告、電子メール、またはその関連ウェブサイトで言及されているいかなる金融商品のメリットについても推奨を行っておらず、含まれている情報は、 お客様の個人の目的、財務状況、およびニーズを考慮していません。従って、これらの商品のお取り扱いに伴うリスクを考慮するだけでなく、お客様の目的、財務状況、およびニーズを考慮しながら、これらの商品が適切であるかどうかを検討す る必要があります。 EF Worldwide Ltdは、EF Worldwide Ltdの金融商品に関するいかなる決定をも下す前に、クライアント契約を必読することをお勧め致します。取引にはかなりの損失リスクが伴います。お客様の損失許容範囲を超えるほど の金額のお金を投資しないようにしてください。 EF Worldwide Ltdは、JFSAの監督下にはなく、金融商品の提供や金融サービスの勧誘を目的としたいかなる行為にも関与しておらず、このウェブサイトは日本の居住者を対象としていません。」 EF Worldwide Ltd(セーシェル金融サービス局 - ライセンス番号SD056)

easyMarketsは、EF Worldwide Ltdの商号です。登録番号:84227941このウェブサイトは、EF Worldwide Limited(Blue Capital Markets Groupの一部)によって運営されています。

制限地域: easyMarketsは以下の国や地域の居住者にサービスを提供していません:アメリカ合衆国、イスラエル、ブリティッシュコロンビア、マニトバ、ケベック、オンタリオ、アフガニスタン、ベラルーシ、ブルンジ、カンボジア、ケイマン諸島、チャド、コモロス、コンゴ、キューバ、コンゴ民主共和国、赤道ギニア、エリトリア、フィジーなど 、ギニア、ギニア-ビサウ、ハイチ、イラン、イラク、ラオス、リビア、モザンビーク、ミャンマー、ニカラグア、北朝鮮、パラオ、パナマ、ロシア連邦、ソマリア、南スーダン、スーダン、シリア、トリニダードとトバゴ、トルクメニスタン、バヌアツ、 ベネズエラ、そしてイエメン。

エントリーサイン検証で見ること

なにがやりたいのか ブログ更新をサボりにサボリまくってるajinoriです、こんにちは。 2月頃から「単純なエントリーポイントの検証」をするとかのたまってた割に重たい腰があがりません。 とりあえず自分 .

どうでもいいですが、インジケーター検証といったり、エントリーポイント検証といったりブレブレになってるので、今後 『サイン検証』 と呼ぶことにしときます。

そこでこの検証ではシンプルに「 このサインでエントリーすることはランダムで計算される勝率に比べて少しでも優位性があるのか 」ということを主眼に置きます。

ストップロス(SL)、テイクプロフィット(TP)固定で勝率を検証する

具体的には ストップロス(SL)とテイクプロフィット(TP)を固定したときの勝率 テイクプロフィットとは を見ていきます。

設定した SLとTPの比率をリスクリワード比(RRR) と呼びます。RRR = TP テイクプロフィットとは pips / SL pipsです。

仮に 「相場はランダムウォーク」とすれば適当にエントリー したときの勝率 は計算上このようになります。

テイクプロフィットとは テイクプロフィットとは テイクプロフィットとは
リスクリワード比 (RRR) SL : TP 勝率
0.5 2 : 166.7 %
1 1 : 1 50 %
2 1 : 233.3 %
3 1 : 325 %
4 1 : 4 20 %

同時に(手数料やスプレッドを無視すれば) この勝率が損益分岐ライン となります。「リスクリワードが2の場合、勝率33.3%を超えればギリ利益になる」ということですね。この辺は感覚的に把握してる方も多いでしょう。

つまりはなんらかの サインどおりにエントリーすることでこの勝率を明らかに超えるようであれば、「そのサインには優位性がある」と言える わけです。

勝率グラフの見方

縦軸 (y軸) が勝率、横軸 (x軸) がリスクリワード比 です。見やすいように対数グラフにしているため、y軸目盛りが不自然に感じるかも知れませんが、水色点線と黄色線のズレだけを気にしてみていただければいいです。

黄色線が水色線から 上にずれていればずれているほど「サインに優位性がある可能性が高い」 と判断します。薄水色の領域はみでるくらいずれてたらかなりの確率で優位性があると思ってください。

1つのグラフで ストップロスを固定 して、リスクリワード比を上げていったとき勝率の推移を見ています。

具体的に何をしているか

まずはストップロスを値幅×1倍、テイクプロフィットを 値幅×1倍(RRR1) に設定して500回トレードしたときの勝率を算出します。

続いてストップロスを値幅×1倍、テイクプロフィットを 値幅×1.2倍(RRR1.2) に設定して500回トレードしたときの勝率を算出します。

最後にストップロスを値幅×1倍、テイクプロフィットを 値幅×10倍(RRR10) に設定して500回トレードしたときの勝率を出します。

薄水色の領域はなにか

その目安が薄水色領域です。 線が多少ずれていても水色の領域内であれば 「偶然偏ってただけ」の可能性も考えて「 もしかしたら優位性あるかもね 」くらいに考えます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる