FX初心者向け

一目均衡表についても併せて解説

一目均衡表についても併せて解説
第2章 一目均衡表を使った実践売買判断
● 一目均衡表を「信じること」が大切
● 「雲」と現在レートの位置関係に注目
● 上昇トレンドでは雲の上限・下限で押し目買い
● 基準線越えで買い、転換線下向きで利益確定
● 遅行線の日々線越え/ 割れの使い方
● 上昇トレンドにおける一目均衡表の売買シグナル
● 下降トレンドは雲を抵抗帯と考えて戻り売り
● 「三役好転が未完成」も、戻り売りシグナル
● 横ばい相場は「現在レートと転換線」に注目する
● 横ばい相場における「遅行線と日々線のクロス」
● トレンド転換の場面は、「遅行線」が大活躍
● 「三役好転」目前。「遅行線」で目標レート算出
● 基準線の傾きの変化でトレンド転換を予測
● 雲の「ねじれ(陰転・陽転)」で相場展開が変わる
● 遅行線と日々線のクロスの仕方を事前予想する
● 雲を使った利益確定・損切りポイント設定
● 一目均衡表の限界と他の指標との組み合わせ

【2022年】東京都のFXセミナーのおすすめ人気ランキング10選

スキラージャパン株式会社代表取締役、伊藤亮太FP事務所代表。 ファイナンシャル・プランナーとして、年間平均約100~200件の相談(資産運用、相続、保険の見直し、住宅ローンなどのローン相談等)を行うほか、証券外務員やFP資格取得講師、金融経済情勢、富裕層顧客開拓スキル、ドクターマーケット開拓、年金、四季報活用講座などの研修講師を行う。 東洋大学経営学部非常勤講師 大手前大学現代社会学部非常勤講師 〔主な著書〕 『図解金融入門 基本と常識』(西東社) 『FP技能士2級・AFP重要過去問スピード攻略』(成美堂出版) 『FP技能士3級重要過去問スピード攻略』(成美堂出版) 『円安で利益倍増!ウマイ投資法がわかる本』(インターナショナル・ラグジュアリー・メディア、共著) 『不動産投資44の法則』(インターナショナル・ラグジュアリー・メディア、共著) など

FXセミナーの特徴・内容は?

FXセミナーとは、外貨取引など資産運用のプロが講師となり、必要な知識や利益を出すコツを講義するセミナー

大きな魅力は、初心者向けの基礎知識から上級者向けのトレード手法など幅広い講義があることです。自分の経験にあった内容を選べば、自信を持った取引やスキルアップにつながりますよ。

また、プロによる実践的な話を聞くことで、広い視点を持てるのもメリット。独学には限界があり、視野が狭くなりがちです。セミナーでさまざまな手法で取引に臨めるようになれれば、収益がアップする可能性もありますよ。

ただし、高額な商材をセールスしてくる怪しいセミナーや必ず勝てるなどと講義する講師もいるので注意してください。なかには、有料でこのようなことをしているセミナーもあります。資産運用を始める前に資金を減らすのはもったいないので、受講するセミナーは厳選して選びましょう。

東京都のFXセミナーの選び方

① 初心者?中上級者?レベルにあわせてセミナー内容をチェック

初心者ならFXの仕組みや注文の出し方など基礎から学べるものを

FXや資産運用に初めて触れる人は、FXとはどういったものか基礎からみっちり学べるセミナーがおすすめです。

講義内容が多岐にわたると、何から学べばいいかわからないですよね。金融商品の売買を始めてする人は、値動きや利益が生まれる仕組み・取引の仕方・チャートの見方などを学ぶと、実際の取引をイメージしやすいでしょう。取引を始めるにあたって必要な基礎知識を網羅しているセミナーなら、不安も解消できますよ。

また、実際に取引を始めて経験を積んだ人にも、学び直しは重要です。初心者向けのセミナーであれば難しい用語などの解説もしているため、知識の抜けや改善点を見つけたい人でも活用できますよ。

取引にも慣れてきたらテクニカル分析やファンダメンタルズ分析など中級者セミナーへ

専門用語への理解があり取引の経験も積んでいる人は、売買の判断など投資戦略などを学べるセミナーがおすすめ

投資戦略は、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を用いて組み立てるのが一般的です。中級者向けのセミナーなら具体的な資産運用のテクニックが学べますよ。

また、投資戦略の分析以外のテクニックも中級者向けセミナーでは教えてくれます。たとえば、日中の忙しい人でも取引できる自動売買の方法や、価格の上昇・下落を予測するバイナリーオプションについても学べるので、投資の幅を広げたい人も注目してみてください。

上級者はリスク管理やトレード手法など、実践的なテクニックが学べるセミナーを選ぼう

より効率よく収益アップを目指すなら、トレードテクニックを学べる上級者向けのセミナーがおすすめです。

FX取引では、少ない資金で大きな金額の取引ができるレバレッジがあります。レバレッジは、利益も大きく狙えますが、損失のリスクも高まる投資手法。倍率を高く設定しても、ポジションを調整してリスクのバランスを最適化する手法などが学べれば、利益の増加が狙えますよ。

また、資産運用では損切りなどのリスク管理も重要。損失を出すタイミングを掴むのは難しいですが、上級者向けセミナーならリスク管理の講義も行っています。レベルの高い参加者と情報交換もできるので、最終的な受講の目標にしてみてください。

一目均衡表とは?雲が分かりやすい日本発のテクニカル分析

一目均衡表とは?のメイン画像

一目均衡表

一目均衡表(いちもくきんこうひょう)とは、 トレンド転換の時期と投資家に注目されている価格帯を判断するテクニカル分析の1つ です。

その名の通り 一目で相場の状況を判断することができる ため、現在の買いと売りが均衡している価格帯を知ることができ、それをもとに売買戦略を立てやすくなります。

新生ジャパン投資

アナリストが厳選する「最短即日短期急騰期待銘柄を 無料 で配信。その他、最新のマーケット情報を網羅した朝夕の相場レポートなど、豊富な投資情報を"無料"で閲覧可能!!

一目均衡表(いちもくきんこうひょう)の仕組みとは?雲と5本の線で構成されている

一目均衡表の仕組みのメイン画像

一目均衡表とは、 異なる日数で計算した5本の線から、「相場のトレンド転換の時期」や「抵抗線・支持線」を判断するテクニカル分析 です。

一目均衡表とは?

株価チャート中の一目均衡表の画像(基準線、転換線、雲、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパン)

一目均衡表についても併せて解説
基準線 過去26日間の高値と安値の平均値
転換線 過去9日間の高値と安値の平均値
遅行スパン 当日の終値を26日さかのぼった値
先行スパン1 基準線と転換線の中間地を26日先に記入したもの
先行スパン2 52日間の高値と安値を26日先に記入したもの
先行スパンの間に発生し、抵抗の大きさを表している

一目均衡表の基準線とは

株価チャート中の基準線と役割・使い方の説明画像

一目均衡表の基準線は、 過去26日間の高値と安値の平均値を表して、最近の相場の大まかな方向を指し示してくれる線 です。

一目均衡表の転換線とは

株価チャート中の転換線の役割・使い方の説明画像

一目均衡表の転換線は、過去6日間の高値と安値の平均値を表していて、基準線と考え方は同じですが、値を取っている期間が基準線よりも少なく、より直近の株価に近い値となるために、 株価の推移を表すローソク足と近い動き になります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる