バイナリーオプション

海外FXのニューヨーク時間とは

海外FXのニューヨーク時間とは
-

海外FX口座の利用を完全サポート【14年以上の実績】|海外FXお役立ちガイド

春の口座開設キャンペーン

海外FX会社で取引したいけれども、「信用できるの?」「情報収集が難しい」「海外FX会社とのコミュニケーションが不安」といった心配事のため、なかなか海外FXを始められない方が多いようです。
海外FXお役立ちガイドは14年以上継続して海外FX会社の紹介と海外FX取引に関するサポートに携わってきた、信頼と実績のある海外FXウェブサイトです。FX取引に関する豊富な経験・知識と海外FXの最新情報に精通している優秀なスタッフがあなたをサポートします。当サイトに掲載されている海外FX会社は、弊社スタッフが実際に口座開設をして入出金と取引を検証を通して厳選されています。自信を持って問題なく紹介できると太鼓判を押します。これらの海外FX会社については、口座開設サポートならびに口座開設後のアフターサポートを無料で提供しております。
海外FXお役立ちガイドを利用して、海外FXで成功する最短ルートを進みましょう。

海外FX会社の口座開設を全て日本語で無料サポート

-

海外FX会社を比較検討しランキング形式でお届け

海外FXのニューヨーク時間とは -

安全なサービスを提供する厳選されたFX会社のみと提携

-

私達だからできる独自キャンペーンが豊富

-

初心者でも安心のお役立ち情報が満載

-

当スタッフが日々更新する海外FXお役立ちブログ

-

海外FXお役立ちガイド
おすすめの3社

XM (エックスエム)

文句なし、現在日本人向けサービスを提供している海外FX会社の中で最も人気を集めているのが XM です。
888倍の最大レバレッジ、NDD方式の注文執行、と取引環境もすこぶる良いです。サポートレベルの高さは競合他社を凌駕しています。業界最大の日本人サポートデスク、日本語の動画マニュアル、日本語ウェブセミナー、日本語マーケットニュースなど、非常に細やかなサービスとなっています。初心者にも優しいFXブローカーです。
100%ボーナスや取引する度にもらえるポイントプログラムなど、豊富なプロモーションも人気です。超低スプレッドの XM Zero口座など、上級トレーダー向け口座も整備されており、全方位でパーフェクトと言わざるを得ません。

0120-63-0727

よくある質問 Q&A

カテゴリーから探す

・米国標準時間採用時 月曜日午前7時00分~土曜日午前6時30分
・米国夏時間採用時 月曜日午前6時30分~土曜日午前5時30分

関連FAQ

店頭バイナリーオプション取引「LION BO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダーバイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルすることはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。「LION BO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のあるリスクが高い金融商品です。

当社の取扱う店頭CFD取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、原資産の価格の変動や為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や金融市場、為替相場の変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、流動性が低下している状況では、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。また、株価指数、ETF(上場投資信託)、ETN(指標連動証券)を原資産とするCFD取引は、金利調整額(買建玉を保有している場合は支払い、売建玉を保有している場合は受取り)が発生しますが、金利調整額は、金利水準が各国の経済事情や政治情勢等様々な要因を反映するため変動するので、売建玉を保有している場合でも、マイナス金利となる際は、当社への支払いとなります。加えて、配当金・分配金の各権利確定日の取引終了時点で建玉を保有していた場合、これらの権利調整額が建玉に発生します。一般に権利調整額は買建玉を保有している場合は受取り、売建玉を保有している場合は支払います。一方、原資産となる株価指数自体が配当金を考慮している指数の場合等は、使用するリクィディティプロバイダーによっては、権利調整額は売建玉を保有している場合は受取り、買建玉を保有している場合は支払います。この他、商品先物を原資産とするCFD取引は、当社が定める日の未決済ポジションに対して当社が定めた価格調整額が発生します。原資産にコーポレートアクションが発生した場合は、当社は決済期日を定めた上で新規取引を停止する場合があります。建玉を決済期日までに決済されなかったときには、当該建玉は当社の任意で反対売買により決済されます。 取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、原則、想定元本(基準値×1.1×取引数量×1Lotあたりの取引単位×円転換レート)× 株価指数CFDの場合10%・債券CFDの場合2%・その他有価証券CFDの場合20%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので、それぞれ最大10倍・50倍・5倍となります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる