インサイダー取引

無料のストップロス自動設定

無料のストップロス自動設定
▼ 「CXC Markets」
FXと俺のサブ口座

第63回 MT5 無料 EA 無料のストップロス自動設定 MTF and Accelerator Oscillator FX 自動売買

第63回 MT5 無料 EA MTF 無料のストップロス自動設定 and Accelerator Oscillator FX 自動売買

☆MTF マルチタイムフレーム 3本
Accelerator Oscillator

☆エントリー
それぞれもACが、それぞれの時間軸で、0を上回れば、買い。
下回れば、売り。

//AC オシレーター
input group “AC オシレーター”
input ENUM_TIMEFRAMES AC_period_S = 無料のストップロス自動設定 PERIOD_CURRENT; //AC オシレーター 計算対象時間軸 S

//AC オシレーター
input group “AC オシレーター”
input ENUM_TIMEFRAMES AC_period_M = PERIOD_CURRENT; //AC オシレーター 計算対象時間軸 M

//AC オシレーター
input group “AC オシレーター”
input ENUM_TIMEFRAMES AC_period_L = PERIOD_CURRENT; //AC 無料のストップロス自動設定 無料のストップロス自動設定 オシレーター 計算対象時間軸 L

//プロフィット・ストップロス 設定
input group “プロフィット ストップロス 設定”
//注文時
input double TP_Bairitu = 0; //注文時プロフィット 0=設定しない 以外=現在価格からの、率 例: 0.005
input double SL_Bairitu = 0; //注文時ストップロス 0=設定しない 以外=現在価格からの、率 例: 0.005
//ティック時
input int TP_kin = 0; //ティック時判定 プロフィット 0=設定しない 以外=固定値判定 例: 100
input int SL_kin = 0; //ティック時判定 ストップロス 0=設定しない 以外=固定値判定 例: -100
//反転売買
input bool Hanten_Baibai = 0; //判定決済時、反転売買をする プロフィット、ストップは、しない

//lotとマジックナンバー
input group “ロットとマジックナンバー”
input double Fix_Lot = 0.01; //購入ロット
input ulong MagicNumberA = 123456789; //入力マジックナンバー
ulong MagicNumber = 123456789; //使用マジックナンバー

//情報出力設定
input group “情報出力設定”
input bool log_out 無料のストップロス自動設定 = 0; //ログを出力するか
input bool log_file_out = 0; //ログをファイルに出力するか
string logdata_path = “EA_Log”; //出力パス
string logdata_name = “.csv”; //出力形式

input group “テスターカスタム結果出力”
input int Custom_out = 0; //カスタム出力 0=無効 1=勝率 2=買勝率 3=売勝率 4=取引数 5=勝率(取引数考慮)
input double kagen_wariai = 0.5; //取引数考慮 最低ロウソク足の割合% 以下なら結果を無効にする
input int DamiDami = 0; //ダミー設定 最適化無効用

TP_Bairituと、SL_Bairituは、ポジション取得時に、それぞれ設定されます。
0の場合は、なし。
0.01ならば、仮に現在価格が、
100円ならば、利確が、101(100+100*0.01)となり
ストップ・ロスが、99(100-100*0.01)となります。

TP_kinと、SL_kinは、固定値を入れます。Tick毎に、判定される。
TP_kinを、1000と入力すると、損益が、1000以上になると、決済されます。
SL_kinに、-100と入力すると、損益が、-100以上になると、決済されます。
SL_kinは、マイナス値を入力してください。

パラメータ設定 バックテスト結果 損益グラフ

【公開】Forex Kore EAのパラメーター設定【筆者の経験をもとに解説】

【公開】Forex Kore EAのパラメーター設定【筆者の経験をもとに解説】

EAレビュー

Forex Kore EAを購入した人「Forex Kore EAのパラメーター設定を知りたい。これからForex Kore EAを動かすんだけど、パラメーターとかってどうやって設定したらいいんだろう? 経験者のやり方を聞いてみたいな。」

  • Forex Kore EAのパラメーター設定はデフォルトでOKです
  • Forex Kore EAで重要なパラメーターはこれ
  • Forex Kore EAのパラメーター設定を変更する前に

この記事を書いている筆者は、専業投資家歴8年ほど。2016年からは東南アジアで海外ノマドをしながら、投資収益だけで生活しています。

パラメーター設定はもっと正当に理解され、かつ利用されるべきという想いを込めて、「Forex Kore EAのパラメーター設定」を記事にします。

Forex Kore EAのパラメーター設定はデフォルトでOKです

Forex Kore EA開発者も次のように言っています。

Attention . Do not change anything in settings, if you do not understand what you’re doing!(日本語訳:パラメーターの意味や機能が理解できない場合は変更しないでください。)

引用元:Forex Kore EAユーザーマニュアル

ただ、Forex Kore EA公式サイトが推奨する次の3つの環境設定は必ずその通りにしましょう。

  • 推奨する取引通貨ペア
  • 推奨する取引環境
  • 推奨する運用環境

推奨する取引通貨ペア

推奨する取引環境

推奨する運用環境

Forex Kore EAのレビューを知りたい。海外製EAのForex Kore EAが良いって聞いたけど、、、果たして本当なのか? メリット・デメリットから利用者の口コミレビューを見てみたいな。」←こういった疑問に答えます。本記事の内容:1.損失で終わったけど…Forex Kore EAはおすすめか【レビュー】

Forex Kore EAで重要なパラメーターはこれ

Forex Kore EAのパラメーターの設定は37個あります。

次の4つのパラメーターの設定は必ず確認しましょう。

  • ① UseManualLots:固定ロットでの取引のオンオフ
  • ② Lots:最初に建てるポジションのロット数
  • ③ Booster:ナンピンするポジションの乗数
  • ⑨ Divider:資金管理機能のリスク設定

Forex Kore EAで重要なパラメーターはこれです

①:UseManualLots

— if you 無料のストップロス自動設定 無料のストップロス自動設定 use the original Lot greater than 0.01, the value must be TRUE.

– Starting lot size. This is the 無料のストップロス自動設定 smallest trade size that will be opened, and the sizes will be, incremented from there by the booster. So remember to start as low as possible. These lot settings are the RECOMMENDED sizes for each account
type.

③:Booster

– 1.7 DEFAULT – The booster is used to multiply the lot size of progressive trades against a trend until the price 無料のストップロス自動設定 retraces the take profit amount. Raising this = higher risk, lowering this with the default settings will result in lower risk, but more losses more often.

④:TakeProfit

– The amount of pips to close trades at.

⑤:PipStarter

– This is the amount of Pips for the price to move against an 無料のストップロス自動設定 open trade before the EA will open another against the trend with a higher lot size.

⑥:TurboMode

— option, which increases the profitability in flat market.

⑦:TurboDivider

— amount of orders which 無料のストップロス自動設定 is activated “TurboMode”.

⑧:ContinueTrading

— Closing option when a closed net of orders. If TRUE – trading will be continued, if false – no new trading when a net of orders will be closed.

⑨:Divider

– Money management system. Calculation formula: Lots = 0.00001 * (AccountBalance/Divider). Deactivated by default.

— Money management calculation parameters, calculation examples:
$100,000—Divider 100 = 0.01 lots
$100,000—Divider 10 = 0.1 lots
$200,000—Divider 100 = 0.02 lots
$200,000—Divider 無料のストップロス自動設定 10 = 0.2 lots
$10,000—Divider 100 = 0.001 lots
$10,000—Divider 10 = 0.01 lots
$10,無料のストップロス自動設定 000—Divider 1 = 0.1 lots
$20,000—Divider 100 = 0.002 lots
$20,000—Divider 10 = 0.02 lots
$20,000—Divider 1 = 0.1 lots
$5,000—Divider 10 = 0.005 lots
$5,000—Divider 1 = 0.05 lots
$5,000—Divider 0.5 = 0.1 lots

Forex Kore EAで重要なパラメーターはこれです

⑩:ChartDisplay

— trading 無料のストップロス自動設定 information displayed on the screen.

⑪:UseStopLossPct

– turning on StopLossPct option.

⑫:StopLossPct

— drawdown percentage size of the balance when the orders will be forcibly closed. This parameter is used as an emergency closing of positions in order to avoid incineration account of the big trend.

⑬:UseTakeProfitPCT

– turning on TakeProfitPCT option.無料のストップロス自動設定

⑭:TakeProfitPCT

— profit size as a percentage of the balance when all orders will be closed.

テイクプロフィットとは、利食いにより利益を確定させる取引をいいす。 Take Profit(T/P)と表記されます。

⑮:UseTrailingStop

⑯:StartTrailing

— amount of 無料のストップロス自動設定 pips, to start the trailing.

⑰:StopTrailing

— amount of pips, to close the trailing.

⑱:Slippage

Forex Kore EAで重要なパラメーターはこれです

⑲:UseStrategy_1

– 1st strategy use.

⑳:MagicNumber_1

– 1st strategy orders unique number

㉑:MaxTrades_1

– maximal order amount of 1st strategy

㉒:UseStrategy_2

— 2nd 無料のストップロス自動設定 strategy use.

㉓:MagicNumber_2

– 2nd strategy orders unique number.

㉔:MaxTrades_2

– maximal order amount of 2nd strategy.

㉕:UseStrategy_3

— 3rd strategy use.

㉖:MagicNumber_3

無料のストップロス自動設定 無料のストップロス自動設定 3rd strategy orders unique number.

MT4においては、マジックナンバーは注文の識別番号です。 MT4のEAは、あるポジションが、どこから発注されたのかを、マジックナンバーによって識別します。 マジックナンバーは、MT4の同一口座で1つのEAしか運用しない場合は必要ありません。

㉗:MaxTrades_3

– maximal order amount of 3rd strategy.

Forex Kore EAで重要なパラメーターはこれです

㉘:UseDollarTakeProfit_s1

– turning on DollarTakeProfit_s1 option.

㉙:DollarTakeProfit_s1

— profit amount of deposit currency, which closed at the 1st strategy orders.

㉚:UseDollarTakeProfit_s2

– turning on DollarTakeProfit_s2 option.

㉛:DollarTakeProfit_s2

— profit amount of deposit currency, which closed at the 2nd strategy orders.

㉜:UseDollarTakeProfit_s3

– turning on DollarTakeProfit_s3 option.

㉞:DollarTakeProfit_s3

— profit amount of deposit 無料のストップロス自動設定 currency, which closed at the 3rd strategy orders.

㉟:system1_comment

— 1st strategy order comments.

㊱:system2_comment

— 2nd strategy order comments.

㊲:system3_comment

— 3rd strategy order comments.

Forex Kore EAのレビューを知りたい。海外製EAのForex Kore EAが良いって聞いたけど、、、果たして本当なのか? メリット・デメリットから利用者の口コミレビューを見てみたいな。」←こういった疑問に答えます。本記事の内容:1.損失で終わったけど…Forex 無料のストップロス自動設定 Kore EAはおすすめか【レビュー】

Forex Kore EAのパラメーター設定を変更する前に

  • 1.スプレッド幅を利用するFX会社に合わせる
  • 2.MM機能を最小値にする

というわけで、今回は以上となります。
Forex Kore EAを購入する場合は、必ずデモ口座で始めてください。
» 無料のストップロス自動設定 60日間の無条件返金保証:Forex Kore EA公式サイトを見てみる

Forex Kore EAのレビューを知りたい。海外製EAのForex Kore EAが良いって聞いたけど、、、果たして本当なのか? メリット・デメリットから利用者の口コミレビューを見てみたいな。」←こういった疑問に答えます。本記事の内容:1.損失で終わったけど…Forex Kore EAはおすすめか【レビュー】

チョコ停の原因と対策

チョコ停の原因と対策

計算例: 5分×(100個/分×5円)=2,500円/1回 ←チョコ停1回当たりの損失金額
2,500円×24回/日=60,000円/1日 ←チョコ停による1日当たりの損失金額
60,000円×365日=21,900,000円/年 ←チョコ停による1年当たりの損失金額 無料のストップロス自動設定 解決による経済効果: ここまで一連の調査で判明した3種類の大きなエラーが、チョコ停全体に占める割合は半数以上であることがわかりました。これを損失金額に換算すると、上記で算出した損失金額約2,200万円に対し、約1,200万円以上であることがわかります。 つまり、「位置検出エラー」と「印字認識エラー」、「ねじの締め付け検出エラー」の3種類のエラーを改善することで、約1,200万円の損失を防ぐことができるということです。

チョコ停の改善

位置検出エラーの改善

現在の検出方法: ・複数のねじやクリップなどを検出するため、検出するポイントの数だけ光電センサおよび接触式センサを設置。 対策: ・検出可能範囲が広いセンサを導入する。

位置検出エラーの改善

印字識別エラーの改善

現在の検出方法: ・パッケージに印刷されたシリアル番号やコードの有無を画像センサで検出。 対策: ・反射光やハレーションの影響を受けないセンサを導入する。

印字識別エラーの改善

ねじの締め付け検出エラーの改善

現在の検出方法: ・複数のねじの締め付けを高さで検出するため、検出するポイントの数だけ光電センサおよび接触式センサを設置。 対策: ・反射光やハレーションの影響を受けず、ねじの有無とねじ頭の高さが検出できるセンサを導入する。

『ダウンロード自由!』法定通貨ペア専用EA(自動売買システム)のラインナップ

『ダウンロード自由!』法定通貨ペア専用EA(自動売買システム)のラインナップ

ore-EA(ver.1)と(reverse)は『true:両建て禁止』を選択しておく事をおすすめします。ore-EA(ver.1)と(reverse)のストップロスは50pipsと比較的浅く設定しています。
『両建て禁止』にしておくとEAの判断により、テイクプロフィットやストップロスに到達するまでに決済されることもあります。
つまり、テイクプロフイット15pips~ストップロス50pipsの値幅の範囲ではEAの判断を優先させた方が良いと考えています。
また、『false:両建てする』を選択すると、並行して逆のポジションをエントリーする場合もありえます。

『おすすめ1!』ore-EA(無料のストップロス自動設定 ver2.1)が損切りするタイミングを狙ったore-EA(ver2.1)

ore-EA(ver2.1)のパラメーター設定

逆行値:30とあります。
これはore-EA(無料のストップロス自動設定 ver.1)がエントリーしたポジションのうち、30pips逆行した通貨ペアを同じ方向にエントリーし10pipsの利益確定を狙うEAです。
ore-EA(ver.1)のストップロスの設定は50pipsですが、ストップロスまで到達するポジションは、当然ですが30pips以上の含み損を抱えています。
この30pips以上の含み損を抱えたポジションは、高確率で損切りにありますので、そのうち10pipsを狙ったエントリーの期待値は非常に高くなります。

ore-EA(ver2.1)のトレード結果

『おすすめ2!』ore-EA(reverse)が損切りするタイミングを狙ったore-EA(ver2.R)

ore-EA(ver2.R)のパラメーター設定

ore-EA(ver2.R)のトレード結果

ore-EA(ver2.1)と(2.R)は『false:両建てする』を選択しておく事をおすすめします。ore-EA(ver2.無料のストップロス自動設定 1)と(2.R)のストップロスは150pipsと比較的深く設定しています。
『両建て禁止』にしておくとEAの判断により、テイクプロフィットやストップロスに到達するまでに決済されることもあります。
つまり、テイクプロフイット10pips~ストップロス150pipsの値幅の範囲では、浅い損切りは避けるべきと考えています。

ore-EA(ver2.1)と(2.R)を1つにしたore-EA(ver.3)

oregold-se2のエントリーロジックを法定通貨ペア用に改良したore-EA(se2)

▼ 「CXC Markets」 無料のストップロス自動設定
FXと俺のサブ口座

公式LINE@FXと俺

YouTube

FXと俺 公式YouTubeチャンネル登録

FXと俺の相場のミカタ

『FXと俺 』LINEグループ代表の俺

『FXと俺 』LINEグループ代表の俺

『FXと俺 』LINEグループ代表の俺

『FXと俺 』LINEグループ代表の俺

簡単な気持ちでFXを始めると、大切なお金を無くすことになるかもしれません。
私自身が大きな失敗を経験しました。
しかし、最高の準備をして確信の持てるトレードを回していけば、驚くほどの世界が待っているのも事実です。レバレッジは低いにことしたことはありません。しかし、更に良いのはハイレバレッジの環境でロウレバレッジの取引を実践することです。
相場の結果は最終的に時間が解決してくれます。まずはそのことに気づいておくことが重要だと思います。

ストップロス

ストップロスの場所を決めるときほど悩ましいことはありません。 資金のロス幅を限定するために大切なストップロスですが、広く取りすぎれば失う金額が上がり、狭すぎれば簡単に損切りが入ってしまう、悩ましい相手でもあります。受講生から損切りへの質問を受け取りましたので、回答講義を作成し、その一部を公開しました。 https://youtu.be/qRdCwmPIFHY ■ 受講生質問 一時的なスパイク(長いヒゲ)で損切りされることを回避する方法はありますか? 負けないトレード実践編の講義で目から鱗がぼろぼろ落ちています。 さて、相場の方向性は合っているのに一時的なスパイクでストップにかかることが多々あります。例えば、下の矢印で反発したと思いロングに入り、損切りされました。 幅が狭かったのかとも反省してますが、いかんせんIFDONEOCO(注・事前にエントリー・利食い・損切り場所を自動設定する注文方法)がメインなので恐怖心から損切り幅を狭くしてしまいがちです。 今回は特にエントリー後すぐに損切りされたような形なので悔しい気持ちでいました。この一時的なスパイクを回避する方法はあるのでしょうか? (鶴亀さま) 学んだことを現実のトレードに適用し、うまく行かなかった事例の記録を取り、具体的な質問をされている鶴亀さんのトレード能力は、すでに相当に向上されていることが良く分かります。 さて添付して頂いたのは、ユーロ円(EUR/JPY)のペアとなるわけですが、問題の一つはペアの選び方にあります。 ユーロ円は、基本的にユーロドルとドル円とを掛けあわせてできた合成ペア(掛け算ペア)になるので、トレードの戦略を作るときには、基となるEUR/USD USD/JPYのペアを見てやる必要があります。 ▼ エントリーしたときのユーロドルチャート ▼ おなじくドル円のチャート 緑色の上向き矢印を付けたところが、鶴亀さんがユーロ円でロングに入った場所です。 2つをみると分かりますが、ユーロドルは下を向き、ドル円は上に向かっています。 ということは、合成ペアのユーロ円は、上にも下にも行けなくなって、横に向かうしかありません。そして方向感のないペアは、もっとも避けるべきものです。 ですから、今回の改善すべき点の一つは、「方向感のあるペアを選んでおくべきだった」ということが挙げられます。 ところで結局ストップの幅は問題だったのか?という点ですが、今回のケースでは他にもいくつか向上できるポイントがあります。 続きは本編内に回答講義をアップしておりますので、突っ込んで知りたい、さらに質問をしよう!という方は受講をお待ちしています! 負けないトレード実践編にアップした追加回答講義 セッション別の特有な値動きのクセを把握しておくことで、5分足等の短い時間足で有利なポジションを取る方法を知り、フィボナッチ・レベルを正しいスウィング波動で切り取り、さらに見えていないレジスタンスを可視化するピボットポイントの活用方法という、合計3つの講義を追加しています。 追加講義は、セッション・波動・ピボット可視化 時間の特性|デイトレードではセッションのクセを掴むべし ストップ幅は?|正しく波動を切り取る 見えないレジスタンスを可視化する|ピボット応用編 476名の方が既に受講をされている以下の講義でカバーをしています。 ▼ 負けないトレード実践編 それでは、ハッピー・サマー!!

lossMT4

MT4は損切りできない?

MT4に成り行きで入れたポジションには、損切り注文を入れられない?読者の方から質問を頂きましたので回答してみました。 「少し古い記事(こちら)ですが、とても参考になりました。現在MT4デモ口座にて悪戦苦闘しておりましたが、とても分かりやすく理解できました。 ちなみに成行注文からのストップ注文がうまくできません。色々と調べてはいるのですが、管理人様のビデオのこのあたりの場所にみたいな注文方法はないのでしょうか?」 (Matsudaさん) ■:基本は発注時点でストップと利食いの設定をしておく MT4は注文時点で損切り・利食いのターゲット価格を設定した上で注文を流すことが出来るので、基本はエントリーの時点でストップとターゲットを決めておくことがお薦めです。 一方、指定をせずに成り行き注文からポジションを持った後で、利食い・損切りの注文を追加で入れることもできます。 DealBookに慣れていると、買いのポジションに対して別の売り注文で相殺したりするのですが、MT4でそれをやると両建てになってしまいます。 既存のポジションに追加でストップ/ターゲットを入れたほうが、スプレッドを2重に支払わずに済みますね。 読者の方から教わったので、動画にてシェアをさせて頂きました。 ご質問者の方、教えていただいた方、本当にありがとうございます。

ストップロス

ストップロスの使い方 (Managing Stop Loss)

私がトレードを開始して一番困ったのがストップロスの設定方法でした。日本語のリソースを調べても、「損を拡大させない安全装置」等の説明しかありません。トレードにエントリしてストップロスを設定する度にヒットされ、相場はその後急反転し、あと15pip余分を見ておけば、、などという後悔はしょっちゅうでした。 ではプロトレーダーはストップロスをどのように使っているのでしょうか? 無料のストップロス自動設定 ストップロスの設定方法は幾つもありますが、私が使っている方法は、テクニカル分析で自分の戦略が間違っている事が確認出来る場所に設定するというものです。 この大前提として、エントリするトレードは報酬比率2~3倍見込めるものである必用があります。(参照:報酬比率、リスク・リワード比を管理する) 下の図はエントリの地点から利食いターゲットまでの距離が300。ストップロスまで100。報酬比率は300/100=3倍となり、エントリする価値のあるトレードであると言えます。 一方で以下の図は利食いターゲットまでの距離が100、ストップまでの距離が200、報酬比率1/2で、エントリすべきでない事が分かります。 しつこいようですが、エントリする時点で、利食いターゲットとストップを決めておく必用があります。さらには、報酬比率が良いトレードにのみエントリすることで、勝ち組11.5%に入れる可能性を大きくできます。 この点で、「ストップの置き方」=「トレードの見極め方」に他ならず、筆者が過去に失敗した「適当にエントリした後でストップロスをどこに置くか考える」内は、証拠金が減る一方です。 ストップまでの幅に対して利食いターゲットの幅を大きくするトレード手法は、他の章で幾つか紹介していますので、参照下さい。 ピボットポイント ロールリバーサル トレーリングエントリ

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる