投資

アルファチャンネルとマットについて

アルファチャンネルとマットについて
基本的にトラックマットを使用する場合は、表示させるクリップや画像のコンテンツのレイヤーの上にシェイプやテキストなど合成させる範囲を追加する事で適用することが出来ます。 下を例に見てみましょう。カメラの画像とシェイプレイヤーがある場合、カメラの画像はシェイプの真下に配置する必要があります。 その後で画像レイヤーにある「トラックマット」から適用させたいマットを選択し、合成を完了させいます。

After Effectsのマットについて

AfterEffectsで動画制作をしています。 そこでのレンダリング時のアルファチャンネルのマットについての設定が理解できません。 正しいのかはわかりませんが、 画像データのアルファチャンネル=不透明度設定ができる ように認識しております。 同じように動画データも不透明度が設定できるということなのでしょうか? 動画が透ける、とした場合、動画再生ソフトでみた時には背景色が見え、編集ソフト等で重ねた時にわかる、ということになりますか? データが軽くなる、とのことで、アルファチャンネルを外せ、提出先に指示されたのですが、違いがわからず、困惑しております。 動画データ自体は、背景または単色レイヤーなどが常に下にあるので「透ける」部分はありません。 なので、この場合はアルファチャンネルを外しても見た目は変わらないのでしょうか? 詳しい方がいらっしゃいましたら、教えていただけないでしょうか。

みんなの回答

  • 2013/02/09 13:32 回答No.1

アルファチャンネルを作業時にどのように使用されているんですか >この場合はアルファチャンネルを外しても見た目は変わらないのでしょうか? 使い方によります そもそもアルファチャンネルは一部分を切り抜く場合等に使用します 単純に透明度変えるだけなら必要有りません

質問者からのお礼 2013/02/12 13:02

質問者からの補足 2013/02/09 15:58

回答ありがとうございます。 透明部分のあるpng画像を並べ、映像作品にしております。 一番下に、必ず背景にあたる画像があるので、何もないという空間はありません。 アルファを使用している感覚がないので、何が変わってくるのか理解できてないんです。 理解しようとしても映像に限らないんですが、アルファ自体がなんとなくでしか把握できてなくて、悩んでいます。

関連するQ&A

AE CS5.5を使用しています。 例えば、30枚の連番bmp画像を読み込ませて動画を作成するとします。 30fpsの動画だと1秒でbmp画像は最後までいってしまいますが、 その1秒後もその動画の最後のフレームあるいは指定したフレームが静止画として表示されるような設定はできますでしょうか? 静止させたいbmp画像だけ別途読み込ませるしかないのでしょうか? それと、一度、動画をレンダリングした後にもう一度同じ設定でレンダリングを行いたい場合 終了したレンダキューを複製して、使用しているのですが この方法だとどんどん不要なレンダキューを増えていってしまいます。 レンダキューを複製せずに同じ設定でレンダする方法があれば教えてください。

AfterEffects6のエラー。『After Effects エラー: サウンドコンポーネントを開いています。(-2166) (10、44)』 のアラートが出てレンダリング不可になりムービがつくれません。 環境設定のオーディオブロックのデュレーションの時間を伸ばしてもエラーが出ました。一通り調べたのですが解決策がないです。宜しくお願いします。 アルファチャンネルとマットについて PCの環境は mac OS 10.4.11でQTのverが7.6.2です。winの場合解決方法あるみたいなのですが、QTのverダウンもできずお手上げ状態で困っています。宜しくお願いします。

素朴な質問ですみません。 走っている男を後ろから追いかけるようなカメラ目線で撮影した10秒の動画があるとします。 そこで、空にUFOを合成する場合に適したソフトはどのようなものがあるでしょうか。 手振れ撮影なので、細かな設定も必要になると思いますが、やはりAfterEffectsになりますでしょうか。 伝わらなかったらすみません。

after effects cs5 の出力設定について いくつかの質問です。 after effects cs5で作った映像を DVDにしてプロジェクタで再生したいと思っています。 アルファチャンネルとマットについて 作った映像のコンポジション設定は、 プリセット:カスタム 幅:720px 高さ:480px ピクセル縦横比:D1/DV NTSC(0.91) フレームレート:24 解像度:1/2画質 背景色:白 に設定しました。 ・プロジェクタで再生するので 4:3の設定にしたいのですが、 コンポジションがこの設定でも、 問題なく再生されるのでしょうか? ・プロジェクタで再生するには、 オーディオ出力はどのように設定すれば 奇麗な音で再生されるのでしょうか。 ・映像の上下に映画のような 黒いフレーム(?)をつけるには 出力設定でどのような設定にすればいいのでしょうか。 ・プロジェクタで再生する時の 出力設定で注意しなければ ならないことなどあれば 教えて頂きたいです。 方法をご存知の方いましたら教えて頂きたいです。 宜しくお願いします。

アフターエフェクトは動画版PHOTSHOPとの紹介がありますが、どのようなエフェクトをかけることができるのでしょうか。 やりたいのは動画の背景を空にしたり、池があって水面を表現することです。 素材は実写ではなく3DCADで制作するので、空や池はベタにして選択しやすくすることは可能です。 すべての表現を一括して再現できるCGソフトではないので、モデリングした形状をレンダリングするだけで、水や空は表現できません。 プラグインも豊富らしいですが標準でもある程度の表現は可能ですか。 HPでいろいろと調べたのですが、いまだ漠然としています。解りやすいHPもしくは書籍があれば、ご紹介お願いします。 また雲、水、空といった自然表現が主ですので同等の使いやすいソフトはありませんか。

数ある中から閲覧ありがとうございます。 Mac OS X バージョン10.6.8を使用し、 adobe After Effectsで動画を制作しました。 サイズは4320px × 1280pxで、 形式はQuicktime H.264 圧縮画質です。 この映像は、コンペに出すもので、 コンペ自体からの規定サイズで縮小せずに制作しました。 コンペの映像の設定?は以下の通りです。 ●作品時間:3分以内 ●ファイル形式:QuickTime Movie(.mov)形式 ●動画圧縮形式:H.264/MPEG-4 AVC形式 ●画像サイズ:以下のいずれかの画像サイズとする。 (1)横 720px×縦1280px ※縦型ディスプレイ6面に作品が1面ずつ放映されます。 (2)横4320px×縦1280px ※縦型ディスプレイ6面に作品が縦に6等分され放映されます。 画像サイズは先ほども言いましたが、 (2)の4320px×1280pxです。 そこで、問題が起こりまして、 6等分される映像が全体の中央のみ縮小された状態で表示されるという形になってしまいました。 (添付画像参照) コンペ関係者の方からのメールで 再生機器のMAC、作業用のWindows共に起こっているので 動画自体による物と推察しております。 という内容のメールが届きました。 自分はaftereffectsは初心者なので、原因が分かりません。 パソコン一台に再生する場合は問題ないのですが。 何が原因なのかわからないので、 よければ教えてください。 よろしくお願いいたします。

AfterEffects初心者です。 こちらのソフトを扱ったことがないのですが、結婚式のスライドショーを作ってあげたいと思い、ソフトを使いながら四苦八苦しております。 写真を数十枚、文字、音楽とシンプルなものを作成しようと思っています。 どなたか詳しい方、下記質問にお答えいただけないでしょうか。 初心者なので分かりやすく教えていただければと思います。 アルファチャンネルとマットについて よろしくお願いいたします。 ※再生はDVDプレイヤーです。また、会場では大きなスクリーンに映し出します。 (1)コンポジションのサイズやフレームレートなどの初期設定を教えてください。 (コンポジション>コンポジション設定のところでの設定で間違いないでしょうか。) (2)(1)とかぶりますが、コンポジション設定の HDV(720p)、HDTV(720p)、HDV(1080i)、HDTV(1080i)の違いを教えてください。 (3)作成してできたデータはどのようにDVDに焼けばよいでしょうか。 AEから直接焼けますか? それともエンコードのソフトが必要になりますか? (4)DVDの容量が4.7GBですが、4.7GBを超えてしまうデータになってしまった場合、 どのように対処すればよいでしょうか。 (5)もしご存じでしたら、お勧めのAEの本や東京都内で受けることができる講座などありましたら教えてください。 超短期間の講座を一度受けたいと思うのですが、 どれがいいのかいまいちピンときませんので是非ご紹介頂けるとうれしいです。 ※もしご存じだったらで結構です。 本当に初心者で申し訳ありません。 どうぞ、よろしくお願いいたします。

以前質問してとてもよい回答を頂けましたので、 またまた頼ってしまいました。 AfterEffects6.0にて 15秒の動画が一通り完成したので MPEG4 V2で書き出したのですが、 容量は4M前後で、画像が若干黒くくすんでいて、 透明感が落ちる感じにレンダリングされてしまいます。 ちょっと納得の行かないレベルです…。 設定もいろいろいじってみたのですが あまり改善されません。 動画は15秒で、オーディオ入りで 最低でも10以下の容量の動画に出来ればと思っています。 レンダリングの良いやり方がありましたら 教えてください。 よろしくお願いします。

Aftereffectsで3Dレイヤーを使い方影を落としたりしていろいろ作っているのですがハードウェアのQuadroK5200を使いレイトレース画質を10にして約3分ほどのものを作ったのですが3時間、4時間またはそれ以上平気でかかります。ハードウェアはちゃんと働いているようで温度も上がりGPU loadもちゃんと動いていました。(ソフトで確認) ここで質問なのですがこれほどのハードウェアをもってしてもこれは正常なのでしょうか。K5200というと映画の製作にも使われたと聞きましたが. ちなみに3Dレイヤーは多数使い、パーティクルが散っているレイヤーを 3D化して影を落としたりしてます。 またみなさんはAEで3Dレイヤーを扱ったものを作るときどれぐらいの尺でどれほどのレンダリング時間がかかっていますか?ハードウェアも教えていただけると嬉しいです。よろしくお願い申し上げます。

【AE】アルファマットについて

f:id:ohta-felica:20191104204752p:plain

After Effectsのトラックマットはタイムラインで操作できるツールになりますが、デフォルトの状態では表示されていない場合があります。

その際はタイムラインの左下にある「転送制御を表示または非表示」をクリックするとタイムライン上に「モード」と「トラックマット」の項目が現れるようになります。

f:id:ohta-felica:20191104090153p:plain

基本的にトラックマットを使用する場合は、表示させるクリップや画像のコンテンツのレイヤーの上にシェイプやテキストなど合成させる範囲を追加する事で適用することが出来ます。

下を例に見てみましょう。カメラの画像とシェイプレイヤーがある場合、カメラの画像はシェイプの真下に配置する必要があります。

その後で画像レイヤーにある「トラックマット」から適用させたいマットを選択し、合成を完了させいます。

f:id:ohta-felica:20191103211127p:plain

f:id:ohta-felica:20191104003043p:plain

トラックマットの種類

After Effectsにあるトラックマットは全部で4つ用意されていますが、基本的に「アルファマット」と「ルミナンスマット」の2種類に分けることが出来ます。

アルファマットは「アルファチャンネルのピクセル値」を元に合成するものです。簡単に説明すると「シェイプレイヤーやテキストが表示されている範囲」になります。下の参考画像は赤いシェイプの中に画像を表示させた例です。

ルミナンスマットは「輝度(ルミナンス値)」を元に合成するもの。白と黒などの明るさによって、不透明度を変更することが出来ます。上の画像では明るい(白)は合成されていますが、暗い部分(黒)では透明になっているのが分かると思います。

またこのアルファマット、ルミナンスマットには上のような合成と反対の働きをするオプションも用意されており、それぞれ「アルファ反転マット」、「ルミナンスキー反転マット」になります。

「反転」はその名の通りマットが反転します。

先程の「アルファマット」ではシェイプの中に画像が収まる形になりましたが、「アルファ反転マット」ではシェイプが透明になっています。同じ様に「ルミナンスキー反転マット」では明るい(白)が透明になり、暗い部分(黒)が合成されるようになります。

aeのアルファマット トラックマットとアルファ設定

動画編集 レイヤーと描画モードの理解を深める [Pr][AE] Premiere ProやAfter Effectsで動画編集をしていく中で多くの方が見た目で判断して切り替えているであろうレイヤーと描.

トラックマットとは

アルファチャンネルと同様に、不透明度を表すのが 「マット」 です。

そしてトラックですが、プレミアプロで編集している方はわかるかと思いますが、 アフターエフェクトで言うレイヤーがプレミアプロで言うトラックです。

レイヤーの情報から不透明度を適用しますよ

トラックマットのやり方

アルファマット

これは先ほど説明したアルファチャンネルの情報を不透明度に適用させるものです。 アルファチャンネルとマットについて
1つ上のレイヤーの形で型抜きするという認識でもいいかもしれません。
このアルファマットは本当によく使用します。

ルミナンスキーマット

風景の背景写真に白黒のグラデーションのテキスト

余談ですが下のチュートリアルではトラックマットを使いまくってますね。

凍るテロップの作り方 AEで凍りつく表現【AE初心者チュートリアル】 今回は凍り付く表現を作成していきます。 何年か前に英語のチュートリアルを見て作成した覚えがあるので、こんな感じだったかなぁと思い出しな.

描画モードのアルファとルミナンス

考え方はほぼ同じなのですが
「ステンシルアルファ」
「ステンシルルミナンスキー」
「シルエットアルファ」
「シルエットルミナンスキー」
これらの描画モードでは
ソースレイヤーが、その下のすべてのレイヤーのマットに変換されます。

チャンネル設定 マット設定

そういった場合は エフェクトのチャンネルにあるチャンネル設定やマット設定エフェクトを使うといいでしょう。

今回はアフターエフェクトにおいてのアルファチャンネル、トラックマットのアルファマットやルミナンスキーについて触れましたが、 これから動画編集・映像制作する方は必ず覚えておいた方がいい知識になります。

何となく見た目でトラックマットやエフェクトを選びがちですが、この辺の知識を身に付けておくと作業効率も上がるので
動画編集・映像制作のセンスだけでなく確かな知識も一緒に身に付けて行きましょう。

Adobe premiereの合成モードで動画の透視効果を表現するには

最近の動画編集は、人物を異次元の映像と合成したり、アバターやイラストと合成したりして、楽しく面白い動画を作り出すのが人気です。映画やテレビ広告だけでなく、YouTubeやSNSでも、動画合成が広く一般的に行われるようになってきました。Adobe Premiere Pro やAfter Effectsなどの動画編集ソフトを使うと、高度な合成モードで効果的な映像を作ることができます。透視効果を使って、出演者がCGで作ったキャラクターと共演したり、タイトルをアニメーションさせたオープニングを付けたりすることが可能です。 動画編集ソフトは無限の可能性を秘めたツールで、私たちの情報発信を、より楽しいクリエイティブな段階へと導いてくれます。動画編集の合成にはさまざまな方法があり、今回はよく使われる合成の仕方を、Premiere Proを使って紹介します。

Part1.CG合成とは?

まずはCG合成とは何か、実際にどのようにCG素材を合成するのかについて、プレミアプロの合成モードを中心に説明します。PremiereProでは、動画のオープニングをアニメーションのついた文字で飾り、また、撮影した映像に湯気や炎などのCGを付け加えることができます。それでは、CG素材とは具体的にどのようなものか、アルファチャンネルとは何か、画像合成にはどんな便利な機能があるのかについて見てみましょう。

★合成に使われるCG素材の種類

CG素材とは、コンピュータを用いて作られた画像(computer graphics)のことで、雨や雪などの効果の他に、幾何学的な背景動画もあります。After Effectsで作られた2Dキャラクターから、Mayaで作られる立体的な3Dアバターまで、さまざまなCG素材を動画に合成できます。映像をブラッシュアップするために、フレアと呼ばれる光源の画像を追加したり、普通に撮影した映像に、稲妻を走らせ嵐のシーンを作ったりもできます。カラー合成機能もプラスして、ブレンドモードで画像を重ね、色情報を操作しながら効果的なイメージを生み出すことも可能です。CG素材の合成は無限の可能性を秘めていますが、合成の重要な要素に、アルファチャンネル、マット、描画モードというものがあります。

素材サイトfilmstockのblockbuster vol1 稲妻パック

★切り抜き画像の「アルファチャンネル」とは?

切り抜き画像の「アルファチャンネル」

★画像合成の「マット」と「描画モード」とは?

Part2.Adobe Premiereの合成モードでCG効果を表現する方法

1.アルファチャンネルのある素材の合成の仕方

ステップ1.PremiereProに、アルファチャンネルのあるCG素材と背景動画を読み込みます。

ステップ2.タイムラインのV1トラックに背景動画を、V2トラックにCG素材をドラッグ&ドロップします。

v2トラックにcg素材をドラッグ&ドロップ

ステップ3.CG素材の背景が透明になっているため下の動画が見え、再生すると二つの素材(クリップ)が重なり、合成されて映し出されます。

ステップ4.[fxモーション] の [位置] [スケール]で、画像の位置や大きさを調整します。

ステップ5.エフェクトをかけたり、BGMをつけたりして、作品に仕上げます。

ステップ6.Quicktimeのアニメーション形式など、好きなフォーマットを選んで、一本のビデオに書き出します。

2.素材のアルファチャンネルの確認

素材にアルファチャンネルがあるかどうかを確認するには、素材を [ソース] モニタに表示し、[スパナマーク]をクリックして「アルファ」を選択します。透過処理された素材の場合は、ソースモニタのオブジェクトは、黒背景の白抜きになって表示されます。

素材のアルファチャンネルの確認

3.アルファチャンネルのないCG素材の合成方法

◆ルミナンスキーで黒い部分を透過して合成

背景が黒い動画は、[エフェクト] の [キーイング] で [ルミナンスキー]を適用すると、光の情報の少ない暗い部分、すなわち黒い部分が透過されて合成されます。

黒い部分を透過して合成

黒い部分を透過して合成

◆マット素材がある合成はトラックマットキーで合成

マット素材がある合成

CG素材に [エフェクト] で [ビデオエフェクト] [キーイング] [トラックマットキー] を選択し適用します。[エフェクトコントロール] パネルの [fxトラックマットキー] をクリックして詳細表示します。

・[マット] をCGマスク素材の アルファチャンネルとマットについて [Video3] トラックに変更

・[コンポジット用マット] を [なし] から [ルミナンスマット] に変更

◆描画モードのスクリーンで煙や霧を合成

湯気や煙、霧や雲のCG素材は、画像を重ねて配置して、CG画像を選択し、[fx 不透明度] の [描画モード] アルファチャンネルとマットについて を[スクリーン] にすると合成されます。

煙や霧を合成

Part3.合成モードを簡単に扱える動画編集ソフトのFilmoraProもおすすめ

Wondershare「FilmoraPro」

FilmoraProで動画編集を始める!タイムラインツール&主要機能

タイムライン上に素材を並べる作業もほぼ同様で、詳細設定は [エフェクトコントロール] ではなく、[コントロールパネル] で行います。また、FilmoraProでも、アルファチャンネルのあるCG素材を、動画に重ねてスピーディに合成作業ができます。

アルファチャンネルとマットについて

trackmatte_ex.jpg

トラックマットの設定

trackmatte_timeline.jpg

quicktitler.jpg

trackmatte_timeline_2.jpg

トラックマットの詳細設定

setting.jpg

  • ルミナンス:輝度情報をマットとして利用します。白色に近いほどマットとして使用され、黒色に近い部分ほど透過させます。キー/フィルクリップなど、アルファ情報のみの白黒クリップがある場合に活用します。
  • アルファ:アルファ情報をマットとして利用します。映像にアルファ情報が付加された素材の時に活用します。

EDIUSはTGAやPSDなどの、アルファチャンネルを持った素材に対応し、さらに連番静止画の編集にも対応しています。また、アルファチャンネルを保持できる Grass Valley HQ/HQX コーデックにも対応し、アルファチャンネル付きの映像を出力することも可能ですので、アルファ情報を活用した合成映像を自由に制作することができます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる