無料講座

一目均衡表の見方

一目均衡表の見方

これが一目均衡表の基本ラインです。
言葉も覚えておきましょう。

仮想通貨の一目均衡表の見方・使い方・おすすめアプリと取引所まとめ

一目均衡表

仮想通貨投資を始めたばかりの初心者が、まず最初に直面する壁が「インジケーターとは?」という疑問ですね。 インジケーターはあくまでも取引をしやすくするものであり、必ずしも必要という訳ではありません。 ですから、国内取引所でもインジケーターを使用できない取引所があるように、取引所によって種類も異なります.

一目均衡表を利用する

bitFlyer/ビットフライヤ―

仮想通貨取引所名 bitFlyer(ビットフライヤー)
独自トークン有無 -
設立日 2014年1月9日
運営会社 株式会社 bitFlyer
CEO 加納裕三

仮想通貨投資を始めたばかりの初心者が、まず最初に直面する壁が「インジケーターとは?」という疑問ですね。 インジケーターはあくまでも取引をしやすくするものであり、必ずしも必要という訳ではありません。 ですから、国内取引所でもインジケーターを使用できない取引所があるように、取引所によって種類も異なります.

一目均衡表を利用する

ビットフライヤー

ビットフライヤー

ichimokukinkouhyou

仮想通貨の一目均衡表が使えるアプリ

最後に、 仮想通貨に一目均衡表が使えるアプリ を紹介します。

一目均衡表等のテクニカル分析は、スマホよりPCの方がやりやすいのですが、どうしても外出先で一目均衡表を確認したいという方は、今から紹介するアプリを利用するといいでしょう。

また前提として、先ほどの「一目均衡表を利用できる取引所」で紹介した2つの仮想通貨取引所は、どちらも専用のアプリを提供しているので、スマホにダウンロードして利用することが可能です。

TradingView

一目均衡表を利用する

トレードで損しないためには

損失を出したくない方には、 「トレンドが読みにくい相場」でのトレードを避ける ことをおすすめします。

ローソク足が不安定な状況下でのトレードは、トレードのギャンブル指数を上昇させることにつながり、損失計上の確率も高くなります

一目で分かる、未来と過去を見て予測する「一目均衡表」


これが一目均衡表の基本ラインです。
言葉も覚えておきましょう。

転換線・基準線とローソク足の関係

ローソク足の下に転換線があり、
さらにその下に基準線が表示されている。
このときは上昇傾向にあります。

一方、基準線の下に転換線、
さらに転換線の下にロウソク足がある場合は、
下降傾向にあります。

遅行スパン

遅行スパンは現在のチャートの位置から 一目均衡表の見方
26日前を描くため、
26日前の位置をチェックして、未来を予測するのに役立ちます。

こちらの図では26日前に
遅行スパンがローソク足を左から右に抜けて
遅行スパンがローソク足の下に来ています。

先行スパン1と先行スパン2

  • 先行スパン1・・・基準線と転換線の中間値を、当日を含む26日先に記入
  • 先行スパン2・・・当日を含む52日間の最高値と最安値の平均値を、当日を含む26日先に記入

シンプル言うと、
「ローソク足が雲を上に抜けると上昇トレンド」
「ローソク足が雲を下に抜けると下降トレンド」
となります。

雲の上にチャートがあり、雲に向かって下降しているとき、
まずは雲の上側で反発するかもしれない、と予測し、
それを抜けてしまった場合は、雲の下側で反発すると予測するのです。

続いて一目均衡表の解説「後半」へ進みましょう。
後半は三大理論について解説しています。
こちらの動画をご覧ください。

ある地点からこの日数で変化があると、予測するのです。
ピッタリの数値になることは少ないため
多少前後も見るようにしましょう。

基本の数値以外が当てはまる場合もあります。
複合基本数値である、
33、42、65、76、129、172も参考にしながら予測していきましょう。

値幅観測論

V計算値

V計算値は、上がってから下がった後、戻り分の2倍さらにトレンド方向に動くというイメージです。

N計算値

N計算値は、上がってから下がった後、1回目の上がり幅と同じ幅まで上がるというイメージです。

E計算値

E計算値は、上がって下がり、最終的に最初の波の2倍の高さまで到達するというイメージです。

N計算値

NT計算値は、上がってから下がり、最終的に最初の波の戻りの2倍の高さまで到達するというイメージです。

値幅観測論は計算式よりも
図のイメージを頭に入れておけばいいと思います。
また、下降トレンドの時は180度逆のかたちで予測をたてることができます。

仮想通貨の一目均衡表の見方・使い方・おすすめアプリと取引所まとめ

一目均衡表

仮想通貨投資を始めたばかりの初心者が、まず最初に直面する壁が「インジケーターとは?」という疑問ですね。 インジケーターはあくまでも取引をしやすくするものであり、必ずしも必要という訳ではありません。 ですから、国内取引所でもインジケーターを使用できない取引所があるように、取引所によって種類も異なります.

一目均衡表を利用する

bitFlyer/ビットフライヤ―

一目均衡表の見方
仮想通貨取引所名 bitFlyer(ビットフライヤー)
独自トークン有無 -
設立日 2014年1月9日
運営会社 株式会社 bitFlyer
CEO 加納裕三

仮想通貨投資を始めたばかりの初心者が、まず最初に直面する壁が「インジケーターとは?」という疑問ですね。 インジケーターはあくまでも取引をしやすくするものであり、必ずしも必要という訳ではありません。 ですから、国内取引所でもインジケーターを使用できない取引所があるように、取引所によって種類も異なります.

一目均衡表を利用する

ビットフライヤー

ビットフライヤー

ichimokukinkouhyou

仮想通貨の一目均衡表が使えるアプリ

最後に、 仮想通貨に一目均衡表が使えるアプリ を紹介します。

一目均衡表等のテクニカル分析は、スマホよりPCの方がやりやすいのですが、どうしても外出先で一目均衡表を確認したいという方は、今から紹介するアプリを利用するといいでしょう。

また前提として、先ほどの「一目均衡表を利用できる取引所」で紹介した2つの仮想通貨取引所は、どちらも専用のアプリを提供しているので、スマホにダウンロードして利用することが可能です。

TradingView

一目均衡表を利用する

トレードで損しないためには

損失を出したくない方には、 「トレンドが読みにくい相場」でのトレードを避ける ことをおすすめします。

ローソク足が不安定な状況下でのトレードは、トレードのギャンブル指数を上昇させることにつながり、損失計上の確率も高くなります

2-2 相場の状況分析

20.JPG

図1:株価と各系列の変動

21.JPG

2-3 売り優勢 or 買い優勢分析

22.JPG

図2: 9日間における「売りor買い優勢」把握図

23.JPG

図3: 一目均衡表の見方 26日間における「売りor買い優勢」把握図

24.JPG

図4: 52日間における「売りor買い優勢」把握図

2-4 トレンド把握

25.JPG

26.JPG

上昇相場の場合、株価は基準線にサポートされながら上昇していくのが一般的です。

27.JPG

逆に下降相場の場合、株価は基準線に抑えられながら下降していくのが一般的です。

2-5 加熱状態の時

28.JPG

株価が転換線から離れると加熱状態なので注意です。株価は時期に勢いを失い下がります。

2-6 各系列は押し目の位置を示している。

29.JPG

30.JPG

NIKKEI225の例です。基準線で押し返されたあと、先行スパン1で一旦押し返されたあと先行スパン2で押し戻されていますが、以降は下降相場になるのではないかと想定されます。

3. 一目均衡表見方チェックリスト

(2-4)現在のトレンドは? 基準線を見ること
上昇相場:
もみあい:
下降相場:

(2-5)加熱状態ではないか? 加熱状態:株価が転換線から離れている

  1. We will deliver articles that match you

By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole

一目均衡表は世界が認めた日本発の分析手法。
いつ、いくらで取引すればいいかがわかる!?

「一目均衡表(いちもくきんこうひょう)」 は、都新聞(現在の東京新聞)の記者で株式評論家だった細田悟一氏が考案した、日本を代表するテクニカル指標です。「新東転換線」という名前で発表されましたが、のちに細田氏が評論活動で「一目山人(いちもくさんじん)」というペンネームを使っていたことから、「一目均衡表」として世に知られるようになりました。今では「Ichimoku Kinko Hyo」として、海外の投資家にも愛用されています。

一目均衡表の例

一般的なテクニカル指標と違う大きな特徴は、一目均衡表は相場における「時間」をもっとも大切にしているという点です。価格は需給やニュースなどのたくさんの材料で動きますが、価格が変われば材料の影響力も変わってきますし、材料がどのぐらいの値幅を形成するかを予測することは困難です。

でも、時間は1分なら1分、1日なら1日で絶対に変わりません。一目均衡表はそこに重点を置いて、いつ、いくらになれば売ったり買ったりすればいいかを、明確に教えてくれるものとして考案されたと伝わっています。

一目均衡表を構成する5つの要素

一目均衡表は、ローソク足のチャート上に「転換線」「基準線」「先行スパン1」「先行スパン2」「遅行スパン」の5つの線を描写して、それぞれの関係や価格との位置から相場を分析するのが、もっともオーソドックスな手法です。

【一目均衡表の構成する5つの要素】

一目均衡表のチャート

一目均衡表を構成する要素の中で、重要度が高いと言われているのが基準線です。当日を含めた過去26日間の値幅の中間値で、その名のとおり、相場そのものの基準値と位置づけられます。

もっとも単純な使い方に、価格との位置関係を見る方法があります。価格が基準線の上で推移していれば今の相場は強く、価格が基準線の下で推移していれば今の相場は弱いと捉えます。

一目均衡表・基準線の見方

転換線と基準線の位置関係

転換線が基準線を上回って推移していれば強い相場、転換線が基準線を下回って推移していれば弱い相場と捉えます。転換線が基準線を下から上に突き抜けることを「好転」、上から下に突き抜けることを「逆転」と呼んで、好転や逆転が発生したポイントを売買シグナルに用いる方法が知られています。転換線が基準線を下から上に抜けたら買う、上から下に抜けたら売るというやり方です。

一目均衡表・転換線と基準線の見方

雲の厚みや価格との位置関係

先行スパン1と先行スパン2の価格差を視覚的にわかりやすく表した雲の部分も、相場の状況を判断する材料になります。先行スパン同士の位置関係は、過去の価格の動きに応じて上下が入れ替わります。基本的には、相場が上昇トレンドのときは「先行スパン1>先行スパン2」、相場が下降トレンドのときは「先行スパン1<先行スパン2」となりますが、この位置関係はあまり重視されません。大事なのは、価格との位置関係や雲の厚みです。

一目均衡表・先行スパンの見方

※先行スパン1と先行スパン2のみを表示
※チャートの右側部分を省略しているため、当日を含む26日先までの雲の推移は表示せず
(出所:サクソバンク証券)

基本は、価格が雲の上で推移していれば強い相場、雲の下で推移していれば弱い相場と捉えます。

また、雲の厚みは抵抗の強さを表していて、雲が厚ければ厚いほど、価格が雲の中を通り抜けにくく、サポートやレジスタンスとして機能することが多いと考えられています。先行スパン1と先行スパン2が交わって、雲の厚みがなくなっているポイントは「ねじれ」と呼びます。

そして、価格が雲を下から上へ抜けた「好転」、上から下へ抜けた「逆転」は、雲が厚いほど相場に強いパワーがあった証となり、有効な売買シグナルとして活用できます。雲は価格に対してだけではなく、遅行スパンに対してもサポートやレジスタンスの役割を果たすと言われています。

遅行スパン

遅行スパンの算出に使われる26という期間は、一目均衡表の時間論で用いられる「基本数値」という概念の中に含まれる数の1つです。基準線の算出期間も26ですし、転換線の9も基本数値の1つです。先行スパン2の算出に適用される52は、26の倍数です。一目均衡表の多くが、基本数値をベースに考えられています。そして、一目山人は遅行スパンを、非常に重要な線と位置づけています。

一目均衡表・遅行スパンの見方

基本的には、遅行スパンがローソク足の上で推移していれば相場が強く、ローソク足の下で推移していれば相場が弱いと捉えます。遅行スパンがローソク足を下から上に突き抜けたら「好転」で買い、上から下に突き抜けたら「逆転」で売りと、売買シグナルとしても活用されます。

三役好転・三役逆転

一目均衡表には、「転換線と基準線の位置関係」、「雲と価格の位置関係」、「遅行スパンと価格の位置関係」のそれぞれに、好転と逆転の売買シグナルが存在します。個別の好転と逆転も、売買シグナルとして機能しますが、すべてが好転していて相場が非常に強い状態の「三役好転」、すべてが逆転していて相場が非常に弱い状態の「三役逆転」を、特に有効性の高いサインとしてトレードに用います。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる